FC2ブログ

乗鞍岳ご来光バス

ハイキング
08 /18 2018
英国旅行記2018は一旦小休止し、お盆休みを利用して出かけた乗鞍岳について。

何でもご来光バスというものがあり、登山初心者でも気軽に素晴らしいご来光が見られるという言葉に惹かれ、これはぜひどんなものか見てみたいと思った。

ご来光バスの出発地点は乗鞍観光センター前で朝3時40分にバスが出発する。そのため前日より自宅を出発し、乗鞍観光センターの駐車場で車中泊した。

乗鞍観光センターに到着したのは午後5時過ぎ、駐車場は既にキャンピングカーや車中泊仕様と思われる車が停まっていた。すぐ近くに午後9時まで営業している日帰り温泉「湯けむり館」があり、源泉かけ流し乳白色の硫黄泉でお湯は最高なのに、更衣室は狭く床は掃除が行き届かずその点が残念。

乗鞍観光センター近くの食事処は、ランチ営業で終了の店が多く、夜8時まで営業しているお店は3軒のみで、宿が用意する夕食を事前予約すれば食べられるという場所が2軒ほど。

朝も早いので夜9時過ぎに就寝。標高1500mの場所での車中泊はさぞかし涼しいかと思いきや、寝苦しさはなかったものの、それほど涼しくはなかった。

翌朝、乗鞍観光センター前のバスターミナルでご来光バスの往復チケット(1人2800円)を購入し、3号車に乗り込む。アルピコ交通が運航するご来光バスは、人数分バスを手配してくれるので、この日はバス5台分の乗客が乗り込み、いざ日本一高いバス停を目指す。

18081501.jpg 
ご来光バス1号車

当然ながら辺りは真っ暗闇で、街灯なども1本もなく、バスのヘッドライトだけが頼りの運転。乗車時間は約1時間、最初はなだらかなカーブが続く道だったが、乗車20分過ぎぐらいから、カーブの先がまったく見えないぐらいの急角度となり、ゆっくりとした一定のスピードでひとつ、ひとつカーブを曲がって標高をあげていく。

ご来光バスの終点は畳平(標高2702m)だが、その地点からご来光は見えない。「大概のお客さんは標高2716mというバス停で降り、道路上でご来光が見られますし、道路左側の山の上からも見られます」というアナウンスがあり、3号車の乗客は全員そこで下車。アナウンスにあった左側の山、富士見岳(標高2817m)には登らず、右側の大黒岳山頂(標高2772m)に昇ってご来光を待つ。

冒頭記載した「登山初心者でも気楽にっていうのは嘘だったの?」

ご心配なく!

大黒岳山頂は、バス停よりゆるやかな階段を10分ほど登れば山頂に到着。例えば神社参拝の急こう配の階段を登ることを思えば、まったく問題なし。しかし、標高2716mは高地順応できていない体には負担が大きく、さらに早朝ということもあり10分の山登りがきつかった。出発地点で無風だった天候も、バス停を降りた瞬間旗がなびくほどの風があり、じっとしてることが出来ないほど寒い。

バスが出発して「標高2716m」に到着したのは4時30分。ご来光の予定時刻は朝5時と運転手よりアナウンスがあったので、ゆっくり登っても充分間に合う。

18081502.jpg 
大黒岳の山頂に到着するとなだらかな稜線沿いに避難小屋があり、ご来光を待つ間 風除けに利用。避難小屋より見たご来光を待つ人たち

18081504.jpg 
ご来光は5時2分

18081505.jpg 
手前に広がる雲海

18081506.jpg 
10分ほどで空が白み雲海がより鮮明になる

富士山でご来光を見る際は、3時間ほどかけ標高3000m付近まで登山し眺めていたことを思うと、バスで1時間ほど揺られ10分登山しただけ眺めることができ、なんてお手軽ラクチンなんだろう。

18081507.jpg 
バスの終点畳平は、尾根に囲まれた窪地のためご来光がみえない。畳平の窪地にある鶴ヶ池、ツルのように見えるからこの名前がついたとのことだけど、水が干上がり鳩サブレのハトのようだ。

