07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

うさ時計 

 届きました、うさ時計!!
 世界にたったひとつしかないオリジナルうさ時計。手作りだからひとつ、ひとつ風合いが微妙にちがうそうな。もともとはストラップ時計だったものを、腕時計加工してもらい、皮のベルトをつけてもらった。ベルトのデザインは、ごく普通のものになってしまったけれど、なんといってもうさ耳が付いているものね。これだけで「えっ」って感じだもの。でも、可愛い!!!

 オリジナル時計を販売しているのは、こちら。千葉海浜幕張にショップがあります。

 くるき亭
 http://www.kurukitei.com/

Posted on 2007/08/29 Wed. 11:10 [edit]

category: うさグッズ

TB: 0    CM: 0

29

映画公開日決定 

 いよいよ映画「ミス・ポター」の映画公開日が決定しましたね。9月15日より全国ロードショーと公式ページに発表がありました!!!

 世界で一番有名なうさぎピーターラビットは、誰も知っているキャラクターですが、この物語を作った作者ビアトリクス・ポターについてはあまり知られていなくて、今回この映画はまさしくミス・ポターが時代に翻弄されながら、女性であるがゆえの様々な困難を乗り超え、自立して生きていく姿をとらえています。

 そう、『ピーターラビットのおはなし』は、現代の私たちが読んでもとても新鮮で、時代を感じさせる記述がないものだから、これが1902年に出版された既に100年以上読み継がれていることをとかく忘れがちですよね。 

 ビアトリクス・ポターは、1866年ロンドンで生まれ、日本ではなんと慶応2年、江戸時代末期?!です。こういう風に書くと時代を感じますね。この映画では、時代考証を忠実に描くため様々な努力がなされたとプロダクション・ノートに書かれていました。

 映画は、絵本を出版するかどうか出版社のフレデリィック・ウォーン社が決定するところから始まるのですが、まだ自動車も一部の人しか入手できない、馬車が街中を闊歩していた時代です。道路の舗装や、街灯にまでこだわり、もちろん衣装なども。そういった点も着目しながら見ると興味深いかも。

 ピーターラビットの映画ということで、うさぎを飼っていらっしゃる方々もこの映画に興味を持っていらして、きっと湖水地方のうさぎが登場するにちがいないってことで期待されていることでしょうね。でも映画冒頭に出てくるうさぎは、フレミッシュで、湖水地方で出会う野生のうさぎとして登場するのは、な・なんとミニレッキスなんです。

 くーーーー、ありえない!!

 きっとエージェントが何か手配ミスしてしまったのでしょうね。このことは映画公開後に、うさぎと一緒に暮らしている方々の間で語り継がれるじゃないかと思います。これだけ時代にこだわったのなら、うさぎの種類もこだわって欲しかった。ミニレッキスは、スタンダード・レッキスの交配から小型種として誕生したもので、スタンダード・レッキスの起源が1919年ですものね。
 でもそのうさぎさんの可愛さといったら。日本一のミニレッキス・ブリーダーSさんのところのうさちゃんみたいにとても美人でしたよ。どうぞお楽しみあれ~。

 またビアトリクス・ポターのことをよく知る人は、「あれ?これそうだっけ?」なんて思うような部分も出てきて、思わずそちらに意識がいってしまうようなこともあるかもしれません。でもそれらをすべてを帳消しにするぐらい、ビアトリクス・ポター演じるレニー・ゼルウィッガーのチャーミングな演技が際立っています。

 この映画はビアトリクス・ポターの今までどこにも記されることのなかった空白だった期間、そしてきっと大きく揺れ動いたに違いない感情を見事にとらえているところが、感動的で涙なしには見られないと思います。

Posted on 2007/08/24 Fri. 21:28 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 0

24

ペレット 

ペレットがなくなりそうだったのでいつものショップに注文。いつも牧草と一緒にペレットを頼むのに、目下牧草ジプシーにはまっている私は、色々な牧草を注文しすぎて満杯状態。そこで今回はペレットだけで注文したところ。。。

 ルルルルルルルル~
 「もしもし~、このペレット牧草と一緒に食べな太るで」

 関西人は、最初の挨拶が短い!!!(笑)いきなり単刀直入用件から始まるし。もうなんだかこういう電話、関西でバリバリ仕事をしていた以来やわ。懐かしい~

 そう心配して電話をしてくれたのは、店のオーナー。ジェックスから発売されたペレット「ラビットプレミアムフード」は、イネ科のチモシー(牧草)を主食としているうさぎさんのために開発されたペレット。

 マメ科のアルファルファを原料としたこのペレットは、1日に必要な栄養成分をそこに付加した結果、ペレットを主食とするうさぎさんに食べさせるとかえって太ってしまう。イネ科のチモシーを主食として、副食としてペレットを与えるという、与える前に必ず守らなければいけないルールが存在するちょっと特殊なペレット。

 特殊といっても、牧草を主食として与えていれば、べつにどうということはないのですけどね。

 栄養バランスにすぐれた点は、ジェックスのサイトで確認できますが、以前ぐぅに食べさせようとしたRNAヌクレオチド入りのサプリメント。これをまったく受け入れてくれず、免疫力をアップしたかったのにできなかった。このペレットは免疫力アップのRNAヌクレオチドが添加されていて、夏場を乗り切り、換毛期に突入するこの時期必要かと思い、先月からこのペレットを食べさせていました。

