FC2ブログ

うさぎシンポジウム参加

うさぎ関連イベント
03 /28 2018
うさぎシンポジウム~ウサギの本当を知るために!~
田町ビジョンセンターにて 3月25日開催
18032502.jpg 

うさぎと暮らして、私がうさぎに対してしていたこと、例えば10個の内正解はいくつだったのかな?どこかでうさぎとの接し方を取り違えていたのかもしれない。うさぎシンポジウムに参加してそう思いました。

うさぎにやっていはいけないこと
・うさんぽ(必要なし)
・ハーネスなど洋服を着せる(着せるな)
・抱っこ(ぬいぐるみではない。抱きたかったらぬいぐるみを買え)
・うさぎに与えてはダメという漠然とした情報、逆も然り(きちんとした説明のない情報は怪しいとまず疑え)
・別腹は存在しない(おやつ不要、太らせているのは人間の意識)
・子うさぎにデンプンを与える(絶対与えてはいけない)
・ビタミンC(きちんとした食生活において特に必要なし)
・かじり木(かじり木が必要なのはネズミであってうさぎにあらず)


うさんぽにも連れて行ったことありますし、外に連れ出す時はハーネスも着用しましたし、子うさぎの内に色々なものを食べさせると好き嫌いがなくなると思いデンプンも与えた。うさぎに好かれたくっておやつタイム設けてました。巣箱はかじり木のようにガジガジ噛んでた。やってはいけないことやらせてました。反省です。

うさぎの食べ物に関し、やり玉にあげられたのはトウモロコシ。ある時、突然降ってわいたかのように「うさぎにトウモロコシは危険」という情報が流れだした。これの本当の理由は飼料としてトウモロコシの入手が難しくなったことによる由縁であるとのこと。それにしてもそこに根拠らしきものを無理やり作って危険としてしまい、それらが伝言ゲームでじわじわと拡散し、それによって苦しむ飼い主さんがいらっしゃるというのも事実。信じる方が悪いと片づけられるのでしょうか。やりきれません。

取り違えていたこと
・牧草の与え方(自然界を見習え、入れ物にいれるな)
・アルファルファ牧草の認識(食べてもまったく問題ない)
・宝探し(牧草を食べさせるための工夫)
・遊ばせ方(安全に運動できるような工夫)
・飽き症への付き合い方(飽きさせない工夫をする)

この部分は正解もあり不正解もありますが、我が家ではなんとかクリアーできていたように思います。うさぎの飽き症は、もっと配置替えなど工夫が必要だったなというのが反省点。

うさぎと一緒に暮らす前に、自然界のうさぎは何を食べ、それらをどのようにして食べているか、そして普段どのような場所で行動し、暮らしているのかを考えて、次から次へと発売される飼育関連のグッズや餌を取捨選択する目をもつようにしなければならないと感じました。

何故こんなにも毛球症が多いのか?
不正咬合は何故なくならないのか?

これらの問題は私達が変わらなければなくならない永遠の負の連鎖であることも伝わってきました。

うさぎに可愛さを求める必要がありますか?
ネザーランド・ドワーフ、ホーランド・ロップ、この愛くるしい可愛い顔つきが、すべての歯が一生伸びる常生歯であるがゆえの習性を苦しめているのです。本来の細長いうさぎらしい顔つきに戻してあげなければ、顔が詰まった今のままではこのリスクはいつまでたってもなくなりません。

このことをうさぎシンポジウムで講演してくださった先生は、はっきりと断言してくださいました。プロの立場ある方がこうして態度をきちんと示してくださり「ありがたや~」と拝みたくなる気持ちでした。私もまったく同じ考えだからです。

ペレットに関しても「ハードペレットは歯を欠けさせる」とおしゃっていただきました。何故「ハードペレット」をメーカーやショップが勧めるのか、そこには売りたいというからくりが存在するからなんですね。消費者の私達を惑わすメッセージがそこかしこに存在していて、うさぎの飽き症も相まって、飼い主は次から次へと購入してしまう。何が正しくて、間違っているかも理解する暇もなくです。

もう一言だけ付け加えさせていただくなら、不正咬合だった我が家のうさぎに「耳たぶより硬いものはうさぎに決して食べさせてはいけない」と、獣医師の先生にそう厳しく言われていました。

毛球症!
どんなに気を付けていても突然何も食べなくなり、みるみるうちに具合が悪くなっていく。うさぎにとって一番恐ろしい病気です。毛球症を根絶するために、もっと真剣に草を食べさせなくてはいけないといううさぎの特殊な消化能力について説明してくださいました。