朝食は、畳平バスターミナル(標高2716mバス停より徒歩10分)の1階売店にて朝4時半から営業している軽食コーナーにて、おにぎり弁当をいただく。

18081508.jpg 
一息ついたところで、天空のお花畑へ。標高2700mに咲き誇る高山植物の群生地を木道がぐるりと取り囲むお花畑散策は、ゆっくり歩いて40分ぐらいのコース。

残念ながらお花畑の見頃は過ぎたのか、一面のお花畑のように咲き誇ってはいなかった。運が良ければお花畑でライチョウが見られるかもしれないと期待したものの、この時期のえさ場は違う場所なのか見つけることはできなかった。

18081509.jpg 
乗鞍岳畳平 天空のお花畑 チングルマの咲き終わり(花が終わるとこのような姿となり、名前の由来である珍車が見られる)

18081510.jpg 
乗鞍岳畳平 天空のお花畑 トウヤクリンドウ

18081511.jpg 
乗鞍岳 大黒岳の登り口 高山植物の女王 コマクサ

18081512.jpg 
車で行ける日本で一番高いところにある一万尺乗鞍山頂簡易郵便局(建物一番左)が、今年から銀嶺荘へと場所を移動し、ここより郵便物を出すと乗鞍山頂の風景印がもらえる。その間にあるのは乗鞍本宮で御朱印も400円でいただける。

18081513.jpg 
乗鞍本宮 御朱印

18081514.jpg 
一万尺乗鞍山頂簡易郵便局の風景印

もし体力にゆとりがあれば、百名山のひとつ乗鞍岳山頂 剣ヶ峰(標高3026m お花畑より剣ヶ峰山頂まで約1時間半)を目指してもいいし、ここが標高2700mというのを忘れて思う存分楽しめるはず。

YAMAP「乗鞍岳」こちらのページに「乗鞍岳散策マップ(PDF)」有り

私達はお盆休みということもあり、高速道路の渋滞も気になったので、お花畑を満喫した後、1時間に1本発車するシャトルバス(代金はご来光バスの往復分に含まれる)に乗り込み、再び乗鞍観光センターへ。

松本市内では道端でスイカ直売の旗が目に飛び込み、そのうちの1軒に立ち寄ってみたら、販売規格外の座りの悪いもの、傷が少し入ったものなど破格値で販売されていて思わずスイカ大玉を購入。三菱UFJ 信託銀行の今月のピーターラビットカレンダーのように、スイカにかじりつく日々を堪能中(笑)

2018年車中泊 GW北陸旅行その4

車中泊
06 /05 2018
4日目(5/2)は輪島から、のと里山海道、北陸自動車道を通って、加賀市へと行きました。

が、その前に輪島の朝活!
マリンタウン駐車場は夜中一度も目が覚めることなく5時過ぎに起床。車中泊は、暑くても寒くても寝れないし、周りが騒がしくても気になって眠れませんが、3泊目となると疲れもたまっているのでぐっすり眠れたようです。

輪島の朝日 背の高いビルは輪島キリコ会館
輪島キリコ会館の駐車場は真ん前が海で、ここにも車中泊されている方がいました。駐車場内にトイレもあったしこちらで車中泊した方が良かったかも。
18050201.jpg 

海沿いの遊歩道を散策中に出会った海鳥
18050202.jpg 

8時より輪島朝市
開始直後は準備中の店が多くて人もまばらでした。GWといっても間の平日なので人が少ないのな?
学生時代に輪島朝市を経験したのですが、その時は上野アメ横ぐらいの活気にあふれ、豊富な海産物に、次から次へとおばちゃんが手渡してくれる試食や方言が楽しかったという思い出があります。
18050203.jpg 

朝食は朝市通りにある海鮮丼、お寿司のお店「海幸」で輪島ふぐと、露店で焼いてた竹輪を食べました。朝市では買ってきた干物を炭火コーナーで焼くことができるよう七輪と炭が用意されていたり、休憩所「よっていかんけ」で自由に食べられるよう解放されていて便利でした。給茶コーナーもあり(有料)
18050204.jpg 

