11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

今日のひとこと

大好きなうさぎ、趣味のハイキング、写真撮影など。日々の暮らしの中で心に刻んだ出来事を記事にします。

乙女口から金時山ハイキング 

 今回は、箱根の乙女口から乙女峠を経由して、金時山に向かうコースでハイキングしました。乙女峠は初挑戦です。
 出発地点の乙女口の道標。ここから乙女峠までは40分のコース。
 途中の登山道は、霜柱がとけた後のぐちゃぐちゃ状態で、足元に注意しながらゆっくり進みます。こんなコンディションのなか、トレイルランが開催されていて、何人もの走者とすれ違いました。靴底がどんどん厚くなり走りづらそうな様子でしたが、途中コースを間違えた人とも遭遇。乙女峠は、御殿場方面、丸岳・長尾峠方面、箱根仙石原方面の3方向に分岐する地点で、分岐先を間違えてしまったようです。他にも分岐地点で迷っている走者を見かけたので、しばらく勝手に案内役をやっていました。
 乙女峠には、乙女茶屋があります。「飲んでみようか 谷やんのホットコーヒー400円」という看板が入口にありましたが、今回は先を急ぐので次の機会にでも。
 乙女峠の展望台から見る富士山。御殿場市の観光12選にも選ばれています。
 ここから10分ほどで長尾山へ到着。ここは道標だけで、展望も何もありません。さらに、ここから金時山までは35分。乙女峠から金時山までは、長尾山山頂を含めて山のピークが2つあり、木の根がはみ出した登山道を登ったり降りたりしながら進みます。途中、防災ヘリコプターが登山者への注意を促す「ハイキングコースから絶対にはずれないようにしてください」というアナウンスがありました。冬になり、滑落事故の件数が増えているようです。
 金時山にやってきたのは、来月男の子を出産予定の妹へ、「無事生まれますように」と金時山山頂にある祠に奉納し願をかけてきました。お賽銭のところにあるのが、金時茶屋で販売されている金太郎の腹掛けです。
 山頂はあいにく曇でしたが、雲間から差し込む幻想的な光を撮影することに成功しました。

 これで、2009年ハイキング納めです。2010年もたくさんハイキングができますように~。

Posted on 2009/12/27 Sun. 15:53 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

27

映画「アバター」 

 3Dの話題映画「アバター」を観ました。

 映画「アバター」公式サイト
 http://movies.foxjapan.com/avatar/

 今までの飛び出る3Dと違い、映像の奥行きが広がる3Dのため、映像の世界に観客が飛び込むような間隔で観られるという宣伝でしたが、まず3D用の液晶シャッター内蔵メガネが重い上に、厚みもあるため自分の眼鏡の上からかけられない(鼻が低いせいもありますが。。。)、さらにグラスに色がついているためスクリーンの映像が暗く映るのも気になります。

 いよいよ本編が始まり、主人公が惑星パンドラに到着するまでの間は、3D用のメガネをあーでもない、こーでもないといじってばかり。なかなか映像に集中できません。

 映画のストーリーは、CMなどで放映されているダイジェスト版そのもので、宮崎駿監督の「もののけ姫」のような展開です。ストーリーうんぬんよりも、惑星パンドラの美しい世界にひたり、その不思議な景色を楽しんでいる内に、どんどんストーリーに惹きこまれていきました。

 私が一番感動的だった景色は、惑星パンドラに訪れる夜、夜光植物がそれぞれの光を放つ景色でした。特に藤のような花が白く光るマザーツリーの森が幻想的で、アバターという映画のタイトルどおり、映画を見ている自分までもがアバターとして映像の中を歩いているかのような感覚にとらわれるほど感動的な景色です。

 だからこそ、これらの景色がいとも簡単に破壊された時、思わず感情移入が激しくなって、「やめてー」と叫びだしたくなるほどでした。3Dの映像の迫力がそうさせたのかもしれませんね。

 とにもかくにも、話題の3D映画、ご覧になってみてはいかがでしょうか?3D元年の幕開けとなる映画であることは間違いないでしょうね。

Posted on 2009/12/26 Sat. 16:57 [edit]

category: 書籍&映画

TB: 0    CM: 0

26

クリスマスプレゼント 

 「モデルさんの出番ですよ~」とアイコちゃんに声をかけ、頭にサンタ帽子を乗っけたら、ピタッと動きを止め、カメラ目線のアイコちゃん。こんな素晴らしいクリスマス写真が撮影できました。これに気をよくした私は、アイコちゃんと打ち合わせを開始。
 「『アプリイ・ダプリイのわらべうた』に登場する黒うさぎさんのシーンを再現するからよろしくね、アイコちゃん」と言ったところ、一応そのつもりはあったようです。 「フムフム」Fromアイコ
 『アプリイ・ダプリイのわらべうた』より ビアトリクス・ポター(著) なかがわりえこ(訳) 福音館書店(刊)

