10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

手続き 

 月末で大混雑の銀行。ATMの順番待ちをして、送金手続きをしたまではよかったのだけど、1点不明な部分があったので、問い合わせをしようと係りの人に声をかけようとした瞬間、別の問い合わせ事項があった年配の女性に声をかけられた係りの人はそのまま行ってしまった。

 私もなんとかお願いしようとしたところ、係りの人も手がいっぱいだったため、そこで別の担当者を呼ぶ努力をしてくれた。しかし、大混雑の銀行、手の空いている人もおらず、たまたまそこを通りがかった部長クラス?の方が対応してくれることに。

 私が行った手続きは、他銀行への振込みで、今回たまたま振込み先銀行がジャ○○ネット銀行で、この銀行は二重ロックがかかっているため、振込み先の口座番号だけでなく、振込み相手の名前もきちんと入力しなければ、エラーで戻ってきてしまう。入力する際、なんだかおかしいなーと思ったのは、振込先の名前が正しく表示されていなかったことだった。

 なんと、私がきちんと名前を入れる前に、冬のコートを着たまま画面で手続きした際、コートの袖口が画面に触れ、運悪くそのまま入力されてしまい、訂正できなかった。私もなんとなく違和感はありながらも「これでいいのだ~」と、そのまま手続きしてしまった。でもこのままでは、担当者いわく振込先エラーで振込みできないとのこと。

 なんてこったい!!

 では、もう一度正しく振り込み手続きをするから、今回の分はなかったことにしてと頼むと、一旦相手先の銀行に振り込まれたお金を元の状態に戻すには、振り戻し手数料が、振込み手数料の倍かかるとのこと。

 OhーーNoーーーー!!

 でも、ここで引き下がる訳にはいかない。銀行では、振込み先の銀行が、振込み先エラーで打電され始めて、送金者に連絡を取り、「相違のため振込みできませんでした。つきましては、ハンコ持参の上、訂正手続きに来てください」と伝えるらしい。

 それもいつ連絡が入るかわからない(手続き上、また件数などにより)ので、銀行の営業時間内に連絡がこなければ、その日の送金は不可能となる。

 入力ミスをおこなったことは棚にあげ(^^;、振込み証明の紙切れと、正しい振込み名を記載した用紙が目の前にあったため、それらを見せて「なんとかしてください」とお願いすると、その部長クラスの方は「承知しました」と、こちらからすると二度手間となる部分(もう一度呼び出しが来るまで家で待機)を省き、訂正書類のハンコも拇印で済ませ、「必ず今日中に手続きしておきます」と。

 自分のミスとはいえ、話のわかる方でよかった!おかげでたすかちゃった。

Posted on 2007/11/30 Fri. 11:30 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

30

とっておきの顔、でもその前に 

朝、目覚めると、ぐぅがとっておきの顔をして私に挨拶してくれます。私の方をしっかりと見つめて、私の大好きな表情を浮かべて見上げてくれるものだから、うれしくって「ぐぅ~」って思わず抱きしめたくなっちゃうのだけど。。。。その前に
「なんかやることがあるでしょ」と、ペレットが入っている箱の前で器用におでこで箱の蓋を開け、ペレットの催促を忘れないぐぅなのでした。

 そしてペレットを食べ終わると、「まだいるの?」とばかりに私のことを無視するのであ~る。そこに可愛げなどあろうわけもなく!

Posted on 2007/11/19 Mon. 15:47 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

19

結婚記念日 



 結婚19年目の記念日に、ぐぅが指にキッスしてくれました。いつものペロペロと違って、チュって感じで。その瞬間が可愛くて、思わずパシャリ!でもぶれちゃった(^^;

 キッスしてくれる前は、私の指の匂いをクンクンと嗅ぎ、そしておもむろにキッスしてくれたので、何かおいしい匂いがしただけかもしれませんが。

 そう結婚記念日。あっという間の19年目。紙婚式から始まり、ようやく来年20年目で磁器婚になります。磁器まで固くなれば、ちょっとやそっと叩いたぐらいで割れることもなく、外面上は艶が少しでてきたぐらいでしょうか。ひかり輝いてくるのはさらに年月を重ね、25年で銀婚式、30年で真珠婚式、50年で金婚式、75年でダイヤモンド婚式と、これから少しずつ輝きを増す夫婦になれるよう少しは努力しつつ、今のまま自然体でいけるといいなぁ~。

Posted on 2007/11/18 Sun. 15:22 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

18

2007年流行語 

 2007年流行語大賞ノミネート語が発表になりました。「今年も色々なことがあったなぁ~」って、もうそんな時期なの?一日一日の過ぎるのが早いこと。。

 私にとって今年一年を象徴する言葉は、「バラバラ」。バラバラ殺人事件で始まった2007年は、季節感もバラバラ。5月が真夏並みの暑さかと思えば、6月に梅雨はなく、7月は雨ばかり、9月10月は気温の高い日々が続き、そしていきなりの真冬日。また親子関係がぎくしゃくして、短絡的な凶行に及んでしまうのも、それぞれの気持ちが少しでもつながっていれば、話し合いでなんとか解決できなかったのだろうかと思ってしまう。さらには日本の政界もバラバラ。

 もちろんそんな言葉は流行語になるわけがないので、ずらりと並んだ流行語を見ると、どの言葉もあまりピンとこないというのが現実。そんな中、やはり今年の顔、そこから生まれた言葉「そのままショック」が大賞じゃないかしら。どんなにマスコミに持ち上げられようとも決して舞い上がることもなく、また自分を見失うこともなく、周囲に協力を惜しまない環境を作り上げていく。「宮崎をどげんかせんといかん」という気持ちから始まったそのまんまショックは、誰もが驚くような成果へと実を結びつつあり、これらのことを成し遂げたという自信は、この方を支える優秀なブレーンがいるということもあるでしょうけど、それだけの知識を身につけたという実績があるからこそなのでしょうね。

