08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

ラビットショー 

東京平和島の流通センターで開催された、バード&スモールアニマルフェアを見学に行きました。

29日は、会場内でラビットショーも同時開催され、審査待ちのうさぎ達のケージがずらり。

ホーランドロップも、アメファジもかわいいけれど、やっぱり目がいくのはフィレミッシュ・ジャイアント。
その迫力に目が釘付け。「あ~ナデナデしたい」
体が大きいため、身動きもままならないケージの中でも、ちゃんと大人しく出番を待っている。
不安そうな表情は一切なく、ただひたすら待つ。
周りの雑踏も、フィレミッシュには関係ないようだ。マイペースなところがまた魅力。

ミニレッキスのジャッジを見学した後、メーカーのブースをひとつ、ひとつ回りカタログ集め。
興味を持ったところには、名刺を交換し、その製品について詳しい説明を受けた。お仕事もちゃんとしなくちゃね。

それにしても、今度はいちごのかじり木が新発売とは。それも、うさぎの絵が書いてあるし。はぁ。
うさぎにカルシウムは必要ないことは、今やうさぎ飼い主さんの間では常識になっているというのに。

会場で、肩乗りうさぎ、みかんちゃんと出会いました。


テレビで見た通り、肩の上がお気に入りでずっと肩の上に乗ったまま。ナデナデしようと手を差し出すと、みかんちゃんは警戒ポーズ。でも肩から降りない。よっぽど安心できる場所なんだね。
みかんちゃんのつけていた、レイがとってもかわいかった。うちの子にも似合うかしら。

Posted on 2002/09/29 Sun. 00:04 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

29

原画展 

どしゃぶりの雨の中、原画展に行ってきました。
前日、本当におかざきで「ビアトリクス・ポター」の原画展が開催されるのかすごく不安で、電話で確認したりして。

「間違いなく開催されます」と言われた時はうれしかった。思わずほっぺたつねりそうになったぐらいに。

車で行くか、新幹線で行くか、いろいろ悩んだ末、新幹線で行くことに。新横浜からだと「こだま」で「岡崎」まで行ったほうが交通費は断然安い。そこからさらに名鉄に乗換、「見合駅」へ。

駅に降り立ったところで、看板ひとつ見当たらない。またまた不安に。

「ここで降り立ってよかったんだろうか」

でも、おかざき世界子ども美術博物館まで到着したら、「あったー!」看板が。



はやる気持ちを押さえて中に入ると、既におかざき市内ではピーターラビットのイベントを記念して、小、中、高校生が描いたピーターラビットイラストが展示され、原画展の初日を迎えた今日は、最優秀賞の発表とか。

日本で開催される大規模な原画展なのに、どうして報道がなされないんだろうと不思議に思っていたら、おかざき市内ではそうでもなく、市内の広報誌、情報誌などで、ピーターラビット特集記事が掲載されていたとか。

知らなかった。

全国ニュースでもぜひ取り上げてほしいなぁと思った。だってイギリスの門外不出の「お宝」というべき作品が80点も日本にやってきて、その作品がおかざきに行けば、目の前でゆったりと線の一本、一本目で追いながら見ることができるのだから。

常に仕事で、ピーターラビットのイラストを目にしている方々ですら、原画を見て感動したと話をしていた。原画じゃなきゃ伝えられないパワーってあるんだと思う。

それにしても、ポターのお茶目な一面も発見。塗り絵の表紙のイラストが、下絵と試し刷りの絵とまったく違う。まるで別人が描いたかのように。
なのに、製本は、下絵で描いたデッサンに戻っていた。
きっと周囲の猛反対にあったのだろう。
その時にポターはどんなことを考えていたんだろう、絵を見比べながら、想像してみる。とっても、楽しい。



こんな素敵なイベントを企画してくださったみなさんに、感謝。
また行かなくちゃ。



帰りの新幹線での楽しみは、やっぱり駅弁。
おかざき駅で購入した駅弁、2段重ねでとってもおいしかった。
それにしても、往復8時間ちょっと。それを日帰りで行ってしまう私達のパワーもすごい(^^;)

Posted on 2002/09/28 Sat. 00:03 [edit]

category: ピーターラビットイベント&報告

TB: 0    CM: 0

28

つきちゃん 

今日はつきちゃんに会いに行ってきた。
今、つきちゃんは、ペット霊堂で眠っている。たくさんの犬や猫、そしてうさぎ達もみんな一緒に。

写真に撮影しなかったのは、つきちゃんの姿を別の姿の写真に置き換えることができなかったから。
だってつきちゃんは、今でもみんなの心の中につきちゃんの姿で残っているものね。そのイメージをそのまま持っていてもらいたいから。

