04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

気温差 

朝、起きたら急に気温が10度ぐらい上昇したぐらいに感じる暑さだった。まだ、梅雨入りはこれからだというのに、真夏のような暑さ。

窓をあけ、扇風機を回して風の通りをよくすると、人間は過ごせる陽気にはなったけれど、うさぎにはちょっときつかったようだ。

ペレットや野菜はいつものようにしっかり食べてくれたぐぅが、急に牧草をたべなくなった。
夜中は特に調子がよくなさそうで、巣箱の奥に入ったまま、おすわり状態でくつろぐでもないし、食べるでもないし、ただじっーとしている。

ずっと観察して病院に連れて行くべきかどうか迷ったが、お腹はガスは溜まっておらず、歯の検診は先週済ませて以前より良くなっていると言われたばかり。
その時は他に原因が思いつかず、心配だったがそのまま様子をみることに。

もしかしたら、昼間の暑さで少しバテたのかもしれないと思い、次の日は朝からエアコンで温度調節。
25度にセットし、小一時間もたっただろうか。。。

突然ぐぅが牧草をボリボリ食べ始めた。

なんだ、やっぱりバテただけだったのね。
牧草を食べるためには、エネルギーがいるものね。やっぱり元気でないと食べないんだ。
ごめんよ、ぐぅ。



ボク、暑かっただけだよ。ぐぅzzzzz

Posted on 2003/05/29 Thu. 14:03 [edit]

category: うさ疾病

TB: 0    CM: 0

29

フロプシーバニー 

R.John.Wright Dollsをご存知だろうか?
私も詳しいことはよくわからない。でもこの工房の作品は、どれもこれも素晴らしいのだ。

物語のシーンがとらえられていて、絵本から本物が飛び出してきたようなそんなリアルなドール達。
毛の艶、色、形?、どれもこれも絵本だけじゃなく、本物も見て作ったでしょう?って聞きたくなるぐらい素晴らしい。

その中でも私が一番好きなのは、『フロプシーのこどもたち』のおはなしに登場するフロプシーのこどもたちをドールにしたもの。最初に登場したときは、約27万という価格もすごかった。
お腹をすかせたこどもたちがレタスの葉っぱを食べてすやすやと寝てしまう場面をドールにしたもの。
こどもたちはみんな寝ているにもかかわらず、1匹ずつみんな個性が出ていてかわいいのだ。

たまらなく欲しいと思いつつも、こんな高価なものは買える訳がなく、ようやく限定数すべての出荷が終わり、販売するものがなくなったのだからと、自分を無理やり納得させていたのに、今度はこどもたちが1匹でレタスの葉に包まれて発売されてしまった。

なんということ。。。

価格は、4万までしないけれど3万以上。



大きさは、ちょうどパソコンのマウスサイズ。
生後3週間ぐらいだろうか。

物語では、子供達はパパと一緒にマクレガーさんの庭まで出かけるので、生後3週間ぐらいの大きさってことは考えられないけれど、ドールになったフロプシーバニーは本当にかわいいすぎる。

今度は限定数350個だそうだ。
かなり好評で、250個限定が100個追加になったぐらい。
主人に「この子、買ってもいい?」って聞いたら
「た・たかーい(価格が)」と言って、後にのけぞったきり無言になってしまった。

それきり、この話題はストップしたまま(^^;)
やっぱりダメだろうな。はぁ~



お友達の家で撮影させてもらった「フロプシーバニー」
6月のピーターラビットカレンダーに登場します。

Posted on 2003/05/27 Tue. 14:05 [edit]

category: ピーターラビットグッズ

TB: 0    CM: 0

27

パンク 

なんと、車の後輪のタイヤが1本パンクしていた。

タイヤにささっていた釘の頭の磨り減り具合を見ると、パンクしたままかなりの距離を走っていたらしい。

タイヤの空気圧が随分と減っているなぁーとは感じていたが、まさかパンクしていたとは。

どこで、そんな釘を踏んづけてしまったんだろう。

パンクしたタイヤの空気圧は、1kgしかなかったそうだ。(通常は2.1kgぐらい)
1kgといえば、高速道路でタイヤがバーストするすれすれのラインで、もしタイヤがバーストしていたらと思うとぞーっとする。

何事もなくて本当によかった。

Posted on 2003/05/25 Sun. 14:06 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

25

うさぎと暮らす発売日 

今日は「うさぎと暮らす No8」の発売日。
私が書いた記事は「うさぎと一緒に泊まれる宿特集」と、野生うさぎの記事の「うさぎの体を科学する」とコラムを1編。

コラムは、字数も書く内容も決められていて、依頼のあった内容に添いながら言葉を選んで文章にしていく。コラム書きはなかなか楽しい作業で、思いのほか簡単に書けた。

ホームページもコラム形式で紹介すると、見やすく内容のわかりやすいものになるのではないかと思った。

毎回いろいろな勉強をさせてもらっている執筆作業。今回もなんとか出版に間に合わせることができ本当によかった。

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。


Posted on 2003/05/19 Mon. 14:06 [edit]

category: 書籍&映画

TB: 0    CM: 0

19

ケージ 

今年もアイリスオーヤマの工場祭に行って来た。

特に買うものも決めてなかったのだが、あんまり安いのでついつい目移りしてしまう。A級品のコーナーの大きなクリアBOXが4つで700円。これを買うとこれだけで車のトランクがいっぱいになりそうな勢いだ。

前回買えなかったラティス4枚で500円が目の前にあったので、迷わず購入。ここでは迷って後でもう一度考えようと思ったら、もう既にその商品はなくなっている。安いので迷うものはとりあえず買うようにしないといけない。

B級品コーナーは、整理券を配布して入場制限をしていた。うさぎ小屋というのが見えたので行ってみたが、犬小屋ぐらいのサイズの屋外用の立派なうさぎ小屋で、2000円だったが、さすがに買っている人は少なかった。

小型犬用のトレイ付きのペットサークルが最初は3000円で販売されていたが、最終組の最後まで手に持ちウロウロしつつ、レジのところに行くと1個500円で売ってくれた。
おかげでプーとぐぅのサークルは、新しいものに変更。
今まではケージのまわりをサークルで囲むだけのものだったが、すっきりとしたサークルケージになってプーとぐぅも満足そう?



Posted on 2003/05/18 Sun. 14:07 [edit]

category: うさグッズ

TB: 0    CM: 0

18

お墓まいり 



分骨してもらったぷりんちゃんの遺骨を、ベンパパと妹のピーターが眠る脇に埋葬させてもらった。
ここは春になると一面の芝桜に囲まれ、とてもきれいなところ。




プーママやぐぅも一緒にお参り。

ぷりんちゃんと唯一仲の良かったぐぅは、神妙な面持ち。やっぱりわかるのかなぁ。

Posted on 2003/05/17 Sat. 14:08 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

17