 さてとりあえず500グラムを試した結果、体重はまったく変わらないものの、ペレットを変更する以前からちょっと太り気味。牧草、これが問題!オックスボウの1.5番刈の味が変わってしまってからというもの、牧草ジプシーに突入。なかなかこれというのが見つからない。でも気温が少し下がると途端に牧草をボリボリと食べ始めるから、今後も体重を気にしつつ、様子を見ていこう。

 ジェックス ラビットプレミアムシリーズ
 http://www.gex-fp.co.jp/rabbit/index.html

Posted on 2007/08/23 Thu. 16:37 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

23

洗濯機 

我が家の洗濯機が壊れる(涙)この洗濯機は、スイッチ部分を押し込むことで電源が入るタイプなのですが、押し込む部分にバネが入っていて、バネの力を利用し、押し込むと電源が入り、もう一度押すと電源が切れるという仕組みだったらしい。

 そのバネが効かなくなり、完全にパーツとなってしまった。元に戻すことはできても、既に電源はうんともすんとも言わなくなってしまった。電源が入らないことには、どうにもこうにもただの置物状態。この暑い時期に洗濯できない悲しさといったら。

 洗濯機がなかった頃は、みんな手で洗っていたんだと、太い腕を洗濯板がわりにして洗濯に励んでみたもの、これが意外に時間がかかってこれだけで疲れる、疲れる~。主婦の仕事が楽になったのは、洗濯機のおかげなのねぇ~と動かなくなって改めて思う今日この頃。

 さらにサポートセンターの担当者は「ただいま修理が込み合っておりますので、時間がかかります」と、購入して7年目なので5年保障は役立たず、洗濯物の山を目の前にして、なんとも物悲しいこだまが私の頭の中に鳴り響くのであった。

Posted on 2007/08/22 Wed. 09:40 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

22

Enjoy Rabbit Life 

http://enjoyrabbit.com/

 関西うさぎ専門店のオーナーたちが、関西のうさ飼いさんたちと一緒になって、勉強にもなり、そして可愛いうさぎさんたちを存分にアピールし、さらにはショップのオーナーや、飼い主さん同士交流も深める、そんな楽しいうさライフのイベントを開催しようと一致団結されました。

 およばずながらこの私もボランティア!?として参加することになり、最初の仕事がイベント用のサイトの内容をチェックすること。もう非の打ち所がないとはこのことです。わかりやすいし、見やすいし、注意事項もしっかりと網羅されているし、またこのイベント用ロゴがかっこいい!これ全部自前で何でも作っちゃうそうだから、本当すごい!

 うさアーティストさんも参加されるそうで、可愛いうさぎグッズも展示・販売とか、また獣医師中坂先生の講習や、専門店オーナーがそのコツを伝授してくれるグルーミング講習、どれも参加したいものばかりじゃない、ちゃんとボランティアがつとまるのか不安(^^;

 という訳で関西のうさ飼いさんのみなさん、残暑厳しい9月ですが、ぜひイベントに足を運んでくださいね。

Posted on 2007/08/21 Tue. 22:45 [edit]

category: うさぎ関連イベント

TB: 0    CM: 0

21

アールくん 

 今日はたまたまネットで私のサイトを見つけ、近所ということで2歳の男の子アールくんと一緒に、我が家に遊びに来てくれました。
若さはじけるアールくん。ママのお出かけにはいつも一緒なので、外に出かけるのは平気なんだとか。でも後ろ足のキックは強いので、フードうさぎにはなってくれないらしい。
アールくんの出身地も、我が家のプロプシー&ベンジャミンと一緒のショップで、もしかしたら遠い親戚かもしれないねと話すぐらい、ぐぅというかうさこお姉ちゃんによく似ていませんか?

 最初はぐぅがくつろいでいるリビングの隣にある部屋で、ケージの中で休んでもらっていたのだけれど、ぐぅってばよそのうさぎさんが来ているのに気配を感じなかった模様。爺さんはもうろくしちゃってやーね(笑)
 「ちょっと、りんごまだぁ~」と、ちょうどりんごの時間だったので、そちらに神経が集中していたようだった。

 しかし、突然なんか隣にいると気づいたぐぅは、とうとう見つけてしまった!! 禁断のチュー(手前ぐぅ、ケージ内アールくん どちらも去勢済)

 「見つけてしまったからには後にはひけね」とばかりに、それからは隙あらばアールくんのケージにちょっかいを出すぐぅ。おまけにブゥーブゥーと興奮して、興奮うんちもそこらに撒き散らすし。でもこれが正常な反応なのよね。自分の縄張りを荒らすもの、なんうさぎも入るべからずというのがうさ社会の常識なのだから。

 ぐぅとアールくん並べてツーショットといきたいところだったけど、いつ何時けんかになるかわかない状態だったので、無理はせず金網越しのチューで我慢しましょう。アールくんが無事帰った後のぐぅってば、アールくんがいた部屋の真ん中から動こうとせず、僕の縄張りをアピールしてる。久しぶりに見るぐぅの興奮状態に、ちょっと嬉しかったな。最近寝るか、食べるかの繰り返しだったものね。
 

Posted on 2007/08/20 Mon. 22:03 [edit]

category: お友達うさ

TB: 0    CM: 0

20