難しい説明は先生の講演を聞いてください。まず草を食べることで胃腸の運動を刺激される。理解していたつもりでも改めてこうはっきりとおしゃっていただくと、草の重要性を改めて思い知りました。「うちの子牧草の食べが悪くて」というのは、すでに「毛球症」という階段を一歩登ったことになるのだから。

柔らかいものだけを食べていたら胃に消化物がたまる一方で腸が働かない。糞が小さくなり、やがて何も食べられなくなる。うさぎはその瞬間まで具合が悪いのを隠す習性があり、これは弱いところを見せたら捕まって食べられる動物であるため。最後の最後まで元気である姿を見せることが本能であり、飼い主に「ちょっと具合が悪いからかまって」などの弱い姿を見せることはしない。

「捕まる」=「死」という方程式は、うさぎが持って生まれた本能として体に刻みこまれていて、抱っこも然り。「抱かれる」=「捕まる」だから。でも、病気になったら病院に連れて行かなくてはいけないし、抱っこしないで爪切りは難しい。してはいけないと分かっていても難しい局面もあります。

運動!
運動も腸の動きを促すためには重要なポイントで、自然界のうさぎがどのような行動をとっているかを考えれば、それをリビングルームに置き換えるのは不可能にも近いですが、うさぎと暮らしている以上はやらなければいけません。「ケージの中にロフトを設置はとんでものない勘違い」とこの場でもはっきり解説されていました。

まずはケージの大きさが問題。うさぎ用のケージはうさぎの体のサイズに合っていません。うさぎが立ち上がった際に耳が天井につかないこと。それから体を伸ばすと3倍の大きさになるその体を伸ばすスペースは確保できているかと考えると、一般のうさぎ用では小さすぎます。そこにトイレを置き、運動のためと称してロフトやトンネルをぶら下げいると行為、絶対的なスペースが足りない中でさらにスペースを狭くし、怪我を生む環境を作っているのです。これらはうさぎが怪我をする前に速やかに撤去しなくてはいけません。

まずはケージの広さを確保しつつ、リビングの一部をうさぎの運動用に開放し、そこにあるものを最大限利用し、うさぎの棲家である草原や丘をイメージして作っていけばいいんです。飽き症のうさぎですから、運動するのをやめたらレイアウトを代えればいいというお話でした。

広いケージといえば我が家も大型犬のケージを利用していました。年をとるにつれ運動量が減ったのは老化と考えていたのですが、レイアウトを代えてあげたら飽きずに運動してくれたのかもしれません。

うさぎの国、英国においても日本のうさぎはどうして毛球症がこれほどまでに多いのか疑問視されているという報告もありました。どうしても何も牧草食べてくれないんだものね。まずは牧草、そしてペレット、おやつはあげない、サプリメント、野菜、水、これが草食ペットのための安全な食事として英国ではスタンダードになっているそうです。

ペレットの大好きな子は、牧草の中にペレットを隠して宝探しゲームのようにすればよいというアドバイスもありましたが、器用なうさぎはペレットだけ探しあてるですよね。私は牧草が届いたら小袋に分け、新鮮な匂いを封じ込めて保管していました。草の美味しそうな香りがすれば、うさぎは食べてくれます。

毛球症を恐れる前に、牧草さえ毎日しっかりと食べ放題で食べてくれさえすれば恐れる病気ではないってことが確信できてそれは良かったと思います。自然界でうさぎはどのようにして草を食べているか考え、もったいないけど牧草を敷き詰めた場所を作ってみるとかのアイデアもありました。

長くなりましたが、機会がありましたらぜひプロのご意見をお聞きになってください。参考になることばかりだと思います。

先生の最後のまとめとして、
・うさぎはうさぎ
・擬人化しない
・犬や猫と違う
・動物が自然界でどう暮らしているか考えましょう。

うさぎシンポジウム講演、
有限会社メディマル代表、上田健司先生の「飼いウサギの基礎」より

大型犬用ケージの4分の1にトイレを設置し、トイレの前の4分の1に牧草を敷き詰めていました。牧草ホリホリするものだから、あちこちに牧草が散らばり掃除が大変でしたが、ポリポリ音を立てて食べる姿を見るのが好きでした(2011年の写真)
18032501.jpg 

TV番組マツコの知らない世界「うさぎ暮らしの世界」

うさぎ
03 /02 2016
見ちゃった!
「うさぎはカワイイ」で終わるから見ても意味ないかなと思いつつ見てしまいました。

うさぎ年でもないのに、うさぎを取り上げる意味が分からないけど、まぁ番組のおっしゃる通り「うさぎ様は可愛い」と思います。

そうです!

