07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

大木トオル氏の特別講演「セラピードッグからのメッセージ」 

国際セラピードッグ協会の代表、ブルースシンガーでもある大木トオル氏の特別講演に参加しました。

講演に先立ち、まずはセラピードッグの活躍を紹介したTVプログラム、NHK総合ひるまえほっとで放送された「ふれあいで救いをセラピードッグ」が紹介されました。


放送の内容は、セラピードッグの訓練を受けるムサシがどのような経緯で訓練を受けることになったかという部分から、訓練士より訓練を受ける様子、そしてセラピードッグとしてデビューするまでがまとめられていて分かりやすかったです。

福島県で保護されたムサシは、おそらく被災した際に右前足の先を失ったのでしょう。殺処分される寸前でした。ムサシという名前を与えられ、国際セラピードッグ協会でハンドラーと呼ばれる訓練士よりセラピードッグとしての第2の犬生を与えられます。

しかし、ムサシは心に深い傷を負い、人間を再び受け入れ、訓練に励むというステップへそう簡単には進めません。ハンドラーは2年かけてセラピードッグとして生きていけるよう訓練します。

セラピードッグの仕事は、要介護が必要な人々が暮らす施設に出向き、そばに寄り添い、アイコンタクトして心のケアをおこないます。盲導犬や介助犬、警察犬のように、常に決まった一人に仕えるのではなく、必要としている色々な人たちに寄り添うという部分で犬たちが混乱を生じさせないため特別な訓練が必要となるのです。

明日には失われるかもしれなかった命が、再び生きる道を与えられたムサシ。今度はムサシが、寝たきりだったり、食事も自分ひとりで満足にとれない要介護が必要な人たちに、生きる楽しみと気力を与えていく。

そして大木トオル氏の講演がスタートしました。

セラピードッグを日本に初めて誕生させたご本人です。きっかけはブルースシンガーとして住んでいた米国でその存在を知ったことにあります。犬にこのような仕事があるのかと感銘を受け、日本で普及させようとしたその時、「セラピードッグの育成をする前に日本における殺処分の現状は一体どういうことか」と告げられたそうです。

そのひと言がきっかけで、保健所における保護という名の殺処分の現実を知ります。その当時年間65万頭の犬猫が殺処分され、ペットを守るための法律 動物愛護法もなく、ペットは物として扱われていました。

セラピードッグ第一号は、ゴミ捨て場に捨てられた犬、チロリちゃんです。チロリちゃんは、子犬を生み、その子犬もろともゴミ捨て場に捨てられていました。子犬は里親を見つけ、母犬チロリを引き取り、セラピードッグとして訓練しました。

チロリちゃんの数々の奇跡は書籍にもなり、教科書にも掲載されています。銀座に銅像もあるというから驚きました。まるで忠犬ハチ公のようです。

チロリちゃんは乳癌で亡くなりましたが、その功績に対し国から感謝状が31通も届いたそうです。本当に夢のような物語です。しかし、チロリちゃんの物語はここで終わりません。

セラピードッグとして第一号だったチロリちゃんはもともとはゴミとして扱われた捨て犬です。ペットを命ではなく物として扱っていた国を動かし、遺棄、虐待は罪として動物愛護法が制定されます。

さらに国際セラピードッグ協会が訓練する犬たちすべては、殺処分される子たち、さらには福島で被災した子たちです。生きる場所を失った子たちが再び活躍するその機会が与えられという、そういう道筋をつけてくれたのがチロリちゃんの活躍と大木氏の行動でした。

現在殺処分される犬猫は、大木氏がセラピードッグの活動を始めた頃と比較し4分の1、16万頭まで減りました。これをゼロにするために自治体も動き始めたという明るいニュースを講演の最後に伝えていただきました。

岐阜県では、殺処分場のない動物愛護施設が誕生したそうです。もちろんすぐに満杯になりますが、施設内でセラピードッグの訓練をし、県内の介護施設での需要に堪えるべく日々訓練に励んでいるそうです。

