ラピータのライフログ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

2017年8月の富士登山

2017年8月の富士登山は、午後10時に富士宮口五合目駐車場へ到着し、見事な星空を撮影した後、午後11時から登頂を開始しました。前回登山した際、ご来光の写真がイマイチだったので、ご来光の写真を撮るために八合目まで登ろうと、久しぶりの夜間登山でした。

富士宮口五合目駐車場より撮影(2017/8/17)NIKON D5300 撮影モード:マニュアル、f/4.5 シャッタースピード:20秒、ISO感度:12800
7月から8月にかけて富士山から天の川が良く見えると聞いていたのですが、なかなか撮影できずようやく撮影できました。
17081701.jpg 

山小屋の明かりを背景に富士山の上空に広がる星空を撮影。
17081702.jpg 

三日月に照らし出された雲海と、東の空にオリオン座の特徴的な3つ並んだ星を撮影出来ました。
17081703.jpg 

翌朝4時25分に富士宮ルートから御殿場ルートへ移動し、7合目と8合目の間からご来光を撮影しました。
午前5時6分 太陽が水平線の雲の間から昇り始めました。
17081705.jpg 

午前5時11分 太陽が完全に昇りきる前に辺り一面の雲海をオレンジ色に染めるこの一瞬が息をのむほど美しかった。夜の登山は体力的にきつかったのですが、御来光を見ることができその疲れが吹っ飛びました。
17081704.jpg 

半年遅れの富士登山報告がようやく終わりました。半年間も書くのをさぼっていたなんてお天道様に叱られますね(^^;


7月の富士登山

2017年7月の富士登山は、御殿場ルート7合目のわらじ館に宿泊して午前4時39分イマイチなご来光を眺めた後、見事な雲海を背にしながら山頂へ登りました。
17072401.jpg 

富士山頂上浅間大社奥宮前の鳥居は、2017年に76年ぶりに建て替えられました。この鳥居の前は山頂に登られた方がまず記念撮影を撮るポイントです。標高が3000m以上になると雑菌が生息できないため、木は腐らないそうです。過酷な自然環境の中でも長年耐えることができるのは無菌空間だからこそですね。
17072402.jpg 

富士山山頂にある富士山頂郵便局
17072403.jpg 

ここから郵便物を出しますと必ず記念押印が押されます。
17072404.jpg 

ラピータのライフログは、半年も前の出来事を振り返る内容になってしまいましたが、どうかお付き合いくださいね。

富士吉田市ふじざくら祭り

富士山吉田口登山道、中ノ茶屋エリアに2万本のふじざくらがあり、開花時期に合わせ「富士吉田市ふじざくら祭り」が開催されます。といっても、屋台が出るのは週末だけで平日の早朝はとても静かでゆっくり桜を鑑賞できました。

17050201.jpg

フジザクラは、桜の野生種であるマメザクラのことで、富士山麓(標高1100m近辺)に生えているマメザクラをフジザクラと呼び、箱根に生えるのはハコネザクラ、金時山ではオトメザクラとも呼ばれています。
17050202.jpg
マメザクラは、花弁が小さく、ソメイヨシノのような派手さは全くなく、どちらかというと目立たずひっそり咲いているイメージですが、

17050203.jpg
2万本のマメザクラが林道や登山道の両脇にずらっと一列に並んだ姿を見ると、マメザクラってこんなに美しい花だっけと思わせるほどです。

GW後半戦が始まる平日に見に行ったのですが、フジザクラを愛でながら中ノ茶屋から馬返まで散歩がてら歩こうと思っていたら、林道をパトカーが上がってきて、呼び止められました。

「何事!」と思ったら、なんと「熊が出た」という情報があり警戒しているとのこと。熊鈴を持っていないのなら、直ちに引き返してほしいと言われました。

富士山で熊さんと出会ったら。。。お嬢さんお帰りなさいと熊さんは言ってくれないので、警察の方がご親切に伝えてくれました。
17050204.jpg

パトカーが通っていた林道は、一般車も通行可能で、1日5本バスも走っている道なので、引き返して私達も車で熊さんに会いに?馬返まで行きましたら、バーベキューされている方々が何組かいらっしゃいました。熊目撃情報は一体。。。キツネに包まれた?!

