03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

今日のひとこと

大好きなうさぎ、趣味のハイキング、写真撮影など。日々の暮らしの中で心に刻んだ出来事を記事にします。

金時山ハイキング 登山回数80回超え 

週末恒例の金時山ハイキングの登山回数が80回を超えました。

夏の間は富士山ですが、それ以外の季節は金時山をメインにハイキングしています。登山回数が100回を超えると山頂にある金時茶屋に住んでいる金時娘さんより、記念色紙と記念品が貰えます。

151103.jpg
金時山山頂の紅葉 11月3日撮影

15110302.jpg
金時山山頂より 11月22日撮影
この日は霧雨で景色がまったく見えないコンディションでしたが、箱根の噴火警戒レベルが1に下がったこともあり、11月後半の3連休は足の踏み場もないほどの大混雑でした。

主人は昨年12月に登山回数100回を達成しましたが、私は来年末ぐらいになりそうです。

12月13日は、金時山の標高(1213m)とかけて、金時山祭りが毎年開催されます。また大勢の人でにぎわうことでしょう。
昨年の金時山祭りのブログ記事

Posted on 2015/12/02 Wed. 19:53 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

02

鍋割山ハイキング2回目 

鍋割山へ2回目のハイキングに行ってきました。前回の鍋割山ハイキングの記事(2015/5/5)。

15102401.jpg
麓の木々はまだ紅葉していませんが、標高が上がるにつれ木々は色づき始め、紅葉ハイキングの季節到来です。秋は山の景色が最も美しいですものね。

15102402.jpg
絵の具のパレットのような落ち葉も映えますねぇ。

15102403.jpg
まずは赤、橙、黄、黄緑、緑のグラデーションカラー。

15102404.jpg
次は黄色。光の加減で影の部分と光り輝く部分のグラデーションカラー。

15102405.jpg
道端にはリンドウの花がたくさん咲いていました。

15102408.jpg
表丹沢県民の森から3時間で山頂に到着。

15102406.jpg
名物の鍋焼きうどんが待っています。頑張って登ったご褒美かのように、これが格別に美味しい。

15102407.jpg
この日は天気も良く、富士山もはっきりと見えました。

帰りに御殿場線の山北駅で、炭酸カルシウム人工温泉の山北さくらの湯へ。駅目の前にあり、ハイキング帰りの人もたくさん利用していました。山燃ゆる秋を堪能してくださいね。

Posted on 2015/10/24 Sat. 21:13 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

24

再び富士山 

15082905.jpg
8/29の天気予報 日本気象(株)てんきとくらす 富士宮口五合目の天気予報より

天気が良ければ再び富士山に登山すると予告した通り、天気予報は午後から天気崩れるけれどそれほどでもないよ(自己判断)となっていたので決行しました。
15082902.jpg
富士宮口五合目 まずまずのお天気
15082903.jpg
六合目から新七合目の登山道 山小屋がはっきりと見えますが、山頂にお椀のような傘雲がかかっていました。

山頂まで行きたかったのですが、新七合目のひとつ上、元祖七合目に到着したら突然雨が降り始め、慌てて雨具を着てしばらく様子を見ていましたが、上に登るにつれ気象条件は悪くなるばかり。ここで登山を諦めました。

急いで下山したにもかかわらず、下の登山道でも雨が降り出し、この日は最悪コンディションになってしまいました。山の天気はコロコロと変わるから、晴れ一時くもり、霧、霧雨、そして雨でしょうみたいな。全部やん~(^^;

秋雨前線の影響で天気が変わりやすくはっきりしないですね。あっという間に富士登山シーズンは終わってしまいそうです。

Posted on 2015/09/03 Thu. 17:14 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

03

富士山 

やっぱり来年まで待てず行ってきました富士山。

退院後いきなり富士登山にチャレンジしたのではなく、毎週末リハビリと称して金時山や宝永山へと登山し、体を徐々に慣らしていきながらのチャレンジでした。
山頂へ行くぞと決めた前の週は、富士宮口八合目まで登ることができたので、天気さえよければ大丈夫だろうと決行しました。

最近では、運動する前にVAAMを飲み、運動を終えた後プロテインを飲んでます。VAAMの効果は実際のところよく分からないのですが、これを飲むと運動しても体が疲れにくいというか、まだまだ頑張れる気分になります。
プロテインは、運動後に飲むことで筋力がアップする効果があり、疲労した足の筋肉を鍛えるためにも欠かせません。

15082201.jpg
8/22 AM7:00 富士宮口5合目 眼下に素晴らしい雲海

という訳で、朝7時に富士宮口5合目を出発し、六合目、新七合目、元祖七合目までは調子が良かったものの、そこからガクンと体力が落ち、コースタイムの倍の時間を費やし八合目に到着。さらに九合目へ目指すものの足がなかなか前に進まず、九合目に到着した時点で体力が尽き果てました。

出発地点から抜きつ、抜かれつしていた小学1年生の男の子は、九合目の山小屋で再び出会った時も、とっても元気で「楽勝」と笑顔なのに対し、苦悶の表情で言葉を発する元気なしの私。

富士山山頂に登山シーズンの短い期間のみオープンする山頂郵便局があるのをご存じですか?