涙もろい私は、涙が何度もあふれて困りました。認知症で記憶を失い、また歩行訓練を諦め笑顔が消えてしまったおじいちゃん、おばあちゃんが、再び元気になる可能性をセラピードッグの中に見出した大木氏と、国際セラピードッグ協会の今後のご活躍を見守っていきたいと思います。ありがとうございました。

セラピードッグ、チロリちゃんの偉業については書籍でどうぞ。
「名犬チロリ 日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語」大木トオル(著)岩崎書店(刊)2011年

Posted on 2015/02/02 Mon. 21:09 [edit]

category: 動物保護、他

TB: --    CM: 0

02

桃太郎がシェルターデビュー後すぐに里親様決定 

追記)11月8日(金曜日)にシェルターデビューした桃太郎ですが、なんと、なんと、9日(土曜日)に里親様が決定し”譲渡済み”になっていました。

 もうびっくり驚き桃の木山椒の木でございます!!!!

 桃太郎のこと気に入ってくださりありがとうございました。

 そして、桃太郎のこと心配してくださり、見守ってくださって本当にありがとうございました。桃太郎はこうして幸せをつかむために我が家にやってきてくれたんですね。色々とあったけど、本当に良かったです。

 めでたし、めでたし━ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙━


8日のブログは以下のとおりです。


 とうとう、待ちに待ったこの日がやってきました!!!桃太郎が保護シェルターにデビューする日が。

 名前はNo.B639ちゃんになっちゃいましたが、顔の模様、尻尾の長さ、デビューまで2週間もうちょっとかかるというオーナー様のおはなし、すべてを総合してもこの子で間違いないと思います。性別もオスだしね。

 東京キャットガーディアン 大塚シェルター No.B639

131109.jpg
 こちらは我が家にいた頃の桃太郎の写真。

 桃太郎デビューの写真を見ると、成長しておでこの部分が横に広がり、切れ長で、シャープだった目がまん丸になりました。猫についての知識がなく知らなかったのですが、猫は生まれて間もない頃、虹彩に色素が沈着せず青目に見えることを「キトンブルー」といい、桃太郎も青目だったのはそのためだったのですね。シェルターに預けて約3週間、大切にケアしていただき、こんなに可愛く成長しました(No.B639ちゃんのリンクをクリックするとご覧いただけます)。

 あぁ、もうすぐにでも桃太郎に会いに行きたい。そんな気持ちです。

 この保護施設がマイナビニュースの記事になっているのですが、その記事を読んで共感した部分があったのでリンクしておきます。

 マイナビニュース 2013年10月22日付け
 「東京都・豊島区の猫カフェ型シェルターへ潜入

 どの部分が共感したかというと、「「猫なんか大嫌いなんだ!」受話器から聞こえてきたおじさんからの第一声」という、オーナー様の嬉しかったエピソードのお話です。

 実は私も第一声は「猫なんか大嫌い」だったもので(^^;;;

 だってうさぎの天敵だもの。猫なんか、猫なんか。。。と思っていたのに、桃太郎は大好きに変わっちゃいました。どう工夫すれば、アイコと一緒に暮らせるだろうかと、日に日に大きく成長する姿を見ながら、そんなことを考える毎日でした。

 でもまさか、アイコが病気になるなんて。。。うさぎと猫を一緒に飼う難しさを痛感した瞬間です。このままでは、みんなが不幸になると決断しました。こうしてデビューが決まり、桃太郎の写真が掲載され、やっと少しホッとしました。それまでは、心ここにあらずといった状態でしたから。でもこれからが最大の難関、桃太郎を迎え入れてくれる家族を探すこと。

 桃太郎へ。幸せは自分の力でゲットするんだよ~頑張れ~

 言われなくても分かってるにゃぁ~と言われそう(^^;;;;;