輪島を9時過ぎに出発し、加賀市に到着したのが12時過ぎでした。もう少し走ると福井県という辺りです。

加賀はウサギ好きにはたまらない「月うさぎの里」があります。
18050205.jpg 

月うさぎの里のメイン「うさぎ広場」は正面入口を入ってすぐ(入場無料)
18050206.jpg 

月うさぎの里のリーフレットによりますと、うさぎ広場はこんな感じだそうですが、
18050207.jpg 

・・・訪れた時間がいけなかった。ウサギたちはお昼寝タイム。広場の隅っこや角を陣取りウトウト
18050208.jpg 

広場にある砂場は、巣穴トンネルがあちこち掘られていました。
「あるところにたくさんのうさぎたちがいました。そのうさぎたちは竹の木のしたの砂の穴の中にすんでいました。」ピーター家族も住んでいるかもしれませんね(笑)
18050209.jpg 

こんな時間帯でも元気なのは、巣穴から目で追えないスピードで出入りする仔ウサギたち。元気が良すぎてじっとしている間がほとんどなく写真もブレブレです。
18050210.jpg

それから200円で売っている「うさぎのごはん」のカサカサという音に反応して、お昼寝タイムのウサギたちがあっという間に寄ってきて争奪戦を繰り広げるほど元気になりました。例えばお気に入りの子にあげたいと思ってペレット入りの紙コップを握っていても、横から紙コップごと奪うという大胆不敵なウサギもいるほど。これぞウサギならではの光景でした。
18050211.jpg 

うさぎの楽園かと思いきや、ケヅメリクガメ(2匹)もいました。ウサギとカメの2ショットを撮りたくてカメの大好物300円のおやつ(この日は小松菜でした)を購入し、小松菜はウサギの大好物でもありますからウサギもカメも大喜びで小松菜に夢中というツーショットが撮れました。
でもウサギは小松菜の芯も食べるのに、カメは芯いらないって食べないんですよ。贅沢ですね(笑)
18050212.jpg 

うさぎの広場でウサギたちと戯れた後、お食事処「加賀兎郷」で店内自家製ごまうどんを食べました。うどんがもちもちして美味しかったです。
18050213.jpg 

うさぎ雑貨が2000点以上あるショップは目移りして大変です。その中でも映画公開キャンペーンでピーターラビットグッズも販売されていました。ここに来る車内でラジオからGW行楽地紹介で「月うさぎの里」がインタビューを受けていて、ピーターとのコラボしていることも紹介されていました。
18050214.jpg 

うさぎ好きにはたまらない場所ですが、そもそも何故加賀にあるのか疑問でした。その謎がショップのポップに「加賀ではうさぎのものを贈ることがツキと幸福を贈るという意味で大変喜ばれています」とありました。
加賀の人たちは何かあるとうさぎの品を贈り、贈られ、生活に溶け込んでいるのかしら?なんて想像し、なんて素敵な町だろうと思いました。

うさぎグッズをゆっくり見ていたかったのですが、天気予報通りに大粒の雨が降ってきたので、その後の予定をパスして実家(兵庫県)へと向かいました。計画では、加賀の次に東尋坊に立ち寄り、憧れのうさぎ陶芸作家の向坂さん宅へも押しかけ、道の駅シーサイド高浜でもう1泊車中泊してから、その次の日に天橋立に行き、舞鶴若狭自動車道で実家に行く予定でした。

今回走行した距離は約1800キロ!
エブリィワゴンは軽自動車ですが燃費が悪く、横風を受けやすい車体なので高速道路では緊張する場面もあり疲れましたが、海沿いをドライブするのは気持ちよく最高でした。
車中泊で連泊もできましたし、次回はもっと長期間の車中泊旅行目指して、また準備したいと思います。

旅行から随分日が経ってからの報告でしたが、その1からその4まで読んでくださりありがとうございました。

2018年車中泊 GW北陸旅行その3

車中泊
06 /04 2018
3日目(5/1)は、新潟から石川県金沢市へ移動しました。海岸線を走って移動予定でしたが、時間がかかり過ぎるためやむなく北陸自動車道を利用しました。