 この方の活躍を見て、だれものが華麗なる転身と思うかもしれないけれど、もしかしたら目覚めかもしれないですね。好きこそものの上手なれ、好きなことに打ち込む努力は、決してつらいものではなく、いつの日か目覚めるための序章にすぎない。。な~んてね。
それともこっちか(笑) 
 ユー・キャン2007年新語・流行語大賞候補
 http://www.jiyu.co.jp/singo/

Posted on 2007/11/16 Fri. 13:59 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

16

日向ぼっこ 

ベットの上にちょこんと乗って日向ぼっこ。窓にレースのカーテンを引いていないと、ここには決して上ってこない。レースのカーテンを開け放した方が陽射しをもっと受けられるのに、窓の外で鳥が横切る姿が目に入るのが怖いらしい。

 うさぎの視力は、ほとんどないに等しいとか。というのは、右目と左目の視点が合わさらないため、常に輪郭がぼやけたものを見ているという状態。これは目が横についているためで、その代わりに視界を横切る影など動くものには敏感に反応する。

 例えばうさぎの視界に入る状態で手のひらをじっとさせていても無表情なのに、手のひらを左右に動かすとびくっと反応するというように。ここではレースのカーテンさえ引いておけば、視界に動く影が入らず安心して過ごせ、太陽の陽射しを思う存分あびれる最適な場所ということで、レースの模様が入ってしまいますが、おくつろぎのぐぅの姿をパチリ。

Posted on 2007/11/14 Wed. 12:05 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

14

イライラ 

 産経新聞17面の特集記事「待てない人々 数分間でイライラ」と題し、ここ最近の傾向として待てない人々が増えたという内容の記事が掲載されました。

 シチズンホールディングス平成15年首都圏ビジネスパーソン400人対象の「待ち時間」アンケートによると、
 ・総合病院呼ばれるまで 30分
 ・通勤時の電車の遅れ 5分
 ・スーパー&コンビニのレジ待ち 3分
 ・パソコンが立ち上がるまで 1分
 ・インターネットのコンテンツにつながるまで 10秒

 待てる時間の平均がどんどん短くなっているだけでなく、これ以上長く待たせたらイライラし、あげくの果てに待たされたことに対して暴言へとつながるケースもあるとのこと。
 
 「うーん」私も気をつけなくっちゃと思うことばかり。

 総合病院は、呼ばれるまで約2時間は待たされるし、治療は1分もしくは2分、さらに会計まで30分、薬をもらうのに10分はかかります。朝9時過ぎに病院に入り、終わるのは12時過ぎというパターンが通常コース。ここに検査が入ると、さらに時間はかかっていく。

 電車は、5分で次の電車が来て当たり前というのに慣れてしまうと、10分、ましてや20分なんて、とても待てなくなるだろうな。ちなみに我が家の路線は1時間に1本しかないから、電車に乗り遅れると、一旦駅から出て、温かいコーヒーにお菓子を買って来て、駅のベンチで本を読みながら時間を潰すというのが当たり前で、自分一人だったらイライラするかもしれないけれど、周りも同じように特にイライラする訳でもなくのんびり待っている姿をみると、「イライラしてもしょーがない」と思うことができるのよね。

 スーパーのレジは、1秒でも早くと混んでいない列を探して並んでしまうことから、少しでも待たされるとイライラするかも。イライラしてもしょうがないのにと思いつつ、並んでいる間になにか楽しめることがあると喜んで待てるかもしれないのにね。例えば足元に点滅するランプの上に乗った時に大当たりがでたら、レジで半額とか、次にきた時にお米半額とか。コンビニだったら、おでん1個サービスとかね。それだったらイライラしないで、ドキドキしながら待てそう。

 パソコンが立ち上がるまで1分以上は待てないという気持ちすごくわかるような気がする。私もパソコンが立ち上がる1分だって待てないから、電源は落とさずにノートパソコンなので、そのままノートの蓋を閉めてしまえば電源が切れ、再び開くとすぐに復活する。これはとても便利な機能だけれども、本来は作業が終わったら電源を落としてあげたほうがパソコンのためにはいいんでしょうね。

 コンテンツにつながるまで10秒しか待てないというのは、ちょっと早すぎるのではと思いつつも、いざ自分はというとよっぽど見たいと思うページ以外は、ページ表示に10秒以上かかる場合はキャンセルしているような気がします。

 かといって、すべてが待てないということではなく、ピーターラビット好きなお友達が集まってお茶会という名のオフ会を開催する時などは、レストランで注文した料理がテーブルに届いているにもかかわらず、食べるのを忘れるぐらい話に夢中になってということもあったり。ピーターのイベントショップのレジ待ち時間は、もうそれはそれは30分ぐらいかかってしまうこともあるけれど、これをゲットするという目的のためには待ち時間もなんのそのですものね。

 「待つ=楽しい」と思えばいいのかな。例え待たされることがあっても、イライラしないように気をつけなくっちゃ。
「ぼくはペレットが出てくるまで1秒たりとも待ってられないですね~早くいれてください」Fromぐぅ

 シチズンホールディングス(株)意識調査について
 http://www.citizen.co.jp/research/other/about.html

Posted on 2007/11/13 Tue. 11:18 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

13