08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

箱根大涌谷 神山登山道 

 箱根の大人気観光スポット大涌谷へ、10時過ぎなら駐車場まで渋滞せずに行けると思ったら、既に駐車場は満車で駐車待ちの長い渋滞ができていました。
 駐車待ちをしている間、ガラスルーフ越しに見る景色を撮影。約50分かかり、大涌谷駐車場へとたどりつきました。
 ここを訪れる方のほとんどの方のお目当ては、たまご茶屋の黒たまご。
 できたて、ほやほや、あつあつのたまごを、温泉成分を含んだ水蒸気が噴き出る横でいただく。これが「おいしい」とほっぺたが落ちるはずだったけれども、以前と見た目はまったく変わらないのに温泉成分の独特の味わいがなく、なんだか味が薄まったように感じた。これなら1個食べたら7年長生きの効果は半減といったところか。
 大涌谷から神山へ抜けるハイキングコースのマップをインフォメーションセンターでいただき、ハイキングの用意をしていなかったものの分岐まで20分とあったので体験してみました。
 このコースは、大涌谷から湧き出る温泉成分を含む水蒸気の煙が舞う地帯を通り抜けるだけあり、人体に危険がある場合には自動検知装置がサイレンを鳴らす仕組みらしい。
 樹木もこのように立ち枯れしている状態。遠くに見えるのは、黒たまごを食べたたまご茶屋。

 大涌谷コースを足早に通り過ぎると、ひとつ目の分岐までの20分の道のりは、うっそうと生い茂る森の中をただひたすら登るのみでした。これ以上はスニーカーでは無理そうだったので、次回のお楽しみに。
 こちらは箱根仙石原のススキ。TVCMなどで一躍有名になったスポットは、この日も大勢の観光客が秋の訪れを楽しんでいた。
 帰りに立ち寄ったふじみ茶屋にて、またしてもうさぎさんに出会いました。

スポンサーサイト

Posted on 2010/09/26 Sun. 20:44 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

26

日産デュアリス購入 

 日産デュアリス 20G FOUR 4WD カラー:ラディアントレッド

 4回目の車検を9月に控え車をどうするか真剣に悩みだし、プリウスやインサイトなど話題のハイブリッド車も試乗してみたのですが、やはりもう1回車検に出そうと結論が出かかったある日のこと。

 [#IMAGE|S48#] 「ちょっとディーラーに」

 てっきり次回の車検日の打ち合わせにでも行ったのかなぁと思いきや、何やらカタログ一式もらい検討している様子。

 [#IMAGE|S48#] 「まだ今ならエコカー補助金駆け込み需要に間に合うって」
 [#IMAGE|S17#] 「なんですとーーー」

 という訳で、新車が我が家にやってきました。結局エコカー補助金は一日違いで「間に合わない」というおまけ付きで。

 ハイキングを始めてから山道を走行するのに四駆が欲しいと思っていたところに、普段は二輪駆動で十分なのですが、必要に応じて四駆という人向きにぴったりな、そしてヨーロッパで絶大な人気を誇っているらしいデュアリスの存在が主人の中で大接近してきた模様。

 ヨーロッパ仕様ということで、ドアミラーが大型バス並みに大きく張り出しているように感じるため、狭い道のすれ違いなどは大変ですが、それ以外はとても快適です。特に屋根の四分の三がガラスになってるガラスルーフは、これから紅葉を迎える木々を車内から眺められ開放感が素晴らしい。

 また色々な箇所がハイテクとなり、平均燃費が表示されたり、燃料の残量で航続可能距離まで表示されるなど。車重があるため燃費は良くないけれども、一応エコモードボタンもあり、ゆるやかでスムーズな発進をすることができ、燃費がいくらか向上するらしい。
 納車された車で早速の撮影会した場所は富士山の麓の大野原。太陽の光でススキの穂がキラキラと光ってとても美しいとっておきの場所。あいにく富士山は姿を見せなかったのでススキをバックに。

 それにしても乗ってもみないでカンガルーしちゃった。ま、これでまた10年間は車のことで悩まずに済むのはありがたいけれどもね。

Posted on 2010/09/25 Sat. 16:38 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 2

25

カエル水栓 

 プランターに植えた小松菜にたっぷりと水を注いでいるのに、ちっとも水抜き穴から水が抜ける音がしない。

 どうしたのかしら?
 でーーーん!カエルが水栓になって水抜き穴を塞いでる~
 「あ、失敬!」とは言わないが、カエル水栓がはずれると勢いよく水が抜け出した。
 カエルの姿がどこかに消えると同時に今度はナメクジ親子が「息苦しい」と穴よりはいずりでてきた。