最初の目的地は兼六園。初めてではないものの数十年ぶりの訪問でした。

霞ヶ池と、ことじ灯篭
18050101.jpg 

源平つつじ
1本の木より白と赤の花咲くつつじ
源平は桃だけかと思っていたらつつじにも咲き分けできる種があったとは
18050102.jpg 

瓢池と、海石塔
霞ヶ池も濁っていましたが、瓢池の濁りは尋常じゃない
滝から流れ落ちる水は濁っているように見えなかったので、池の底の堆積物がたまっているのか?これは「池の水を全部抜く」にお願いしましょう。
18050103.jpg 

お昼は石川県観光物産館にある寿し駒の海鮮並丼
海鮮丼ですが、ちらし寿司の具であるレンコンと干ししいたけも。レンコンは良いとしても干ししいたけは合わなかったなぁ。
18050104.jpg 

金沢から千里浜渚ハイウェイへ。能登半島の移動は「のと里山海道」を利用しました。全線無料の自動車優先道路で、とても走りやすく快適でした。能登の移動は大変だろうなぁと覚悟していたのですが、こんなに良い道が出来ていたなんて移動がとても楽でした。

千里浜渚ドライブウェイ
全長約8キロの砂浜をドライブできる海岸線
一部砂面が荒れている個所があり、ドシンドシンとかなりの衝撃を受けましたが、そこ以外は気持ちよくドライブできました。砂浜の上をドライブできるなんて驚きですが、観光バスも平気で走ってます。
18050105.jpg 

ドライブウェイ入口から波打ち際までの動画


のと里山海道の別所岳SAで食べた穴水産の焼き牡蠣
プリっぷりでとっても美味しかったです。
18050106.jpg 

輪島に到着してまずはコインランドリーに洗濯しに行きました。長旅になると途中で洗濯も必要になってきますが、道の駅にコインランドリーはついてない。今回は長旅とまではいきませんが練習も兼ねてコインランドリーを利用してみました。

輪島の道の駅「ふらっと訪夢」内のインフォメーションで、日帰り温泉施設を尋ねたところ3カ所教えていただきました。
・ホテルメルカート輪島
・ねぶた温泉 海遊 能登の庄
・三の湯 七の湯 天然温泉

中でも「三の湯 七の湯 天然温泉」は、オープンしたばかりで地下1165mから湧出する源泉かけ流し温泉と説明を受け、これは行ってみたいとなり、車中泊の場所は海のすぐそばにある「マリンタウン」の駐車場にしました。

輪島KABULET内にある「三の湯 七の湯 天然温泉」
この周辺に住む住民は無料で利用できるため、番台ならぬ壁にはそれぞれの住民名前入りプレートが掲げられていました。近くに温泉施設ができたら毎日行きたくなっちゃいますよね。
18050107.jpg 

足湯は無料というのは良くありますが、卵を持っていけば温泉卵を自由に作っていいそうです。この情報を知っていればスーパーで調達したのに(笑)
18050108.jpg 

輪島では朝市駐車場で車中泊しようと思っていたのですが、この駐車場にあるトイレがあまりに酷く、逆にマリンタウン駐車場のトイレはとても清潔で夜中も使用可能とマリンタウン観光案内所の方にお聞きしたのでこちらに決定しました。
マリンタウンの駐車場は、大きな屋根があり、もし雨が降っても濡れずにトイレまで行けるということも良かったです。

輪島マリンタウンのイルミネーション
真っ暗な海にひときわ目立っていましたが、たまに車が通行する程度でひっそりしていました。
18050109.jpg 

4日目は輪島朝市の様子と楽しみにしていた「月うさぎの里」へ続きます。

2018年車中泊 GW北陸旅行その2

車中泊
06 /03 2018
2日目(4/30)は新潟県随一のパワースポット「弥彦神社」へ行ってきました。

弥彦神社の拝殿
神社の向こう側に見えるのは弥彦山(標高634m)
18043001.jpg 

境内は大変広く、弥彦神社を中心に弥彦山、弥彦駅から神社までの参道も一括りにして観光スポットになっていました。弥彦村の観光ガイドブックによりますと「越後一宮 弥彦神社のおひざもと、歩いて、食べて、癒されて、浪漫漂う湯のまち弥彦」とあります。

