タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

雪景色

2008.01.22(14:50) 988

 日曜日の晩から降りだした雪は、10cmほどでしょうか。ようやく陽射しが戻り、雪がとけ地面が出てきたので、雪をバックにぐぅの記念撮影をすることにしました。しかし、心配なのはぐぅの体調。高齢になるにつれ、寒さに弱くなり、すぐに下痢してしまうため、なかなか外に連れ出す勇気がなく、今回の撮影もほんの数分で終了となった。
 「ブルブル」Fromぐぅ

 できるだけ乾いている芝生の上を選んだにも関わらず、外に出て何枚か撮影した途端、前足がブルブルと小刻みに震えだし、そうなると震えが止まらない様子。「うさぎは寒さに強いというのは、若い頃の話ねぇ」と、改めて認識。老いが始まった体には、この寒さはこたえるようだ。
 本当ならここにぐぅの足跡をいっぱいつけてもらいたかったのにね。
 「ラビットダンス」という品種のパンジー。花びらの2枚がうさぎの耳のように見えなくもない。もう少しあたたかくなると、たくさんの花を咲かせて、風にゆられダンスしているように見えるのかな。楽しみ!

スポンサーサイト

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

大好きな表情

2008.01.20(14:09) 987

 私が好きなぐぅの表情のひとつに、主人に抱っこされている時のぐぅの顔というのがあります。
 「ぴたっ」Fromぐぅ

 どうです、ぐぅの安心しきったこの表情。抱っこされているとは思えないですよね。それも片手抱っこなんですよ。そのうち、ペロペロと主人の腕をなめたり、ずっとこのまま抱っこしていたらそのまま寝てしまうのではないかと思うほどです。

 もし仮に私が抱っこしたら、不安でいたたまれない情けない表情を浮かべているぐぅがいることでしょう。そして足蹴りをかませて、すぐに腕の中から飛び出していくものだから、とてもじゃないけど抱っこしたまま立ち上がれない。いいとこ10秒、いつもは3秒で腕の中から逃げ出していく。

 抱っこする際は、後ろ足をしっかりとささえてあげて、お尻を優しく包み込んで、抱きかかえているはずなんだけど、主人と私とでは何かが違うらしい。体が不自由になったら抱っこして移動することも増えるだろうから、早く私も一人前に抱っこできるようにならなくてはと思いつつ、今のところそんな心配ご無用ですね。

 
 

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

午前中その2

2008.01.17(11:50) 986

 今日も再び午前中ネタ。今日もベットの上に。。。あれ、いない!
 「。。。。」Fromぐぅ

 私「おかしいなぁ~。ベットの上にいるはずなんだけど」と、つぶやきながらベットの上をよく見ると、何かがモゾッと動いた。

 「ん、ん!みつかちゃった!」Fromぐぅ

 私「こんなところに隠れてたのね。もう、ぐぅってば」

 ベットカバーの折り返しにすっぽりはまってぬくぬくしていたぐぅ。もうおかしいったらありゃしない。 

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

午前中

2008.01.16(11:37) 985

 友人から電話があり、ぐぅの話題となった。

 友「ぐぅちゃん、今何してるの?」
 私「さぁ、この時間ベットの上でくつろいでいるじゃない?」

 なんて言ったものの、果たしてベットの上にいるのか!!
 「う~~~ん」Fromぐぅ

 いた!!天気が良い午前中は、ちょうどベットの上に陽射しが入るもので、ここでくつろいでいることが多い。私がのぞくと、どこかに連れて行かれるかもしれないと緊張するものの、私が離れると再び足をのばしてでろ~~ん。のどかな午後の昼下がりじゃないんだから。午前中、いかに効率よく仕事するかで、その日の作業効率が決まるのよ。

 「ぼくは寝るのが仕事だからねぇ~」Fromぐぅ


ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

牧草タイム

2008.01.15(11:03) 984

 朝、ペレットを食べ終え、ケージの掃除が終わった後は牧草タイム「ショリショリ」Fromぐぅ
 牧草ショリショリムービー(17メガ、53秒、AVI形式) ←クリック

 牧草入れ一杯になった牧草をムシャムシャ、ショリショリと食べ始めたぐぅ。そんな牧草を食べている様子をムービーで。途中、動きが止まった(ムービー開始9秒後)のは、庭にやってきた鳥が「チュンチュン」と鳴き始めたことに対してぐぅが反応したため。さらに体の向きを変え、もっとよく聞こえるように左耳をぐっと突き出している(開始38秒後)。

 それでもまだ納得いかないぐぅは、とうとう牧草をくわえたまま(一度口にしたものは決して離さない!ウサ常識2)、この鳴き声は自分にとって危険かどうか確かめるべく座布団の位置(開始42秒)まで移動。こういう時のうさぎは、頭の中で過去の体験と今の状況を照らし合わせ、緻密な計算をしていることでしょう。まるで、ちょっと前にドラマで放送されていたガリレオ先生のように。

 「な~んだ、どーってことないやん」Fromぐぅ

 という訳で、再び牧草ショリショリ。牧草を食べている合間に
 ●コロンムービー(8.5メガ、8秒、AVI形式) ←クリック
 ムービー開始直後に、金属のカンという音がするのは、ぐぅの●が網に当たる音。そう食べながら出る●はその場に置き去りだけど、自らの意思で●する場合はトイレに立ち寄るぐぅ。でもそのなんとも言えないぶさいく顔はやめてほしいけど。

 そしてまた向きを変え食べ始める。
 「おら~おら~」Fromぐぅ
 その食べる勢いたるや、すさまじい。あっという間に山がなくなっていく。お腹の調子の良い時、牧草がおいしいと思う時、こういう時は本当においしそうに食べてくれるぐぅ。

 逆に言えば、お腹の調子が悪かったり、この牧草おいしくないという時は、まったく食べてくれない。本当にわかりやすい子なのです。男の子はそういう点では飼いやすいのかもしれませんね。女の子は、男の子以上に気分屋さんだから~。でも女の子は年を重ねるごとに、その魅力がまして、なんだか頼りになる存在へと成長していくのですよ。初めてペットを迎えようと思う方は、どちらにするかすごく迷うところでしょうね。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

綿100%

2008.01.15(10:27) 983

 冬の肌のトラブルは、「冬はとくに乾燥が激しく、肌の保湿成分が失われ、外部からの刺激に敏感になり、かゆみを感じる」と新聞の特集記事に掲載されていた。

 肌のかゆみの対処法も掲載されていて、入浴中ゴシゴシこすらない、泡で包み込むように洗うこと。風呂上りに保湿クリームやローションを肌に染み込ませる。それから肌への刺激の少ない木綿のインナーを着用することなどが書かれていた。

 この時期、本当に背中がかゆくて、かゆくて、なるべくかかないように我慢するのだけれども、そういえばインナーは綿100%じゃないかも。直接肌に触れる部分だから、肌にやさしい方がいいものね。インナーの製品表示をよく見ると、ナイロンやポリウレタンが混合してあったり、あたたかさを追求したアクリル製もあったりと。

 かゆみがひどくなる前に、化学繊維のインナーはやめて、全部木綿に変えなければ。

 体の中から失われつつある肌の保湿成分を補うため、再びコエンザイムQ10も飲み始めることに。失われるものはどんどん取り込めばなんとかなるかしら。

 

ラピータの部屋「今日のひとこと」


2008年01月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 雪景色(01/22)
  3. 大好きな表情(01/20)
  4. 午前中その2(01/17)
  5. 午前中(01/16)
  6. 牧草タイム(01/15)
  7. 綿100%(01/15)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。