タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「バレエ ピーターラビットと仲間たち」

2009.02.27(16:21) 1174

 Kバレエ・カンパニーのWinter2009年の公演「バレエ・ピーターラビットと仲間たち」を見に行ってきました。昨年の11月にチケットを入手し、指折り数えて迎えた当日。まさしく、これぞ夢の世界、可愛くて、可愛くて、舞台にかけあがり、「ありがとう~」と出演キャラクターたちみんなに賛辞を送りたい、そんな気分になりました。

 もちろん、カーテンコールはいつまでも鳴り止むことがなく、何度も何度もそれに応えてくれたピーターと仲間たち。そんな彼らが舞台で一同に揃った姿は、ポターが描いたもうひとつの作品のように可愛くて、感動して思わず目がウルッとしたのは内緒です。

 はじまりは、柱時計が4つの鐘を鳴らすところからでした。

 「ボーン、ボーン、ボーン、ボーン」

 誰もがまだ深い眠りに落ちている頃、まちねずみジョニーが階段下の踊り場で旅に出かける用意をし、そしてネズミ仲間たちと晩餐の宴を楽しみます。

 冒頭のシーンは、舞台の前面にフィルターのような幕がかかり、客席から見ていると舞台で踊っているネズミたちが、動物本来の大きさに見えるから不思議です。もちろん舞台に描かれる背景も視覚効果を計算して、野菜カゴがジョニーよりもはるかに大きく見えるように描かれていたりと、これら視覚効果のおかげで、冒頭のつかみから、物語のシーンに一気に入り込めることができました。

 その後舞台は、まちねずみジョニーが、ビアトリクス・ポターの描いた物語の名場面を旅をするかのように展開されていき、いつの間にかこれは着ぐるみを着用したダンサーが踊っていることを忘れてしまうほどでした。というのも、キャラクターたちのそれぞれの動きがダンサーに乗りうつっていたからです。

 この公演が生まれたきっかけなどは、公演プログラム「Tetuya Kumakawa K-Ballet Company Winter 2009 Tales of Beatrix Potter & Prodigal Son」にある『イギリスが愛し続ける振付家アシュトンと「バレエ ピーターラビットと仲間たち」』に、この公演(舞台)が生まれたきっかけから、公演の完成度の高さなどの詳しい解説がありましたので、ぜひご覧ください。

 1971年、英国で「バレエ ピーターラビットと仲間たち」の映画版が完成し、やがて1992年冬、英国ロイヤル・バレエ団にて70分の舞台となり、そして2009年にKバレエ・カンパニーによる日本公演へと、ここにもまたビアトリクス・ポターを語るうえでかかせない長い歴史を感じ、そんなエピソードを読むにつれ感動し、また目がウルッと。

 とにもかくにもこの70分の舞台は、すべてがパーフェクト!

 振付、音楽、舞台装置、照明、そしてダンサーの衣装の着ぐるみ、それからこれら振付をマスターし、ピーターと仲間たちに演じきったダンサーたち。

 すべてに拍手、拍手、また拍手。感動をありがとう~!!ブラボーーーーー!!!!!

  <公演プログラム表紙 1部 3000円>
スポンサーサイト

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

朝の10分マッサージ

2009.02.25(17:48) 1173

 うさぎたちと一緒に暮らしていた時、春先の一日の気温変動が激しいこの時期はとにかく大嫌いでした。

 朝は元気に動き回っていたと思ったら、突然夜になって食欲がなくなり、みるみる内に様態が急変するということが、実際に起きましたし、起きるのではという恐怖がいつもつきまとったからです。そんな時、毎日おこなっていたのが、早朝(毎朝6時頃)の10分間マッサージです。

 「おはよう、ぐぅ。さぁ、マッサージしましょうね」

 どんなに寝坊をしてもこのマッサージは欠かせることなく、主人の弁当作りを欠かしたことはよくありましたが。

 特に念入りにおこなっていたのが、耳のマッサージでした。というのも、ぐぅのママ、プロプシーがいつもぐぅに耳のマッサージをしてあげていたからです。そんな姿をよく目にしていた私は、自然とぐぅの耳のマッサージをいつもママがやってあげていたみたいにやってあげていました。

 ママの耳マッサージムービー(2.3メガ、16秒、AVI形式) ←クリック
 ぐぅのママ、プロプシーが、このようにしょっちゅう耳をナメナメして刺激をおくっていました。ぐぅは本当に気持ちよさそうにしています。
 
 早朝の耳マッサージは、うさぎにとってゴールデンタイム。
 耳マッサージムービー(2.3メガ、16秒、mpg形式) ←クリック
 こうやって、ママがナメナメする感覚で、やさしく、やさしくなでてあげると、ぐぅもママの感触を思い出して、リラックスしてます。

 10分間もマッサージすると、冷え切った耳はホカホカになっているはず。この時期を元気に乗り切ってもらうためにも、ゴールデンマッサージしてあげてくださいね。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

深窓の令描(れいびょう)

2009.02.15(09:44) 1172

 <深窓の令嬢ならぬ、令猫(れいびょう)>

 どうです?素敵でしょう?!決して、猫の置物ではありませんよ。

 お隣の猫、スコティッシュ・フォールドのさくちゃんです。アイビーがからまる出窓から、大好きな外の世界を眺めるものの、外に連れ出すことはせず家猫として育てなくっちゃいけない猫なんだとか。一緒に住むトムは、年がら年中、外の世界を歩き回っているというのにね。

  さくちゃん「私もたまにはお外にでたいわ」

 という、つぶやきが聞こえそうです。

 先月末には、トムから伝染した猫インフルエンザにかかり、鼻水とよだれで何も口にすることができず、動物病院に入院して点滴治療を受けていたとか。すっかり元気になったさくちゃん、春の陽気に連れられて、外の世界への感心が強まってきたのでしょうか。