梨とりんごを持っていったら、つきちゃんが喜んで食べている姿が目に浮かんだって言ってくれて、本当にうれしかった。つきちゃん、よかったね。

その後、自由が丘散策。
初めての自由が丘で、うさぎグッズのある店を教えてもらって、とっても楽しかった。
やっぱり持つべきものはうさ友よねぇ。うふふ。

帰りにフト見ると、お散歩うさぎを発見。
思わず二人で立ち止まり、きゃーーーーって小さい声で叫んじゃった。
だって、道路をぴょんぴょこ跳ねてるんだもの。





天気の良い日はほぼ毎日夕方5時過ぎにお散歩に連れ出すとか。決まった道、決まった場所だと、自分から進んでぴょんぴょん跳ねて行くとか。

毎日お散歩させている方いるんですね。もうびっくりな出来事でした。

Posted on 2002/09/26 Thu. 00:02 [edit]

category: お友達うさ

TB: 0    CM: 0

26

うーさーの新作 

かにえさんの作品「うーさー」の新作を見に、銀座小野ギャラリーへ。

「2002先鋭アーティストの世界展」で、かにえさんも先鋭アーティストの仲間入り。すごい!
それぞれのアーティストの作品はみんなバラバラで、それぞれ独自の世界観をはなっていた。

うーさーの新作は、これがまたいつもの元気なうーさーではなく、シックな落ち着いた雰囲気のうーさーの作品が2点。

月夜を描いた作品と、レインドロップの中小さなかわいい花に傘を差し伸べるうーさーの2点。

月夜を表現する色は、ダークブルー。私は常日頃から疑問に感じていたのは、夜に輝く月を表現する際に使用される背景の色は黒。何故、黒なの?
闇夜だって、電気を消した一瞬は真っ黒かもしれないけれど、目が慣れてくると黒ではないのに。

それをかにえさんは見事にブルーで描いてくれた。私のイメージの月夜にぴったり。描いてくれてありがとう。

かにえさんもとってもお忙しくて、銀座の展示が終わったら、小田原のぴょん屋さんにて個展&サイン会、次に京都のぴょん屋さんで個展&サイン会と続く。

また、うさぎ読み放題「うさぼん」のアーティスト兼編集もされていて、大変な忙しさなんだそうです。
でも「うさぎ」をテーマとした、うさぎだけの1冊の本ができるなんて、とっても楽しみです。

うさぎ読み放題「うさぼん」

かにえさんの個展については、うーさーのホームページでご覧ください。
うーさー

Posted on 2002/09/25 Wed. 00:00 [edit]

category: うさグッズ

TB: 0    CM: 0

25

訃報 

今日は、ぐぅを連れて病院へ。
前回、糞の状態が良くなかったのでお薬をもらい、ちょうどお薬が切れる頃に検診することになっていたので連れて行くことに。

ぐぅはあいかわらずお出かけが大嫌い。キャリーケースを置いただけで、抗議の足ダン。ふぅ。

病院では糞の状態を見て、おおむね良好とのこと。よかった、よかった。

帰りの高速道路で、追越車線を走行中、いきなり前の車の後ろのタイヤから白い煙が噴出した。

「あれ、どうしたのかな」と思った瞬間に、車はあっという間に白い煙に覆われていく。私の車も同じく白い煙に一瞬覆われた。

「こりゃ、やばい」と思い、となりの車線に移ろうと見ると移動できるタイミングではない。

でも車間距離をちゃんと取っていたので、タイミングを見計りながら、ウィンカー出して移動。
その頃、白い煙に覆われた車は、ハザード出して減速中だった。ブレーキがいかれたわけではなさそうだったので、不幸中の幸い。よかった、よかった。

高速道路を安全に走行する基本は、「車間距離を充分取ること」と常日頃から主人に言われてたので、まったくあせることなく、余裕で事故回避できた。

ところで、あの白い煙は一体なんだったんだろう。あーびっくり。

帰ってきて、メールチェックしたら訃報が届いていた。
あのピチピチ元気だったあいちゃんが。。。。(絶句)
その死因があまりにも気の毒でいてもたってもいられなくて思わず電話してしまった。

あの夫妻の元でだからこそ、あいちゃんの持って生まれた性格が思う存分発揮され、青春を謳歌していたのに。なんとも残念で仕方がない。

あいちゃんのあの奔放ぶり、お茶目なしぐさ、キラキラしたまなざし、みんなきれいなまま、かわいいまま、旅立ってしまいました。

あまりにもその光景が美しく、まぶしすぎて、この現実を受け止めることが難しいです。つらすぎて涙もでてこない。。。。

あまり自分を責めないで、いっぱい涙を流して、悲しい思いを出し切ってね。
そして今度会った時は、「あいちゃんってすごかったね。」って一杯思い出話しましょう。

Posted on 2002/09/24 Tue. 23:59 [edit]

category: お友達うさ

TB: 0    CM: 0

24

まんまる 



ぐぅの腹枕で寝るプーママ。
なんだかまるまるしていて、かわいい!

Posted on 2002/09/23 Mon. 23:56 [edit]

category: うさぎのおもしろしぐさ

TB: 0    CM: 0

23