総称として呼ぶにはうさぎですが、個々のそれぞれを示す場合はうさぎ様ですから~。
ちゃんでも、さんでもありません。

まずはしっかりと自分の立場をわきまえてうさぎ様と接していかなければ、うさぎ暮らしは成り立ちません。

日々のお世話はもちろんのこと、お食事の準備は相当気を遣いました。
健康のバロメーターは食欲の有無にかかってますからね。
とにかく口に入れるものは、新鮮でなければダメというのが鉄則のようなものでした。

ペレットも牧草も、それから野菜も。
新鮮な野菜を求めてスーパーを回り、より新鮮なものを求め自家栽培もおこなう。
それもこれもうさぎ様がおいしそうにモグモグ食べてくれるためですから苦労と思わない。

番組では「うさぎはニンジンが嫌い」とありましたが、我が家のアイコの大好物はニンジンの葉!
ついでにニンジンも食べてました。
新鮮野菜は、香りの立ち方が違いますから、アイコに喜んでもらおうと冷蔵庫の野菜室はいつも新鮮野菜が満杯でした。

そんな努力が報われる瞬間というのが、アイコがおいしそうに食べている姿で、これを見たいがために頑張れるですよね。

番組では、マツコさんがずっとうさぎ様を抱っこされていましたが、抱っこするなんてとんでもないです。
アイコに一瞬でも嫌われたくないからいやがることはできません(笑)
たまに抱っこしても平気という子もいるみたいだけど、なんとも羨ましい特殊なケースと考えています。

でもいやがること例えば爪切りとかする際は、自分は嫌われたくないので主人に嫌われ役を引き受けてもらいました。

うさぎ暮らしの世界は「うさぎ様の日々のご機嫌伺いをする世話人という立場をわきまえるとハッピー」という設定で制作されたら、もっと目からウロコの違った面白い内容になったのではと思います。

そうして番組放送後に友人との会話で「うさぎ飼ってるの」と言うと、「うわぁTVで見たけどお世話大変ね」みたいなこと言われたりしてね。
そしたらカワイイ、抱っこしたい、おとなしい、散歩させなくていいし世話が楽だしと、安易にうさぎ飼おうって方を抑止できるのではと考えたりもしました。

それにしても、あいかわず「ミニうさぎ」という呼称を使用しているなんてね。純血種以外はすべて雑種で、雑種だと売り手側が困るということで「ミニうさぎ」となったようですが、この呼称は小さなうさぎ、大きくならないうさぎという誤解を生むからやめようというのがあり、「MIX」とか「雑種」という表記で、それが定着しているかと思っていたから驚きました。

160301.jpg

アイコもMIXです。ミニレッキスほどではなかったけれど、素晴らしい毛並みでフワフワ、モコモコでした。

「お世話係よ、何さぼっとる。ナデナデしなさい」とお説教している表情ですね(笑)

雪ちゃんお月様へ

お友達うさ
03 /14 2015
15031401.jpg
雪ちゃん 2015年3月14日16時25分お月様へ 12歳8か月

ライオンミックスの雪ちゃんは、ふっさふさの毛並みが素晴らしくて、シルバーがかった白の毛色が素敵で、とってもかわいかった。

ママを癒すお仕事にとっても熱心だった雪ちゃんは、ママのベットの上に飛び乗って起こしてあげるということもできたとか。

でもママったら雪ちゃんが大嫌いなお尻に触ったり、抱っこしたりするものだから、そんな時はこたつの中に引きこもって出て来てくれないということも。

15031402.jpg
トンネルにひきこもりの雪ちゃん

うさぎと暮らすものならば誰もが悩む「住」に関すること、ケージの設置の仕方に悩み、また床に敷くマット、トイレも。どんな時もママはいつも雪ちゃんと会話しながら、ああでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返し、雪ちゃんの暮らしやすい環境が整えてあげた。

そんな雪ちゃんとママとの深い深い絆は、日々の暮らしの中からお互いが理解しながら築きあげたに違いない。

「食欲がなくて、ぐったりしている」とこの日連絡があり、庭にはえていたヨモギとハコベを摘んで駆け付けた時、雪ちゃん渾身の力をふりしぼって、ヨモギをハコベの入ったお皿にお顔をつっこんでくれた。でもそこで力つきてまたぐったりと。

