タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

江の島シーキャンドル

2014.12.29(16:07) 1958

関東三大イルミネーションに認定され、素晴らしいと評判のイルミネーション、湘南の宝石江の島シーキャンドルに行ってきました。

イルミネーションは日没からですが、江の島観光も兼ね10時過ぎに到着。まずは会場となる江の島シーキャンドルがある江の島サムエル・コッキング苑へ入場。入場料は、苑内のみ200円、展望台入場と合わせて500円。

14122801.jpg
苑内はイルミネーションのメイン会場でもあり、湘南の宝石とあるように4万個のスワロフスキーが日の光を浴びキラキラと宝石のように輝いています。

14122802.jpg
展望台からの眺め。富士山もくっきりと、さらに前日にハイキングした大山、湘南一帯がぐるりと見渡せます。

14122803.jpg
ヨットハーバーと片瀬海岸東浜。

14122804.jpg
ランチは、今年最後の生シラス漁であがった生シラス丼。透き通った体がキラキラ輝いてます。

刻々と近づく日没、この日の日没は16時半。雲ひとつない晴天だったのに、夕焼け前に水平線を雲が覆い隠し、オレンジ色に輝く夕焼けはお預けになってしまいました。

気を取り直し、シーキャンドルのライトアップカウントダウンを待ちます。

14122805.jpg
10、9、、、、3、2、1点灯

14122806.jpg
薄暗闇に目が慣れた頃、突然飛び込んでくるイルミネーション。ライトアップの瞬間、周囲の観客からの大歓声があがり、もちろん思わず私も「うぉー」って叫んでしまいました(^^;

カウントダウンよりライトアップするシーキャンドルの様子、動画でもご覧いただけます。



このシーキャンドルを見ることができただけで大満足なぐらい、素晴らしいイルミネーションでした。まるでおとぎの国に足を踏み入れたかのような、目の中にキラキラと何十万色という輝きが飛び込んできて、夢見心地でフラフラさまよい歩きましたよ。

14122807.jpg

苑内に入園しなくても、その周辺の広場でもイルミネーションは楽しめます。
14122808.jpg

14122809.jpg

でもここまで来たら入園せずにはいられないとばかりに、入場チケット販売の前には長蛇の列ができていました。外と中では別世界でしたからね。大晦日は終夜点灯しているそうです。このイルミネーションは、2月15日まで。

詳細は、公式ページで確認してください。

スポンサーサイト

ラピータの部屋「今日のひとこと」


写真 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

東京スカイツリー

2013.05.03(15:57) 1858

 開業1周年を迎える少し前、GW後半初日に東京スカイツリーに行ってきました。
13050301.jpg

 朝10時に東京スカイツリーに到着し、すぐに4階にある入口へ向かったのですが、チケットカウンターは整理券を持つ人しか入れず、10時の時点で整理券は14時30分から入場となっていました。

 ”14時30分” 4時間もどうやって時間つぶしするの?って一瞬おののきましたが、そんな心配は無用でした。

 スカイツリーの隣に東京ソラマチという商業施設があり、あまりの人ごみに先にランチを済ませた方が良いと考え、大好きな卵料理が食べられる「玉ひで いちの」へ。卵をふんだんに使った親子丼に、なんとも贅沢な鶏骨鶏の卵を乗せて食べる「むさし親子丼(1日限定200食)1800円」をいただきました。

 卵料理を食べるだけで幸せな気分になれるのに、鳥骨鶏の卵だなんてねぇ~。関西人には甘味が少し足りないように感じる親子丼ですが、その分卵の美味しさがぐーんと引き立ち美味しい!1時間ぐらい待たされるかと思った人気店ですが、10時半に並んだので、11時過ぎには入店できました。

 休憩も兼ねゆっくり食事したつもりでも、スカイツリー入場まで時間はたっぷりあります。そこでソラマチを1階から順番にグルグルと。人をかき分け、通路を進むといった感じ、当然レジは大混雑だし、荷物を持ってスカイツリー見学するのも嫌なので、もっぱらウィンドショッピング。見るだけ~(笑)

 歩き疲れたら8階にある屋外のドームガーデンへ行き、日向ぼっこしながらスカイツリーを見上げます。座って休憩できるベンチはどこも人で一杯だし、レストランも、カフェもどこもかしこも大行列。なんといっても一番困ったのがトイレ!!!!!!設計ミスを疑いたくなるぐらい、女子トイレの数が少なすぎです。出来るだけ並んでいる人の少ない階のトイレを選ぼうと思っても、みんな考えることは同じで、どの階も人、人、人(^^;;;