 わらべうたでは、バスケットに入れてドアの前にニンジンの贈り物をするというシーンで、アイコちゃんは黒うさぎだから、贈り物をもらう方じゃなくて、あげる方なんですけどね。バスケットを持ち上げることで、それらしく撮影することはできましたが、アイコちゃんのニンジンを見つめる目ときたら、完全にモデルさんじゃないですね。
 「ニンジンを目の前にしてじっとしてられるかー」Fromアイコ
 。。。。。。馬の鼻先にニンジンですが、兎の鼻もまったく同じ。バスケットに入ったニンジンを下に置いた途端、歯をむき出し、ニンジンにかぶりつきです。

 このニンジンは、ビアトリクス・ポター資料館のガーデンにて、無農薬で育てられているものです。特別にお裾分けしていただきました。土が良いから、ニンジンの香りが強く、やわらかくて、甘くて、とてもおいしかったと、アイコちゃんの食べっぷりが物語ってました。ありがとうございました。

Posted on 2009/12/25 Fri. 15:25 [edit]

category: うさぎ

TB: 0    CM: 0

25

こども動物自然公園&ビアトリクス・ポター資料館 

 この日は、ビアトリクス・ポター資料館のクリスマス企画展と、森の教室で開催された音楽演奏会を見るため、埼玉県こども動物自然公園にやってきました。

 写真は、園内に飾られたピーターラビットのキャラクターツリー。高さ5メートルはありそうな巨大ツリーに、ピーターやジマイマ、ピグリンにベンジャミンたちが飾りつけされます。これらイベントの模様は、いずれまたレポートにて報告いたします。

 ここでどうしても手に入れたかったものが、「落ちないどうぶつ四天王お守り」です。木の上で生活し、木から落ちないコアラやフタユビナマケモノ、レッサーパンダ、カナダヤマアラシを四天王として、2009年新たに誕生したお守りだそうです。このお守りを受験生のお子様がいるお宅へ届けたくて、その思いが通じ無事手に入れることができました!

 受験に必携?落ちない動物のお守り 産経新聞ニュースより(2009/11/26付)
 http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091126/stm0911261200003-n1.htm

 四天王の内の一匹、コアラ。「夢をこの手でつかみ取るまでもうひと踏ん張り。しっかりとしがみついてがんばってね」

Posted on 2009/12/20 Sun. 13:26 [edit]

category: ピーターラビットイベント&報告

TB: 0    CM: 0

20

越前岳ハイキングコース 

 今日は、越前岳ハイキングコースに行ってきました。
 出発地点の十里木高原の標高は880mで、ここから越前岳の頂上1507mまで、2.5キロの道のりを進みます。コースタイムは、登り120分、下り70分。

 十里木高原は、富士サファリパークの近く、十里木バス停を過ぎた先にあります。整備された駐車場もあり、トイレもあるため、ここからハイキングされる方も多く、人気のコースです。
 出発地点から400m歩いた先にある展望台です。ほんの少し登っただけでこんなに素晴らしい富士山が見られるなんて知らなかった。
 展望台の先は、木漏れ日が差し込む林道コースです。足元には霜柱がニョキニョキ生えています。この辺りは、赤土が多く、水分を含みやすいからでしょうか。
 林道を奥へ、上へと進めば進むほど、霜柱が高くなっていきます。焼きたてパイをざっくり切る時の、サクサクという気持ちの良い音が足元から何度も響きます。
 馬の背展望台(標高1100m)。富士山が望める絶景ポイントに、テーブルが設置されています。
 馬の背から80分、出発地点からコースタイム通りの120分で越前岳の山頂に到着。先週ハイキングをさぼったせいなのか、足がだるく、なかなか足が前に進みません。
 しかし、山頂から望む駿河湾のこの絶景に、足のだるさは一瞬で消え去りました。太陽光線の当り具合で、海が銀色にも光るその景色に見とれていると、傍らに私達を途中で追い抜いた年配の方が「素晴らしいでしょ」と声をかけてくださいました。

 「僕はね、この場所に今年だけで52回立っているんだよ。なにしろ登りやすいコースだから」と。

 52回ということは、毎週この山に登っていらっしゃるってことですか?景色に圧倒されたと同じぐらい、その快挙にまたびっくり!

 ところで、初夢に見ると縁起が良いとされている「一富士、二鷹、三茄子」とありますが、これは諸説ありまして、徳川家康が駿河の国で一番高いものは、富士山。そして、二番目に高いものが愛鷹山(アシタカヤマ)、三番目に高いのが正月に食べる茄子の値段 と述べたのが、この諺の言われだという説もあるそうです。

 そう、何故突然こんな話題をふったかと言うのは、越前岳は愛鷹山系の中で一番標高が高い山なので、山頂で見たこの景色を初夢で見たら、来年きっとよいことがみなさんのもとに訪れるかも。な~んてね。

Posted on 2009/12/19 Sat. 21:01 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

19

ショップチャンネル 

 ショップチャンネルにピーターラビットが登場!

 http://www.shopch.jp/ComDetailShow.do?requestNo=368092

 見逃した方も大丈夫です。こちらのサイトで、「商品動画を見る」をクリックすれば、もう一度ご覧いただけます。

 それにしても、ケンタッキーのCM効果なのか、最近あちこちでピーターを見かけるような気がしますね。

Posted on 2009/12/18 Fri. 20:50 [edit]

category: ピーターラビットグッズ

TB: 0    CM: 0

18