09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

今日のひとこと

大好きなうさぎ、趣味のハイキング、写真撮影など。日々の暮らしの中で心に刻んだ出来事を記事にします。

富士山 

 前日、台風20号が通過しましたが、朝起きてみると雲ひとつない素晴らしい天気。そして、富士山山頂付近は雪が降った模様で、ちょうどいい具合の冠雪。これはカメラを持って撮影しに行くしかないと、我が家のトップモデルぐぅに「一緒に富士山撮影会に行かない?」と誘ってみたところ、私たちの出かける素振りを危険と察した勘のいいぐぅは、出かける前に姿をくらましました。仕方がないので、ぐぅもどきのピーターくんを連れて、富士山中腹にある水ヶ塚公園に出かけました。

 水ヶ塚公園は、富士山の景観ポイントのひとつとして有名ですが、私たちと同じように撮影にやってきたアマチュアカメラマンが大勢いらしていて、それぞれに愛用の一眼レフを抱えて、思い思いの撮影ポイントでカメラを構えていました。

 「おぉ~すばらしい」しばし見とれるピーターくん。

山頂をバックにポーズを決めるピーターくん。麓から見上げた時には気づかなかったのに、標高1800メートル付近はすっかり紅葉していました。紅葉と一緒に富士山撮影。
 お弁当を買って来て、富士山を見ながらランチも楽しみ、ぐぅも一緒に来ればよかったのにね。帰ってくるとフンをあちこちばらまき、お怒りモードのぐぅが。。。「ぼくのりんごはまだか!」ってね。

ネット配信のニュースを見ていたら、同じポイントで撮影された写真がアップされていました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3367940/

Posted on 2007/10/28 Sun. 18:21 [edit]

category: ぶらぶら

TB: 0    CM: 0

28

紫イモコロッケ 

 紫イモと紅アズマと坂出金時、さつまいもの3品種をいただいた。このイモにまつわるエピソードがとっても素敵。

 話はさかのぼること、お父さんの誕生日プレゼントに本人に聞いてみたところ、なんとサツマイモの苗をリクエストされたそうな。そこでこれらの品種の苗をプレゼントしたところ、実りの秋を迎え大きく実を結び届けられたということだそうだ。そんな幸せのおすそ分けを我が家にも。娘からプレゼントされた苗を一生懸命育てて、そして収穫を楽しみに、水をあげるたびに娘の顔が目に浮かんだりするのだろうか。なんだかこういうエピソードって心あたたまっていいね。

 こちらは、紫イモ
そこで紫イモコロッケを作ってみました。もう少しなめらかになるまでねらなくったいけなかったけど、愛情たっぷりつまった紫イモコロッケのおいしかったこと。どうも、ごちそうさま~。

Posted on 2007/10/26 Fri. 17:42 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

26

もったいない 

 日本人独特の考え方「もったいない」が世界共通語になろうとしている中、間違った使い方をしてほしくないなぁ~と思います。
 例えば、身近なことで「もったいない」を探すと、私の使っている赤鉛筆。原稿を校正する際には赤鉛筆が欠かせません。ボールペンや、マジックペンなど色々使ってみましたが、赤鉛筆ほど手にしっくりとなじむものはないと愛用してます。でも使用頻度が高いため、削るたびに小さくなり、いまや手にもつのもやっとという状態。それでも「もったいない」のでまだ使ってます。キャップをつけても手にもてないという状態になるまで使うことでしょう。こういうのを「もったいない」と言うのだと私は思っていました。

 賞味期限が切れた過剰在庫が「もったいない」という気持ちから、賞味期限を改ざんしてまた出荷し、さらにあまったものを再利用しましたと責任者の方が説明されましたが、それは「もったいない」のではなく、あまるほど作ったことに問題があるのではないのでしょうか?

 以前大阪駅のキオスクでこの商品が売られていたのを見て、不思議に思ったものです。伊勢参りのおみやげでしか購入できなかったものが、大阪駅で売られているその光景が異様に感じられたからです。でもその場所に行かずとも手にいれることができる便利さから、つい購入しました。その時、A在庫、B在庫という言葉を耳にしたことがあります。考えたら、一種類しかない商品に対しA、Bっておかしいですよね。その時の意味がようやくわかりました。もう消化した今となっては遅いですが。

 なんだかせっかくの「もったいない」精神が、このような使い方をされたら、ちょっとひとこと言いたくなってしまいました。なんでもポイポイ捨てるのではなく、使えるものは工夫して使っていこうというのが「もったいない」という気持ちの表れなのにね。