13050302.jpg

 そんなこんなで14時半となり、再びスカイツリー4階の入口へ。時間と共にすぐに入場チケットカウンターの方へ案内されましたが、ここでさらに30分並びます。ここはディズニーランドか?と疑いたくなるかのような超人気アトラクションのよう(^^)

 スカイツリー展望デッキ(350m)まで、エレベーターでわずか50秒ほど。ここは早い!今までの苦労がむくわれる瞬間です。350mからの眺望は、おもちゃ箱をひっくり返したかのようなビル群と放射状に広がった道路と、緩やかな川の流れと。ビルとビルの合間にグラウンドがあったり、少し変わった建造物などを見つけては、タブレットの地図アプリと参照し、これは○○小学校、そして東京ドーム、こちらは隅田川と、すぐに分かって便利でした。

13050303.jpg

 16時過ぎ、影スカイツリーが見えました。これだけ大きい建物だと、影もくっきり見事です。

13050304.jpg

 フロア350から、展望回廊(445m)へと向かいます。展望回廊へと向かうエレベーターは、大人1000円(別料金)かかります。高い!とは思ったけれど、ここまで来たらやっぱり上も探検しておかないとね。

 窓から張り出している展望回廊は、350mの展望デッキとはまた違い、水族館のチューブをアシカが泳ぐような、自分自身がそんなチューブに入ったような、足元フワフワ、空中散歩を楽しんでいるそんな感覚です。

13050305.jpg

 そして次は夜景も見たくなる~。15時に展望デッキに到着し、団体ツアーの人は2時間というタイムリミットがあるそうですが、個人は特に規定はないので何時間いても良いのですが、ひととおり見たら後はやることなし。そんな中でここまで来たら夜景も見ようと、スカイツリーCAFEでカレーを食べて休憩。

13050306.jpg

 夕方、雲が出てきて夜景が見えるかどうか心配したものの、日没前夕焼けが見える頃には雲もとれ、チラホラとライトが光り始めました。

13050307.jpg

 19時過ぎ、千葉方面の夜景。写真奥、右側に丸く光っている付近がディズニーランドらしい。21時頃までねばれば花火が見えるかも。昼間の景色も素晴らしかったけれど、夜景はその2倍、10倍ロマンチックで素敵です。

13050310.jpg

 素晴らしい夜景を堪能した後、340mから下りエレベーターで5階出口へ。建物の外へ出て振り返ると、そこには「雅」のライティングで、江戸紫に光ったスカイツリーの姿が。

13050311.jpg

 帰り道に浅草に立ち寄り、吾妻橋よりスカイツリーを撮影。スカイツリー全景を撮影するには、ツリーの真下よりも、少し離れた場所の方が美しいですね。工事用のクレーンが邪魔ですが(^^;橋の下をこれまた派手なライティングの屋形船が横切ります。

13050309.jpg

 東京スカイツリー、結局一日ここで過ごしてしまいました。人もすごかったけれど、素晴らしい眺望で楽しめました。しかし、気づけばなにもお土産買えず。展望デッキのグッズショップですら、入場制限かかっているのですもの。ちなみにお土産は、東京スカイツリーにあやかって背の高いものがたくさんありました。バウムクーヘンも、羊羹も、みんな細長くって背高のっぽ(笑)

ラピータの部屋「今日のひとこと」


写真 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

紅富士で新年を迎える

2013.01.01(17:45) 1833

 2013年、明けました。更新がマイペース過ぎてごめんなさい。本年もどうぞよろしくお願いします。

13010101.jpg

 初日の出ならぬ、初紅富士を撮影しに近所の公園へ。太陽が顔を出すその瞬間、富士山が紅色に染まるはずでしたが、雲にさえぎられたのか光が弱く、ほんのり紅富士となりました。

 今年の運勢を占うかのような紅富士撮影は、良くもなく、かといって悪くもなくといったところでしょうか。その後、氏神さまへお参りに行き、おみくじを引いたところ「中吉」。これから少しずつ良くなると解釈いたしましょう。

 今年もマイペースですが、ブログを中心に更新していく予定です。昨年はフェイスブックの使い道が良くわからず、試行錯誤で結局何も書き込みできない日々でしたが、ようやく自分なりに活用法を見出し、こちらも更新していきます。フェイスブックを始めた方はご連絡くださいね。