 それにしても猫って「可愛い」というよりも、「美しい」って言葉が似合いますね。さくちゃんの写真の表情は、「ネコとしあわせに暮らすための魔法のなで方」という著書によると、「警戒・興味の顔」なんだとか。

 「ネコとしあわせに暮らすための魔法のなで方」おくだひろこ(著)主婦と生活社(刊)2008年

 心とカラダのバランスを整えて、こわがり、イライラを解消してくれる、魔法のなで方がたくさん紹介されています。猫はマッサージもさることながら、Tタッチでのアプローチも色々あり、ふれる部位により違った反応を確かめられるのが楽しそうですね。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

スコットランドの赤リス保護プロジェクト

2009.02.10(17:05) 1171

 <カンブリアで購入した赤リスのポストカード>

 スコットランドの赤リス(Red Squirrels)生息地を保護するためのプロジェクトが始動しました。

 英国在来種である赤リスは19世紀に北米から持ち込まれた灰色リスにより激減。スコットランドには、英国の75%の赤リス12万1000匹が生息しているため、これら赤リスの生息地を保護するために130万ポンドを費やすプロジェクトが立ちあげられました。

 記事引用:BBC NEWS http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/7878855.stm
 日本語訳:英国ニュースダイジェスト

 灰色リスには、「squirrel pox virus」という菌があり、赤リスがこの菌に感染すると14日以内に死んでしまうそうです。

 このプロジェクト名は「Saving Scotland's Red Squirrels (SSRS) 」で、参加している団体はこちら。
 
 The Scottish Wildlife Trust (SWT) http://www.swt.org.uk/
 Scottish Natural Heritage (SNH)
 Forestry Commission Scotland (FCS)
 The Scottish Rural Property and Business Association (SRPBA)

 赤リス、ナトキンの子孫たちが、絶滅してしまうなんてことがあるのでしょうか。そんなことは絶対に阻止しなければなりません。このプロジェクトが成功することを心から祈りたいと思います。

 記事引用のBBCのページの一番下に、赤色リスと灰色リスの分布図が掲載されていました。スコットランドにものすごい勢いで灰色リスの生息地が広がっていることを示しています。 

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

人気の資格

2009.02.10(16:35) 1170

 TVで「資格取得のため、受講生が今年になり急増」という特集を放送していました。

 人気の資格 第1位 行政書士
          第2位 簿記
          第3位 医療事務

 それに対し、求人倍率の高い資格は、電気工事士、大型第2種自動車運転免許だそうです。これって、うちの父親、両方とも持ってたような。

 電気工事士は、取得するのに電気の基礎知識を覚えなくてはならないから、好きな人ならともかく、「かなり難しい」と父親が以前言ってたような。また、大型第2種自動車運転免許にいたっては、講習費用に59万円もかかるのだとか!!

 資格取得って、なんとなくあこがれますよね。私のOL時代に大人気だったのは、ワープロ検定の資格だったけど、現在はどうなんでしょう?

 通信講座の人気資格で、目を引いたのが「調剤薬局事務」でした。何でも資格取得の教材テキストの印刷が間に合わないぐらい、受講申し込みが殺到しているとか。

 不況の時代の今だからこそ、手に職をと前向きにがんばっている方が大勢いるって思うと、なんとなく私もがんばらなくっちゃと思うのだけど、三日坊主なんですよね。(チャン、チャン) 

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

ビアトリクス・ポター協会の申し込み

2009.02.08(12:13) 1169

 ビアトリクス・ポター協会の2009年メンバーカードが届きました。この会に入会申し込みをするには、入会申し込み書に必要事項を記入して、郵送で事務局に送ると申し込み手続きが完了するのですが、申し込み月から年4回のニュースレターが届く、その年度の4冊目になると、次の年度の申し込み用紙が一緒に届き、再び更新手続きをするという仕組みです。

 もちろんすべての手続きは英語ですし、ニュースレターもすべて英語、英語が苦手な私にとっては入会しても宝の持ち腐れ状態です。

 しかし、毎日苦手な英語に接している内に、チンプンカンプンだった入会申し込み書の内容がなんとなく分かるようになってきて、

 封筒の中に、メンバーカードを送付するために
 小さな封筒をいれ、送り先の〇〇さんのところに
 この形で戻してくれればうれしいです。


 と、書かれてあり、入会申し込み用紙と一緒に、自分の宛先を書いた白い封筒を入れて送ったところ、無事その封筒でメンバーカードが送られてきました。

 「意思疎通」といったところでしょうか?!

 この封筒は英語への第一歩として大事にとっておくことにします。
 いつか、ビアトリクス・ポター協会が主催する旅行に参加して、あちこち巡る旅ができることを願って。

*ビアトリクス・ポター協会とは
 英国で1980年に発足した「THE BEATRIX POTTER SOCIETY」のことです。ビアトリクス・ポターの研究家たちによって設立されましたが、現在は世界各国のファンも参加しています。年4回のニュース・レターの発行、隔年に開催される国際会議、ビアトリクス・ポターゆかりの地を巡る旅行、特に「Reading(絵本読み聞かせ運動)」には力をいれていて、活動をする団体への支援なども積極的におこなっています。

 「THE BEATRIX POTTER SOCIETY」 http://www.beatrixpottersociety.org.uk/


ラピータの部屋「今日のひとこと」


2009年02月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 「バレエ ピーターラビットと仲間たち」(02/27)
  3. 朝の10分マッサージ(02/25)
  4. 深窓の令描(れいびょう)(02/15)
  5. スコットランドの赤リス保護プロジェクト(02/10)
  6. 人気の資格(02/10)
  7. ビアトリクス・ポター協会の申し込み(02/08)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。