 猫カフェ型シェルターは、大塚、西国分寺、蒲田の三か所あり、桃太郎がいるのは大塚です。猫の里親になりたいという人だけでなく、ただ猫に会いたい、一緒に遊ばれたい(←ここみそです!猫様もうさぎ様と同様、気が向いたら遊んでくれるにゃぁ~)という目的だけでもシェルターに入場することができます。入場料はなく、ただ趣旨に賛同して寄付することで、例えば1000円寄付すると子猫のご飯5杯分と猫砂2週間分に相当するそうです。

 保護された猫たちといっても、可愛い子が揃っていて、みんな桃太郎のライバルだけど、目映りしちゃうこと間違いなしです。人気の白い子も三毛もいますし、一番可愛いさかりの生後2カ月から3カ月齢の子猫たちもいっぱいいます。

 記事に掲載されたおじさんのエピソードは、「しょうがないから家で飼うわ」めでたし、めでたしで終わりましたが、桃太郎はこれから幸せ家族を探す旅へと物語の序章が終わり、ようやく本文へと進み始めました。

 東京キャットガーディアン 大塚シェルター

 よろしければぜひ猫たちに会いに行ってくださいね~

 こちらのニュース記事もどうぞ。
 マイナビニュース 2013年11月8日付け
 「東京都・豊島区の保護団体が子猫160頭、成猫73頭の里親を募集中」 

Posted on 2013/11/09 Sat. 16:44 [edit]

category: 動物保護、他

TB: --    CM: 4

09

保護猫 桃太郎(仮名)東京の保護団体へ 

131020.jpg

 9月15日に保護した赤ちゃん猫の桃太郎(仮名)は、本日20日東京の保護団体へ受け入れていただきました。

 体重225グラム、片手の手のひらにすっぽりと乗る状態から、送り出す時は体重800グラム弱となっていました。

 食事も、赤ちゃん用ミルクから、離乳食、そして子猫用のウェットフードへと、成長と共に切り替えていき、切り替える度にまったく食べない挫折感を何度も味わいながら、その分食べられるようになった時の喜びといったらありません。

 どうやって赤ちゃん猫を育てたらいいのか、途方にくれていた私を救ってくれたのが動物病院の先生です。毎週病院に連れて行き、経過観察と困ったことすべて相談にのっていただき指導してくださいました。

 おかげで、とても元気に、そして活発に動き回る子に育ち、今日正式に保護団体へ受け入れていただき、桃太郎は新たな一歩を踏み出すことになりました。

 桃太郎は自分の置かれた立場を理解しているかのように、送り出す際寂しそうな表情を浮かべていました。お別れはどんな時もつらくて寂しいね。

 今度は桃太郎っていう仮名ではなく、番号の仮名になり、多くの同じような子猫の中にまみれ、喧嘩もするでしょうし、仲間でゴロゴロと仲良くできるようになるかもしれません。

 早く里親さんが見つかってくれないかなと、保護団体のホームページを毎日チェックする日々を送りそうです。ひとつの大切な命をつなぐことができて良かった。これからも険しい道のりが待っているかもしれないけれど、桃太郎がんばれ~

Posted on 2013/10/20 Sun. 21:15 [edit]

category: 動物保護、他

TB: --    CM: 2

20

【里親募集】 桃太郎(仮名) 

川でおぼれかけていたところを保護された桃太郎(仮名)
母猫はおろか、兄弟猫からも離され、たった1匹助かりました。
保護時は生後3週齢(体重225g)。茶トラの男の子。
10月20日に、現在の住処(静岡県御殿場市)から、東京の保護センターへ移動します。
桃太郎のことを大切に家族として迎え入れ、生涯一緒に暮らしてくださる優しい飼い主さんを探しています。よろしくお願いします。

 ●里親募集のページ


13101401.jpg

 ご心配おかけしてます。保護した桃太郎のこと、全然更新できなくてすみません。

 桃太郎は順調にすくすくと育ってます。猫トイレも使えるようになったし、カルカンの子猫用の缶詰(80g入り)を1日1缶半食べるし、お湯でふやかせば固形物も口にしてくれるようになりました。