17050205.jpg

中ノ茶屋でお茶した後、日本一の金運神社、新屋山神社奥宮に立ち寄りました。こちらに向かう道中もマメザクラが咲いていました。

17050206.jpg

道の駅富士吉田で吉田うどんを食べた後、新倉山浅間神社にも立ち寄りました。こちらのソメイヨシノは終わってしまい残念ですが、忠霊塔越しに見る富士山も素晴らしい景観です。

金時山ハイキング 登山回数80回超え

週末恒例の金時山ハイキングの登山回数が80回を超えました。

夏の間は富士山ですが、それ以外の季節は金時山をメインにハイキングしています。登山回数が100回を超えると山頂にある金時茶屋に住んでいる金時娘さんより、記念色紙と記念品が貰えます。

151103.jpg
金時山山頂の紅葉 11月3日撮影

15110302.jpg
金時山山頂より 11月22日撮影
この日は霧雨で景色がまったく見えないコンディションでしたが、箱根の噴火警戒レベルが1に下がったこともあり、11月後半の3連休は足の踏み場もないほどの大混雑でした。

主人は昨年12月に登山回数100回を達成しましたが、私は来年末ぐらいになりそうです。

12月13日は、金時山の標高(1213m)とかけて、金時山祭りが毎年開催されます。また大勢の人でにぎわうことでしょう。
昨年の金時山祭りのブログ記事

鍋割山ハイキング2回目

鍋割山へ2回目のハイキングに行ってきました。前回の鍋割山ハイキングの記事(2015/5/5)。

15102401.jpg
麓の木々はまだ紅葉していませんが、標高が上がるにつれ木々は色づき始め、紅葉ハイキングの季節到来です。秋は山の景色が最も美しいですものね。

15102402.jpg
絵の具のパレットのような落ち葉も映えますねぇ。

15102403.jpg
まずは赤、橙、黄、黄緑、緑のグラデーションカラー。

15102404.jpg
次は黄色。光の加減で影の部分と光り輝く部分のグラデーションカラー。

15102405.jpg
道端にはリンドウの花がたくさん咲いていました。

15102408.jpg
表丹沢県民の森から3時間で山頂に到着。

15102406.jpg
名物の鍋焼きうどんが待っています。頑張って登ったご褒美かのように、これが格別に美味しい。

15102407.jpg
この日は天気も良く、富士山もはっきりと見えました。

帰りに御殿場線の山北駅で、炭酸カルシウム人工温泉の山北さくらの湯へ。駅目の前にあり、ハイキング帰りの人もたくさん利用していました。山燃ゆる秋を堪能してくださいね。

再び富士山

15082905.jpg
8/29の天気予報 日本気象(株)てんきとくらす 富士宮口五合目の天気予報より

天気が良ければ再び富士山に登山すると予告した通り、天気予報は午後から天気崩れるけれどそれほどでもないよ(自己判断)となっていたので決行しました。
15082902.jpg
富士宮口五合目 まずまずのお天気
15082903.jpg
六合目から新七合目の登山道 山小屋がはっきりと見えますが、山頂にお椀のような傘雲がかかっていました。

山頂まで行きたかったのですが、新七合目のひとつ上、元祖七合目に到着したら突然雨が降り始め、慌てて雨具を着てしばらく様子を見ていましたが、上に登るにつれ気象条件は悪くなるばかり。ここで登山を諦めました。

急いで下山したにもかかわらず、下の登山道でも雨が降り出し、この日は最悪コンディションになってしまいました。山の天気はコロコロと変わるから、晴れ一時くもり、霧、霧雨、そして雨でしょうみたいな。全部やん~(^^;

秋雨前線の影響で天気が変わりやすくはっきりしないですね。あっという間に富士登山シーズンは終わってしまいそうです。