 珍客だらけだこと~。

Posted on 2010/09/24 Fri. 14:15 [edit]

category: ガーデニング

TB: 0    CM: 0

24

「断捨離(だんしゃり)」の「捨」を実行 

 ニュース番組で紹介されていた書籍「断捨離(だんしゃり)」と、モノを捨てられないと困っている人たちをサポートするサービスなどの取材した内容を興味深く見る。

 なんでも、断捨離をするとモノから解放され、気持ちまですっきりと軽くなるのだとか。

 断)必要ないモノをもらう断わる勇気を持つ
   これ欲しいと思っても絶対に欲しいと思うモノしか買わない

 捨)いらないモノはとにかく捨てる
   捨てるべし、捨てるべし、捨てるべし

 離)何故捨てられないか。モノへの執着心がありすぎるため。執着心から離れる
   気持ちを切り替えることで心がすっきり。。。するらしい

 今年の流行語ワードにランクインすると思われる、分かりやすく、誰もが何かしら当てはまり、気にかけていることを見事にピックアップしうまくまとめているなぁ~と感心しきり。

 我が家も本当に必要なものだけを残してまずは「捨てる」ことから始めようと、大好きなタオル製品を処分することから始めた。カラフルなタオルは自分を元気にしてくれるのと、先代のうさぎぐぅの介護でうさぎ用にと肌さわりの良いタオルを集めた時期もあったので、あちこちの棚からでてくる、でてくるタオル類。

 その中でも綺麗そうなまだ十分使用できるタオルは、動物愛護団体に寄付させていただき、わざわざ御礼のお電話まで頂戴してかえって恐縮したけれども、自分が何もできない分頑張って欲しいと言う気持ちが少しでも伝わってうれしかった。

 そしてもう何年も着ていない夏物衣料はこの際思い切って処分したところ、引き出しが随分とすかすかになってきた。調子に乗って、客間としても使用している普段は物置部屋となっているモノというモノを全部総点検したところ、約60キロを処分場に持ち込み処理していただきました。

 しかし、「捨てる」実行しても気分はまったくすっきりせず。もっと思い切って捨てなくてはいけないのか?!いや、でもこれ以上捨てられるものは思いつかず、なかなか書いてある通りにはいかないものだ。

Posted on 2010/09/24 Fri. 11:14 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 2

24

中秋の名月を撮影しに天体観測スポットへ 

 旧暦の8月15日を十五夜としてお月見をする習わし中秋の名月。夜空にぽっかりと浮かぶまん丸お月さまを見たら、誰もが足を止め「美しい」と見とれてしまう。そんな美しい月を撮影しに、天体観測会が度々開催されるスポット、富士山御殿場口五合目駐車場へやってきました。
 うさぎうさぎなに見て跳ねる 十五夜お月さま見て跳ねる

 老いた老人に食べ物を見つけることができなかったうさぎさん
 自らの体を焼いてその身を捧げ、それから月にうさぎさんが住むようになったという

 月の光が明るすぎて普通にシャッターを押すだけでは月のうさぎを撮影できなかった。そこで、光を遮断し暗く写るようシャッター速度を早くして撮影すると見事にうさぎ模様が浮かび上がってきました。やっぱりお月さまにはうさぎさんが住んでいるのですね。
 月明かりに照らされた富士山。手前の明るい光は、第一駐車場の外灯で、富士山の左稜線の小さな明かりは新六合目にある宝永山荘の明かり。ちょうど同じ頃、宝永山荘でも十五夜を楽しむ催しが開催されていたことでしょう。
 最初は雲に覆われ麓の夜景はまったく見えなかったのに、時間が経過するにつれ、少しずつ雲が上昇し、雲の隙間からうっすらと御殿場の夜景が写し出されてきました。

 十五夜の次は十三夜(10月20日)ですね。またお月見しなくっちゃ。

Posted on 2010/09/22 Wed. 09:57 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

22

ダイナシティ10周年記念 ウェストモール4Fに「ピーターラビットのもみの木のおうち」登場 

 JR小田原駅のひとつ手前、鴨宮駅よりバスで約8分、大型ショッピングモール ダイナシティに行ってきました。映画館、スポーツ施設、デパート、専門店街にレストラン、ここに来れば何でもそろうし、のんびり一日楽しめるという場所に、ピーターラビットのもみの木のおうちが9/17に登場し、ちょうどオープニングイベントが開催されていました。

 ダイナシティ ウェストモール4F 「ピーターラビットのもみの木のおうち」
 オープニングイベントレポート
 http://rapeter.sub.jp/peter/rp4976.html

 オープニングイベントの様子は、レポート( ↑ )にまとめましたのでよろしかったらクリックしてご覧ください。

 小田原の人たちは、うさぎを愛する人たちが多いのでしょうか?!

 ピーターラビットのオープニングイベントのミニコンサートにも大勢の人がいらっしゃいましたし、同じウェストモール1Fのアリスのお店「Alice Malian」には白うさぎをフィーチャーした大人っぽい子供服がたくさん。またお隣のロビンソン百貨店1Fには、うさぎ好きはたまらない京都伊勢丹に本店がある「月乃ぴょんや」がうさグッズを展開しているし、また同じく1Fにある和菓子専門店菜の花では「月のうさぎ」がぴょこぴょこと大人気のよう。
 もみの木のおうちには、グッズ販売コーナーもあり、日本語出版40周年記念グッズもありました。こちらは、40周年記念ロゴがプリントされたクッキー。日持ちするクッキーですが、意外とおいしかったです。

Posted on 2010/09/20 Mon. 23:08 [edit]

category: ピーターラビットイベント&報告

TB: 0    CM: 0

20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。