弥彦神社の神様の渡る橋「玉の橋」
18043004.jpg 

津軽藩が奉納した伝説の石「津軽石」
その場所に行くと「重軽の石」とあり、願い事をしてから石を持ち上げて「重い」と感じたら願いが叶わず、「軽々持ち上げる」と願い事が叶うとありました。
そこで願い事をした後、いざ持ち上げてみましたら、これが重いのなんの。だめだこりゃ。
18043005.jpg 

神社で一番のパワースポットは滾々と水が湧き出る場所と、ご神木がある場所と勝手に思い込んでいるので、ご神木という案内に従い進みますとこの場所に出ました。ここで参拝したら気持ちがすっきりしたのでご利益あったかもしれません。
18043006.jpg 

弥彦神社の御朱印
18043007.jpg

弥彦神社には兎にまつわる伝説があり、その昔田畑を荒らす兎たちに困り果てた地元の農民たちの悩みをお聞きになられた神様が兎たちをお諭しになり、それから二度と畑に現れることがなくなったそうな。
そうした伝説がここ弥彦村の名物になっていて「玉兎」という、神様よりお諭しを聞いた兎たちの丸くなった姿がそのまま上品な落雁となったものです。
18043002.jpg 

これが「玉兎」の昔の型だそうで、弥彦山の展望台に展示されていました。
18043003.jpg 

こちらが名物「玉兎」和三盆のものや、めおと兎、あんこ入り、キャンディの包みのようにくるまれたひねり兎など。たくさんの種類があって目移りしちゃって大変でした。
18043008.jpg 

弥彦村スカイラインから弥彦山へ。日本海の水平線の色が濃くなっている部分は佐渡島です。
18043010.jpg 

弥彦山展望食堂の「日本海夕日ラーメン」
日本海に浮かぶ佐渡島が舞茸の天ぷらで、真赤な夕日をイメージしたせんべいが添えられたボリュームたっぷりのラーメンです。
弥彦山の伝説のように兎卵もついてます。
18043009.jpg 

この日の車中泊予定の場所に向かう途中、色鮮やかな看板が建ち並ぶ漁港「寺泊」に立ち寄りました。まるで築地市場のような狭い歩道にたくさんの観光客が行き来していました。
カニ汁やら魚を焼く良い匂いがしていたのですが、ラーメンでお腹いっぱいだったので雰囲気を楽しむだけで車中泊の場所へ移動。
2018043011.jpg 

この日の車中泊は道の駅「うみてらす名立」
何もない海岸線に突然巨大風力発電機が見えたと思ったらそこが目指す道の駅だった。ここも温泉付きの道の駅で目の前が日本海、夕日が空を茜色に染めてくれるはずでしたが、雲が多くて撮影できず。
海風は思った以上に冷たくて、日が落ちると車外にはとてもいられなくて、寝袋にくるまっていないと風邪をひきそうなぐらいでした。温泉「名立の湯ゆらら」は天然温泉ではなく、当日はヒマラヤ岩塩を入れたお湯でした。ジェットバスが気持ち良いと主人は言ってましたが、女湯は残念ながら故障中でちょっぴり残念なお湯でした。お風呂に入れるだけで幸せですので贅沢は言えません。
18043012.jpg 

風呂上がりの夕食は日本海の海の幸をいただきました。特に海鮮サラダは刺身の切り落としがこれでもかと入っていて美味しかったです。
201804313.jpg 

さて、3日目は富山を通り越して金沢、輪島方面と続きます。

2018年車中泊 GW北陸旅行その1

車中泊
06 /03 2018
あいかわらずのろまのブログ更新です(^^;

GWは、車中泊で北陸旅行へ行きましたのでそのご報告です。

4月29日(日曜日)の出発日、GW渋滞予測によると関越自動車道が20キロとあったので、渋滞を避けるために中央高速から長野自動車道、上信越道、北陸自動車道とひた走り、まずは最初の目的地の新潟県柏崎へ。