 成長しましたでしょう!!(^^//パチパチ

 三種混合ワクチンも済ませました \(^O^)/

 猫トイレの入れ物として使用しているのは、アイコが気に入らなかったうさぎ用トイレです。ここにトイレ砂を敷き詰めケージ内に設置しました。最初、トイレ砂を口に含み、食べている様子を見せたので、慌てて猫砂から新聞紙を短冊切りしたものに切り替えました。

 しかし、動物病院の先生に相談したら、猫ちゃんはトイレ砂を本能的に使えるし、トイレ砂は衛生面でもすぐれているのでトイレ砂に切り替えてくださいとのアドバイスをいただき、再びトイレ砂を敷き詰めました。

 そうしたところ、なんてことはない、まったく問題なく使用してくれました。トイレ砂を口に含んだのは食べていたのではなく、口に含んで確かめていただけでした。

 桃太郎の豪快なトイレ砂さばきを動画におさめましたのでご覧ください。



 食事の方も、ミルクしか飲めなかったのに、離乳食への切り替えでものすごく嫌がり、ミルク仕立ての離乳食を探し、お湯で溶かし、注入器でミルクのように飲ましたりしてましたが、やがてそれも皿に入れておくと、舌ですくいとって食べられるようになりました。

 体重が500グラムから600グラムへとなる頃、固形物にも慣れさせようと子猫用の固形物を与えてみたものの食べません。これも離乳食の力を借り、固形物を細かく砕いて、その上に離乳食をお湯で溶いたものをかけ、固形物を柔らかくしてからなら食べてくれます。

 そして、いよいよ子猫用の缶詰!体重がもうすぐ700グラムになる今週(10月12日)より、カルカン「生後12カ月までの子猫用」まぐろ味の缶詰(80g入り)を食べさせてみたところ。。。。

 「猫まっしぐら~~」のCMどおり、ピチャピチャ舐めとってくれるんですよ!!あのCMは嘘じゃないですね(笑)

 これまでは、食べてお腹いっぱいになったら眠そうな顔をし、ほどなく寝てくれたのに、今では遊ぶ時間も随分長くなりました。そんなじゃれて遊んでいる桃太郎の動画です。



 前回のブログ記事から約1カ月。動物の赤ちゃんの成長って本当に早いですね。いつまでも見守ってあげられればいいのですが、アイコも高齢にさしかかり、我が家では受け入れることができません。

 桃太郎のことを家族として迎え入れてくださる方を探しています。どうかよろしくお願いします。

Posted on 2013/10/12 Sat. 15:41 [edit]

category: 動物保護、他

thread: 里親募集  -  janre: ペット

TB: --    CM: 0

12

赤ちゃん猫を保護しました 

 こんなことがあってもいいのでしょうか!

 生後3週齢の赤ちゃん猫が川の中で「ミイミイ」と鳴いていたそうです。まだやっと目が開きかけた生まれたばかりの赤ちゃんです。

 それを見つけた親子が、川に入り、赤ちゃん猫を救いあげてくれたのですが、飼えないからとゴミ捨て場の電信柱のたもとにその子を置いていきました。

 私は風呂場の掃除をしていたのですが、窓から「ミイミイ」って鳴き声が聞こえてきます。大人猫とは明らかに鳴き方が違う鳴き声に、「いったい何があったのか?」と不思議に思いました。主人が庭仕事をしていた時、鳴き声に気づき、様子を見に行ったところ、親子が救出している場面に遭遇し、一部始終を見ていました。

 その日は、夜から次の日にかけて台風18号が直撃するという予報が出ていた日です。川の中にいたら、あっという間に川が増水して助からないでしょう。でも、電信柱のたもとにいたって助かるはずがありません。