そしてその日の夕方、雪ちゃんはお月様へと旅立っていきました。

お別れは何度経験しても辛くて胸が張り裂けそうです。でも雪ちゃんは大好きだった野草の匂いに包まれ、春の息吹を感じてくれたと思います。雪ちゃんのママと一緒に雪ちゃんの祭壇を作って、写真を飾り、お花をお供えしてお別れしました。

雪ちゃんの温かいぬくもりは失われてしまったけれど、築き上げた絆は永遠のもの。生きた証そのものだから。雪ちゃん、どうか安らかに。たくさんの癒しをありがとう。

まめうさアイコ

うさぎ
02 /09 2015
「そうだアイコ、作ってもらおう!!」

どこかのキャッチコピーに似てますが(笑)、私とっても良いアイデアが想いつき、すぐにメールしました!!

「あなたのうさぎそっくりのまめうさ作ります」のまめうさ製作所、つゆりらんさんに。
らんさんのサイト「angel dust」

「アイコ作ってください~~」って。

そうしたところ、すぐに「いいですよ~」ってお返事いただき、OKもらってから実はお願いが。。。ゴニョゴニョ。。。

先にお願い事を伝えちゃうと断られるかもしれないって思ったから、後から頼むという大胆さ(**)にもかかわらず、気持ちよく引き受けてくださりました。

15020503.jpg
アイコの爪とヒゲと毛、これをお手製の布袋に詰めたもの。これをまめうさの中に入れてくださいとお願いしました。

15020504.jpg
布袋から飛び出ている赤い糸はママとつながっている赤い糸という思いをこめて、下手くそだけどここだけママのお手製です。

15020506.jpg
そうして届いたアイコのまめうさ。添えられたお手紙にアイコのマフマフについて「アイコさんにこれは絶対外せないので」と書かれていました。

15020508.jpg
そう、アイコはこの立派なマフマフに口元が見え隠れして、それがアイコらしさを強調しているんですよね。そんなチャームポイントを見事に再現してくださって、うれしさ100ピョンです。

それから毛色。見た目は黒なんだけど、複雑な黒で、お腹は真っ黒だったけど、背中は光の加減で赤みがかった茶色だったり、チョコレート色になったりと。そんなアイコの特徴をいかし、お腹と背中で色を変えてくださいました。

手のひらにすっぽりと隠れるまめうさなのに、マフマフも毛色もそれから専門用語でジョイントがダブルになっているそうで、顔のポーズも変えられる。手触りもとっても柔らかくて、ちいさくなったけどアイコの素晴らしかった感触を思い出します。

こんなに手のこんだものを作ってくださるだなんて夢にも思わず、ピョーンと閃いてお願いしてよかった。きっとアイコが私にインプットしてくれたのかも。作ってくれるかもよって。

15020509.jpg
ピーターと記念撮影。可愛さではアイコも負けてません!!

次に作ってもらうのは、アイコのまめうさ用のカゴバックです。いつでもどこでも一緒に連れて行ってあげるって約束したから、それを守るためにカゴバックに入れて運んであげようと思って。どんなものが出来上がるかなぁ~。楽しみです。

大木トオル氏の特別講演「セラピードッグからのメッセージ」

動物保護、他
02 /02 2015
国際セラピードッグ協会の代表、ブルースシンガーでもある大木トオル氏の特別講演に参加しました。

講演に先立ち、まずはセラピードッグの活躍を紹介したTVプログラム、NHK総合ひるまえほっとで放送された「ふれあいで救いをセラピードッグ」が紹介されました。


放送の内容は、セラピードッグの訓練を受けるムサシがどのような経緯で訓練を受けることになったかという部分から、訓練士より訓練を受ける様子、そしてセラピードッグとしてデビューするまでがまとめられていて分かりやすかったです。

福島県で保護されたムサシは、おそらく被災した際に右前足の先を失ったのでしょう。殺処分される寸前でした。ムサシという名前を与えられ、国際セラピードッグ協会でハンドラーと呼ばれる訓練士よりセラピードッグとしての第2の犬生を与えられます。

しかし、ムサシは心に深い傷を負い、人間を再び受け入れ、訓練に励むというステップへそう簡単には進めません。ハンドラーは2年かけてセラピードッグとして生きていけるよう訓練します。