Posted on 2007/10/24 Wed. 14:16 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

24

いびき 

少しだけ開いたドアのそばを陣取るぐぅ。

 寒くなってくると、部屋の温度を下げないようにと、部屋を閉めきって作業することが多くなりますが、我が家のぐぅは部屋のドアを閉めるという行為を許可してくれません。どんなに寒くても、出入りが閉ざされてしまうと自分の好きなように行動できません。なので、「このドア開けて」と合図します。それを我が家では「ノックしてる」と表現し、「ぐぅがノックしてるから、ドアちょっとだけ開けとかな」と言っては、ぐぅが出入りできる10cmほどの隙間を開けます。

 まだ何とか耐えられる温度だからいいのですが、これから室内の温度が10度をきるようなことになったら、ドアが少しでも開いているだけで、室内の温度は暖房しても一向にあたたまりません。毎年、冬になるとこの隙間に悩まされる我が家です。

 冬の間だけ、各部屋自由に出入りできないように閉じ込めたらいいという方法が我が家の選択肢にないため、ペットが出入りできるようなドアを取り付けてみることを検討してみましたが、犬なら2、3回教えればわかることも、うさぎに理解できるのかどうか疑問です。悩ましい隙間、今年はどうやって乗り切りましょうか。

 さて、本題からそれましたが、前にも書いたかどうか忘れましたが、ようやくぐぅのいびきをデジカメにおさめることができました。時計の秒針の音が異様に大きく響いていますが、その合間に「プー・プー(12秒過ぎ)、プキュー(17秒過ぎ)」といびきが聞こえ、その後「クシュン(20秒過ぎ)」とくしゃみをし、さらに体がゆらゆら(24秒過ぎ)と、こんな隙間で寝てるんですよ。カーペットの上とか、座布団の上とか、居心地よい場所は、他にもいっぱいあるというのにね。
「プープー」といびきムービー(8.5メガ) ←クリック

Posted on 2007/10/24 Wed. 13:16 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

24

健康診断 

 毎年6月になると、市が一部費用を負担し受診できる健康診断があるのですが、今年は多忙だったため受けられずあきらめていたところ、主人が勤める会社の健康診断を家族も受診できるとのことで、今年もなんとか健康診断を受診できました。

 というのも、友人が私の体のことを心配してくれて、常日頃から「病院に行かな」と言われていたから。健康診断の結果が出るのは一ヵ月後ぐらいだけど、足に時々走る激痛は血流の悪さからくるものではないみたい。なんといっても運動不足からくる筋肉の衰えが一番の原因みたいだけど、腰骨にかかる神経に異常がある場合、一見関係ないようだけど足に痛みがでたりと、こちらは整形外科の分野だそう。

 この整形外科が、恐ろしく混んでいるのよね。3時間、4時間待ち当たり前で、予約を入れていても関係ないぐらい待たされてしまうから、どうしても足が遠のいてしまう。時々くる痛みは耐えがたいけど、しばらく耐えるとそのうちに消えてしまうから、余計にね。。

 でも私が倒れたりでもしたらって心配してくれる友人がそばにいてくれるって思っただけでも、なんとも心強いことなのよね。本当に。いつも、ありがとう~。
「ありがとうでちゅ」お口がハートのぐぅより

Posted on 2007/10/23 Tue. 13:54 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

23

炭入り麩 

 ぐぅが炭入り麩を食べている様子が見たいとのことで、さっそくネタをいただきはりきって撮影してみました。
こちらが炭入り麩、あげすぎると太るので1日1個と決めてます。ぐぅは前歯がないので、噛み切ることができないため、これを食べやすいようにほぐします。その間、その何秒かの作業が待ちきれないぐぅは、私の足に飛びついてなんとか食べようと必死です。

「はい、おまちどうさま」とお皿を口元に持っていくと、私を押し倒さんばかりの勢いで急いで食べ始めます。そんなに急ぐ必要はないと思うのだけど、急がなければ私に食べられると思っているみたい(^^;

そんなぐぅの姿をムービーで。
お麩むしゃむしゃムービー(12メガ) ←クリック
カメラをぐぅに近づけたのは、ぐぅがむしゃむしゃ音を立てて食べている音が少しでも拾えたらと思ったまでです。そしてもうお皿に残ってないのに、いつまでもお皿をペロペロ余韻にひたるぐぅ。ピンボケはあいかわらずですが、よろしかったらムービーもどうぞ。

炭入り麩について、以前ブログにアップした記事はこちらです。
2006年11月6日炭入り麩の記事> 

Posted on 2007/10/21 Sun. 11:23 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

21