タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

うれしい言葉

2006.02.28(16:25) 665

今日はO先生から電話をいただく。
先生もずっと忙しく、12月にお会いした以来だけれども、わざわざお電話いただき「また一緒に仕事しましょう」っておしゃっていただいた。

先生はとっても厳しいお方だ。私も先生の逆鱗にふれるたびに何度も仕事を投げ出しそうになった。でも厳しい中にも、「あなたのため」という愛がある。誰のためでもない、私のために先生が貴重な時間を割いてくださっていると思う度、途中で投げ出さず頑張ってよかったと思うのだった。

人を指導するのは難しいと思う。子供の才能を伸ばすには褒めるのもひとつの手段だとは思うけれど、厳しく当たって最後に褒める、これもひとつの方法だと思う。

私の場合は、人に伝えるという点においては未熟で、先生に怒られることの方が断然多い。それなのに今日のように忙しい最中にわざわざ私のことを思い出し、連絡していただけるその気持ちがうれしい。

先生に事情を説明しようかどうすべきかずっと悩んで過ごしていたが、先生からいただいた電話で事情を説明した。ちゃんと説明できたかどうか不安だけど、「マッサージはあなたじゃなきゃだめなのよ」という言葉をいただいた。

マッサージ本は完売したと聞いたが、実際にあの本を読んで読者の方の反応などを教えてもらることができず、良かったのか悪かったのか、編集部に聞いても特にありませんという返事。私はうさ友が寄せてくれる感想しかわからず、自分の中で達成感はあったものの、最後の部分で不良消化していたのだ。なのに今日の先生の言葉は、もうこれ以上ない幸せな言葉だ。この言葉を聞くことができただけで私は満足。明日に向かってがんばれる。
スポンサーサイト

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

金メダル

2006.02.24(16:25) 664

朝6時過ぎ、テレビをつけると既に演技を終えた荒川選手が得点待ちのところからTVを見た。
その前にアメリカの選手が演技を終えていたから、メダルには届くだろうけれどそれほど点は伸びないだろうなーって思っていたら、びっくり仰天の高得点!

でも、まだロシアの選手も控えてるし、ジャンプも完璧だったから、日本の選手が金なんてありえないでしょと思っていたら、こんなことがあっていいのだろうか、まさかのすってんころりん。

金メダルが確定した瞬間クールビューティと言われ続けていた荒川選手の口元が大きく緩んだ。意外と表情は豊かな人なのかもしれない。しかし、アスリートとしての自覚が完璧なために、落ち着いた、クールなイメージで見られているのかも。

オリンピック選手に選ばれてからというもの、ずっと注目していた荒川選手。なぜかというのは、四柱推命で私と同じ運命星だったから。停滞期である2006年は、何をやっても悩んで、悩んで、悩みぬく一年という結果だった。

ところがどうして、本人も「オリンピックは特別な大会。実力だけではなく、運を引き寄せなければ勝てない」と言っていたけれど、見事に運をつかんだ。それも、悩みに悩んで、アスリートとして敷かれていたレールを踏み越え、自分で結論を出し、大好きな演奏曲で、自分しかできない技を組み込み、幸運を呼び寄せた。

私も悩みに悩んで、今のままでいいのだろうかって、私の出した結論は間違っていなかったのだろうかって、今も悩み続けている。でも悩んでいるだけでは前にちっとも進まないってことにようやく気づいた。いや、気づかせてくれた。

金メダルを掲げた荒川選手の微笑みは、様々な苦悩と、努力の積み重ねと、そして運が重なりあい、自信に満ち溢れた素敵な微笑みだと思う。



ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

文章

2006.02.22(16:28) 663

 私が仕事で文章を書けなくなった理由のひとつに、ビジネスライクな付き合い方があったかもしれない。以前の仕事スタイルは、うさぎ熱にうかされるように、こみあげるものを抑えきれずに、どんな些細なことでも熱く語り合ったものだ。

うさぎって、Y先生もおしゃっていたけれど「唯我独尊」自分が一番って思っているところがあって、いつのまにか自分の中でうさぎ様という存在になっていく。

 そんなうさぎに、はまればはまるほど、わきあがる感情がおさえきれなくなるのだ。だからうさ友が集まると、うさぎワールドが繰り広げられ話はつきなくなる。その魅力にみんなが虜になっているのだから。

 改めて気づいた事は、日々の感動がなければ文章は生まれてこないってこと。仕事はみなビジネスライクなお付き合いをしなければいけないのだと思う。でも、そのような仕事をしなければいけないのなら別に探せばいいと思う。

大事なのは、うさぎと一緒に暮らしていてよかったという感動を伝えること。熱い気持ちをぶつけあってこそ生まれてくるのではないだろうか。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

けじめ

2006.02.18(16:31) 662

 仕事でお世話になっていた雑誌の編集後記に掲載してもらった文章を見て、びっくり!私の書いた文章がへんてこりんになってる????

 4年間お世話になったから、最後はきちんとけじめをつけておきたかったのだけど、最後まで気持ちは通じることなく終わってしまった。もともと話し合う事事態が苦痛と言われてしまってるから、どうしようもないことなんだけどね。

 「うさぎと暮らす」にお世話になって丸4年、うさぎ漬けな毎日でした。我が家のうさぎは、小さい頃は可愛くて、愛おしくて、ついついその仕草をじっーと見つめて、やがてそれがストレスになって。成長期を過ぎお年頃になると、縄張りが激しくなっておしっこビュービュー、毎日ぞうきんを持ってウロウロ。いつしか年月が経ち、うさぎとの信頼関係が築けたと思う瞬間がやってきたりと。うさぎにマッサージをするようになってからは、さらに絆が深まったような気がします。そんな大好きなうさぎの仕事ができたなんて夢のよう日々。これからは、読者に戻って「うさぎと暮らす」を応援していきます」

掲載して欲しかったのはこっちの文章だったのだ。もう終わってしまったものはしょうがない。私も自分の道を進まなくては。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

マイブーム

2006.02.15(16:33) 661


「すやすや」From ぐぅ

ぐぅの最近のマイブームは、ジャンボピーターのまたの間に挟まって昼寝をする事!

うさぎは、スキンシップを好む動物というY先生の言葉にもあるように、いつも何かに包まれていたいって思うじゃないかな。ぐぅも両脇を手のひらで包み込んであげると、「ククッ」ってのどを鳴らして喜ぶし。

私が何か作業している時はピーターの中にはさまってくつろぐのも、包まれている感覚なのかも。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


2006年02月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. うれしい言葉(02/28)
  3. 金メダル(02/24)
  4. 文章(02/22)
  5. けじめ(02/18)
  6. マイブーム(02/15)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。