今年の営業は、8月23日で終了してしまいましたが、この山頂ポストに残暑見舞いを投函するのが私のブームで、昨年はアイコの介護で登山できなかったので、今年は投函したかったのですが、今年は自分が病気になり諦めていました。

しかし、もし登れて投函できたら病気克服記念になること間違いないとチャレンジしましたがやっぱり駄目でした。各山小屋にポストを設置してくれるといいのに(^^;
そしたら記念にならないか(^^;;;

15082204.jpg
2013年富士山が世界遺産に認定された年のハガキ。山頂記念消印と世界遺産スタンプを押したもの。

今週8/29、天気が良ければ再び富士登山にチャレンジするつもりです。まだ富士山頂上浅間大社奥宮でお守りを購入するという大きな目的がありますから~(^^)v

15082202.jpg
富士宮口五合目より見えた吊るし雲

15082203.jpg
八合目以上は浅間大社奥宮の境内に入るため、鳥居があります。この鳥居越しに見る雲海がなんとも幻想的で好きな風景のひとつです。

Posted on 2015/08/26 Wed. 16:03 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

26

ドクターフィッシュ 

 この日は大雨の予報がでていたのですが、雨は降っていなかったので、金時山へハイキングに行くことになりました。山頂に到着してみると、日曜日のお昼時というのにハイカーの姿はほとんど見当たりません。
15052401.jpg

15052402.jpg
 ニュースになっている箱根の大涌谷でのガス噴出の様子。火山活動が活発化しているとのことですがどうでしょうか?以前より少しはガスの量が多いかしら?

 さて、金時山へのハイキングの帰り、足柄サービスエリアへ立ち寄りました。ハイキングでどっと疲れたので、ゆっくりしたいと思っていたところ、、、

 足柄浪漫館 金太郎ラウンジのマッサージチェアが目に留まり試してみることに。ここは時間課金制で10分から利用可能に。

 タオルとソフトドリンク飲み放題付き20分利用券を購入し、マッサージチェア10分、ドクタートトの足湯を体験しました。おそるおそる、足を入れてみると、すぐさまドクタートトがやってきて、足の角質にかじりつきます。ドクタートトにとってはこれが美味しいかどうかはこっちにおいといて餌になるわけですから、必死にかじりつくのですが、まぁ~くすぐったいたらありゃしない。

15052403.jpg

 疲れた足を癒してもらって、とっても気持ちが良かったです。これから金時山ハイキング帰りの定番になっちゃうかも?!

足柄浪漫館 金太郎ラウンジ

Posted on 2015/05/24 Sun. 19:45 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

24

鍋割山ハイキング 

 鍋割山へ軽くハイキングのつもりが、歩けど歩けど山頂につかず、体力的には少しきつめとなりました。

15050501.jpg
 スタート地点は、表丹沢県民の森。朝7時30分時点でなんとか駐車スペースを確保できました。しばらくは四八瀬川の川のせせらぎを聞きながら西山林道を1時間ほど進みます。

15050502.jpg
 林道と分岐した地点からいよいよ登山道へと入る手前に水が入った大量のペットボトル(2リットル)が置いてありました。
「鍋割山荘へ向かわれる方で体力に余裕のある方は、ボランティアで運んでください」とあります!!!

 これがうわさで聞いた水運びのボランティア!体力に自信はなかったものの、鍋割山荘で鍋焼きうどんが食べたかったので、少しだけでもお手伝いしようと1本運びました。

 たった1本のペットボトルでしたが、これが重いのなんの(^^;;;

 でも汗水流して運んだ分、気兼ねなく美味しい鍋焼きうどんが食べられるぞーと歯をくいしばり頑張りました。

15050504.jpg

 林道終点から約2時間。ようやく山頂へ到着。

15050503.jpg
 運んだペットボトルの水を鍋割山荘の前に並んだポリタンクへとうつします。これでボランティアの任務完了!!

15050505.jpg
 そしてこれが鍋焼きうどん!!!美味しかった~

 鍋割山のハイキングの楽しみは、山頂で食べる鍋割うどんと言うぐらい名物となっていて、これら材料を歩荷(ぼっか)で山小屋の主人とスタッフが担ぎ上げているそうな。そう聞くとますます美味しく感じます。

15050506.jpg
 山頂から見る景色は素晴らしいけれど、みんな一生懸命下をみて同じようにうどんをほおばっている、そんな鍋割山の山頂の景色です。

Posted on 2015/05/05 Tue. 17:53 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

05