 どうしても見捨てることができず、救出しました。でも、赤ちゃん猫の育て方などまったく分かりません。水入れに牛乳を入れ、口をつけさせてみたけれど、まったく飲めず。赤ちゃん猫の鳴き声は一層激しさを増すばかり。

 お腹はすいているのだろうけれど、飲めないだろうなぁ~どうしたら。。。

 病院は休日だから、とりあえずペットショップで聞くしかないと、近所のペットショップに行き、犬の赤ちゃん用ミルクと哺乳瓶を購入。猫用の粉ミルクもあったけれど、まずは飲んでくれるのかどうかが分からなかったから、紙パック入りのミルクをひと肌に温めて飲ませてみました。

 保護した日は少ししか飲んでくれなかったけれど、次の日は40cc飲んでくれました。さらにその次の日に、まずは補液してもらった方が良いというアドバイスを受け、動物病院へ。病院では、生後3週齢ということ、まずはノミ・ダニの駆除をしっかりおこなうこと、ミルクの与え方、排泄のさせ方など指導を受けることができ、里親募集システムについても教えてもらいました。

 先生のアドバイスを受けたことで、なんとか育て方も分かり、3~4時間置きに授乳と排泄と、奮闘してます(^^;

 仮名は、川をドンブラコ、ドンブラコと流れてきたので、桃子って名前をつけたら、先生に男の子ですと言われ、桃太郎になりました(^^;;

 茶トラの桃太郎については、こちらのページに詳しくまとめましたので、良かったらご覧ください。先生の指導のとおり、体重も順調に増えております。「ミイミイ」とうるさかった鳴き声も、決まった時間にご飯をあげるようになった途端、ほとんど鳴かなくなりました。

 先生とも相談して、体重が500グラムを超えて、三種混合ワクチンを接種した後、里親募集を開始したいと思います。猫と暮らしてみたいと思っている方が周りにいらしたら、お声をかけていただければ嬉しいです。
130923.jpg
 授乳中の桃太郎。ミルクの飲みっぷりが良いと先生に誉められました。

 順調に育ってある程度の大きさになったら、里親募集いたします。その前の準備段階のページをこちらに作成しました。桃太郎の写真や動画などもアップしていますので、よろしかったらご覧ください。

 保護猫 桃太郎のページ ← こちらをクリックしてください!
 

Posted on 2013/09/15 Sun. 22:58 [edit]

category: 動物保護、他

thread: 里親探し  -  janre: ペット

TB: --    CM: 6

15

愛玩動物の虐待、遺棄は犯罪です 

 23日、大変お世話になった動物病院の先生より、

 「ゴミ置き場に段ボールに入れられて、飼育放棄されていた、620グラムの約3カ月齢の女の子。保護された方のお宅にて預かり中。どなたか飼い主になってください!」

 と、連絡が入りました。

13072301.jpg

 その日の早朝の気温は既に30度を超えていたことでしょう。暑さ、悪臭、想像しただけでもクラクラと目まいがしそうなのに、愛護動物をゴミに出すという行為そのものが、人間としてどうしてそんなことが出来るのか、理解に苦しみます。

 保護された方も驚かれたことでしょう。でも、目の前の命をなんとかしなければと、すぐにうさぎを飼っている友達に相談し、動物病院で健康状態をチェックしてもらうことができました。

 そして先生からメールが私宛に届いたという流れです。

 23日に1回、そしてこのブログを執筆している30日にも1回、【うさぎ里親募集】をツイートしました。既に200人を超える方にリツイート、フェイスブックでシェアしていただいてます。まだ直接保護された方とやりとりができていませんので、詳細は分かりません。でも、助け出された大切な命、きっと優しい飼い主さんに出会えると信じています。

 昨年末、同じような状況下で助け出されたぷららちゃんという女の子がいました。
-- 続きを読む --

Posted on 2013/07/23 Tue. 16:26 [edit]

category: 動物保護、他

TB: --    CM: 2

23