セラピードッグの仕事は、要介護が必要な人々が暮らす施設に出向き、そばに寄り添い、アイコンタクトして心のケアをおこないます。盲導犬や介助犬、警察犬のように、常に決まった一人に仕えるのではなく、必要としている色々な人たちに寄り添うという部分で犬たちが混乱を生じさせないため特別な訓練が必要となるのです。

明日には失われるかもしれなかった命が、再び生きる道を与えられたムサシ。今度はムサシが、寝たきりだったり、食事も自分ひとりで満足にとれない要介護が必要な人たちに、生きる楽しみと気力を与えていく。

そして大木トオル氏の講演がスタートしました。

セラピードッグを日本に初めて誕生させたご本人です。きっかけはブルースシンガーとして住んでいた米国でその存在を知ったことにあります。犬にこのような仕事があるのかと感銘を受け、日本で普及させようとしたその時、「セラピードッグの育成をする前に日本における殺処分の現状は一体どういうことか」と告げられたそうです。

そのひと言がきっかけで、保健所における保護という名の殺処分の現実を知ります。その当時年間65万頭の犬猫が殺処分され、ペットを守るための法律 動物愛護法もなく、ペットは物として扱われていました。

セラピードッグ第一号は、ゴミ捨て場に捨てられた犬、チロリちゃんです。チロリちゃんは、子犬を生み、その子犬もろともゴミ捨て場に捨てられていました。子犬は里親を見つけ、母犬チロリを引き取り、セラピードッグとして訓練しました。

チロリちゃんの数々の奇跡は書籍にもなり、教科書にも掲載されています。銀座に銅像もあるというから驚きました。まるで忠犬ハチ公のようです。

チロリちゃんは乳癌で亡くなりましたが、その功績に対し国から感謝状が31通も届いたそうです。本当に夢のような物語です。しかし、チロリちゃんの物語はここで終わりません。

セラピードッグとして第一号だったチロリちゃんはもともとはゴミとして扱われた捨て犬です。ペットを命ではなく物として扱っていた国を動かし、遺棄、虐待は罪として動物愛護法が制定されます。

さらに国際セラピードッグ協会が訓練する犬たちすべては、殺処分される子たち、さらには福島で被災した子たちです。生きる場所を失った子たちが再び活躍するその機会が与えられという、そういう道筋をつけてくれたのがチロリちゃんの活躍と大木氏の行動でした。

現在殺処分される犬猫は、大木氏がセラピードッグの活動を始めた頃と比較し4分の1、16万頭まで減りました。これをゼロにするために自治体も動き始めたという明るいニュースを講演の最後に伝えていただきました。

岐阜県では、殺処分場のない動物愛護施設が誕生したそうです。もちろんすぐに満杯になりますが、施設内でセラピードッグの訓練をし、県内の介護施設での需要に堪えるべく日々訓練に励んでいるそうです。

涙もろい私は、涙が何度もあふれて困りました。認知症で記憶を失い、また歩行訓練を諦め笑顔が消えてしまったおじいちゃん、おばあちゃんが、再び元気になる可能性をセラピードッグの中に見出した大木氏と、国際セラピードッグ協会の今後のご活躍を見守っていきたいと思います。ありがとうございました。

セラピードッグ、チロリちゃんの偉業については書籍でどうぞ。
「名犬チロリ 日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語」大木トオル(著)岩崎書店(刊)2011年

1か月経ちました

うさぎ
12 /30 2014
アイコがお月様へ旅立って1か月。

この日、アイコの祭壇をプーとぐぅの下に移動しました。
14122901.jpg

引っ越ししちゃったけど、大丈夫かなと少し不安です。
大好きだったピーちゃんを探していやしないかとか、祭壇の下に置いていたトンネルも移動したから、ウロウロしてやしないかって。
何度もアイコに声かけて、ピーちゃんここにいるからねって、トンネルも真下にあるよって。

14122902.jpg
ピュアな心の人しか見えない不思議なものを動物は見る?感じることができる力があるって聞くのですが、アイコも見えていたのかな?

14122903.jpg
時々プーとぐぅの祭壇の下でじっーと上を見上げていることがあったんです。まるでおしゃべりしているかのような姿だったので、ぐぅちゃんと会話してるのかってそう思ってました。
今はお月様でたくさんおしゃべりしているのでしょうね。美味しい葛や明日葉の話をしているのかしら?
寒い寒い冬はこれからが本番、でもアイコが大好きだった野草を食べている姿を思い出すと心がほっこりします。

今年も一年、お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。