 それからツイッターは未だに何をつぶやいていいのかよく分からないままですが、うさぎに関することを中心につぶやいていきます。どうぞよろしくお願いします(^o^)/

13010102.jpg

 アイコからも新年のご挨拶。昨年の黒鏡餅よりも、今年の方が綺麗に二段にまとまりましたよ。あいかわらずモデルうさぎには程遠いですが、アイコもよろしくお願いします。

 昨年の黒鏡餅の様子はこちらからどうぞ→http://rapeter.blog.fc2.com/blog-entry-1752.html

13010103.jpg

 本年初リンゴもお口いっぱい頬張りながら食べてます。頬袋を膨らませたアイコとにらめっこしましょう♪アップップ!初笑いになること間違いなし(^○^)

ラピータの部屋「今日のひとこと」


写真 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

水田に逆さ富士とダイヤモンド富士

2012.05.27(16:40) 1798

 田んぼに水が張られ、田植えの終わったこの時期限定で見られる逆さ富士を撮影しました。
12052701.jpg

 すっきりと晴れ渡った青空と、富士山、そして鏡のように映す水田と。のどかな田園風景といったところでしょうか。

 この日はちょうどダイヤモンド富士が見られるというので、太陽が富士山頂にかかる位置でその瞬間を待ち続けました。富士山の真上に太陽の光がかかると、四方八方に光線が広がり、まるでダイヤモンドの輝きに見えます。
12052705.jpg

 ズームで寄りすぎても上手く光線が広がらない。 
12052703.jpg

 太陽の光が山頂にかかってから隠れるまでほんの数分間。何度チャレンジしても光輝くダイヤモンドのようにはいきません。でも金環日食と違って、何度でも見ることができるから。またチャレンジしましょう。
12052704.jpg


ラピータの部屋「今日のひとこと」


写真 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

スカイツリーと桜

2012.04.07(17:19) 1788

 前回、金時山から見たスカイツリーの記事を書きましたが、撮影した写真では姿はまったく見えず、コントラストを目一杯引きあげ、おぼろげになんとか区別することができる程度の写真をアップしました。
12032501.jpg
 これがその時の写真、なんも見えへんやん!

 そこで今回、スカイツリーと桜が見れる場所へと行ってまいりました!
12040701.jpg
 木場公園からスカイツリーを望む。公園の真ん中に道路があり、道路をまたぐように架けられた橋の上から撮影。

 いかがですか?くっきりはっきり写ってます。ビル群の東京にありながらも、このスマートな形、そして見上げる高さ、ランドマークにふさわしいですね。そしてこれってライトアップされたらどんなに素敵なんでしょうと、夜景も撮影にこなくてはね。

12040702.jpg
 カモ越しに見るスカイツリー。

 江東区にある木場公園は、4月7日のこの日は桜が満開で、大勢の方が花見をされていました。しかし、花見をするには肌寒くて、毛布をかぶりながら花見をされている方も。それでも年に一度きりの仲間で集うお花見は楽しいでしょうね。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


写真 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

デジタル一眼カメラ D5100

2012.03.20(18:20) 1784

 2009年3月にNikonのデジタル一眼カメラD60を、一眼なのに軽くてコンパクトで、私でも軽々持てるところが気に入り購入したのですが、その後D5100が発売になり、店頭でそのカメラを手にしてからというもの、D60とほぼ同じ軽さ、液晶画面が回転するため、カメラアングルも自在という点も私のツボにはまり、「これ欲しい~~」と言い続けようやく手に入れました。

12032001.jpg

 Nikon D5100 ダブルズームキット 標準レンズ 18mm~55mm 望遠レンズ 55mm~300mm

 デジタルカメラに良くあるような、シーン撮影メニューがあり、ペット、料理、夕景、トワイライトなど、そのシーンを撮影するのに最適な設定が簡単に選べるので、一眼初心者には最適です。また、動画も撮影出来るのが魅力。

 バリアングル液晶で超ローアングルからの撮影も楽にできます。これがローアングルで撮影したアイコの写真。
12032002.jpg

 バリアングル液晶で撮影している様子。アイコも撮影されてまんざらでもない様子でモデルさんしてます!
12032004.jpg

 花の写真もローアングルにすることで色々な角度で撮影できるから、これからの花の季節が楽しみです。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


写真 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
写真
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 江の島シーキャンドル(12/29)
  3. 東京スカイツリー(05/03)
  4. 紅富士で新年を迎える(01/01)
  5. 水田に逆さ富士とダイヤモンド富士(05/27)
  6. スカイツリーと桜(04/07)
  7. デジタル一眼カメラ D5100(03/20)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。