長野自動車道の月の里「姨捨SA」ここでウサギ発見! 
18042901.jpg 

高速道路を降りると四方を田圃に囲まれ、田植えシーズン真っただ中、耕運機の泥羽が道路のあちこちに散りばめられた中、荒浜駅へと到着しました。

新潟地震で駅舎が壊れ再建された荒浜駅
18042902.jpg 

主人が中学生頃まで毎年夏休みに帰省した思い出の田舎で、思い出を頼りに辺りを散歩していると、親切にも声をかけてくださる方がいて、無事におばあちゃんの家跡を見つけることができました。新潟地震の影響で景色も様変わりしていましたが、懐かしい景色にしばし感慨にふけることもできました。

次に向かったのは柏崎の恋人岬。グアムと伊豆と柏崎の恋人岬が姉妹提携しているそうで、偶然にもこの3カ所制覇しました!!!
18042903.jpg 

芝生までハートマーク
18042905.jpg 

穏やかな日本海に夕日がキラキラ
18042904.jpg 

この日の車中泊は「じょんのびの里 高柳」で温泉付きの道の駅でした。同じ柏崎市内なのに、日本海側から内陸部へ30分以上かかり到着した場所は奥深い山の中でした。観光地の近くにある道の駅を想像していたら、吊り橋やらわんぱく広場など親子がアウトドアで遊べる施設が広がっていました。

じょんのび温泉「楽寿の湯」の入口 施設内に食事処とお土産ショップ有り
入浴料はJAFの会員割引で1人500円
あまり期待はしていなかったのに、泉質が素晴らしくて肌にとっても気持ちよく素晴らしい温泉でした。

18042906.jpg 

車中泊仕様の車内
オリジナルベッドの上にエアマットと寝袋
衣装ケース2個がちょうど下のスペースに収まり着替え入れに
18042907.jpg 

ここの駐車場はとても静かで快適で、月明かりに照らされのんびり時間が過ぎていきました。
18042908.jpg 

新倉山浅間公園でお花見

イベント
04 /08 2018
昨年もチャレンジした新倉山(あらくらやま)浅間神社でお花見ですが、富士山と桜のタイミングが合わず、良い写真が撮影できませんでした。今年は桜が満開のタイミングで晴天となり、思い描いた写真撮影ができました。

新倉山記念公園にある忠霊塔と富士山と真下に広がる桜並木。この構図で撮影できるスポットは、忠霊塔の奥より少し上がった場所にあるビューポイントのみで、集合写真を撮影するかのように3段の高さ違いにそれぞれに分かれ、横一列に20人も並べないようなピンポイントの場所しかありません。そしてここにやってくる方々は目的は同じなので、満員電車並みの混雑となります。さらに人が増えてくると、10分の入れ替え制となり、10分の間富士山が隠れようものなら。。。まるで先月行ったパンダ観覧のような(^^;人気スポットなのです!!桜の時期だけですけどね。
18040810.jpg 

高さが異なる3段で一番上から撮影(↑)すると忠霊塔が綺麗に構図に収まりますが、どうしても撮影されている方の頭や手が写りこんでしまいます。かといって一番下の段から撮影すると忠霊塔の収まりが悪くなります。そこで、一番下の段より魚眼レンズ(↓)で撮影しました。魚眼レンズを無限大にピントを合わせて撮影すると、写りこむものすべてにクリアーにピントが合い、こんな面白い写真が撮影できました。
18040811.jpg 

五重塔(忠霊塔)
18040812.jpg 

浅間神社の神様 木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)にあやかって「咲くや姫階段」と名付けられた398段を登りきった先に忠霊塔があります。階段の上から見る富士山と桜も迫力満点です。
富士山の麓で野焼き作業が行われ、その煙が立ち上がっていました。
18040814.jpg 

朝7時50分に到着し、新倉山記念公園駐車場に駐車できましたが、すぐに満車になってしまいました。帰る頃には臨時駐車場も満車状態で、道路には駐車待ちの大渋滞が起きていました。下吉田駅から歩いて行ける距離なので、渋滞を避ける方法として電車も良いかもしれません。

昨日ニュースなどでも満開になったと取り上げられたこともあり、朝早くから大勢の方が花見に訪れ大賑わいでした。まだ桜まつりが始まったばかりなので、今週いっぱい花がもってくれるといいですね。

これで2年越しの思いが叶い、富士山と桜と忠霊塔のコラボ撮影ができました。来年もまた撮影に行けるといいな~。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。