タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

第61回全日本切手2011に参加

2011.04.29(14:14) 1647

 晴天に恵まれたGW初日、全日本切手2011に参加するため浅草へ。大安吉日ということもあり、浅草ならではの人力車の結婚パレードで老舗の店が立ち並ぶ界隈を練り歩き、道行く人々の視線を釘付けにしていました。ちょうど英国でもロイヤル・ウェディングでパレードが見られますから、日本と英国のパレードを一日の内で2回も見たということに。なんておめでたい日なんでしょう。
 郵便事業が主催する「全日本切手2011」は、郵趣サービスが主催する「スタンプショー」と異なる会場で、同日に開催していたため、どちらも参加する熱心な切手ファンは行き来が大変だったそうですが、いつの頃からか階だけ分けた同会場で便利になり、どの階も人々の熱気に包まれていました。画像は、無料で配布されたガイドブック。表紙は日本郵政グループのキャラクター「ポポック」。お手紙の楽しさ、出し方などを教えてくれます。
 今年のスタンプショーの主役は「猫のダヤン」でしたが、ピーターは全日本切手の会場で、来場日でデザインが変わる押印出張サービスを受けることができました。参加したのは4月29日だったので、ガーデニングピーターの押印を。30日は郵便配達員ピーター。1日はポストにお手紙ピーターが押印されます。そこで、葉書に切手を3種類貼り付け、イベント期間中毎日足を運ぶ予定という友人に葉書を託し、全スタンプ制覇してもらうことに。

 切手ショーに参加するようになってから、日替わり押印サービスで全制覇するという楽しみ方があることを習得!コンプリートできた時の喜びといったら。。。こうしてさらなる深みに足を踏み入れていくのですね(笑)
 ランチは、つけ麺工房よってこや「浅草製麺所」にて、味噌ラーメンをいただきました。つけ麺がメインのお店らしく、スープがとても濃厚でおいしくいただきました。
 午後から再び全日本切手の会場へ。3月3日に発売されたピーターラビット切手シートの紹介パネルなど展示されていましたが、子供たちの興味はワンピースの切手原画の方に(^^;;
 ワークショップ午後の部で開催された「ピーターラビットの大人の塗り絵」。脳の活性化に効果的と一時期大ブームだった塗り絵ですが、一向に上達しないため、物は試しと参加しました。ワークショップでは、塗り絵講師が一人一人丁寧に指導してくださり、まずは最初から驚きの事実。

 「塗りに厚みをもらたすため、ピーターの服はまずピンクから、次に薄い水色、濃い水色と薄く色を塗り重ねていきましょう」と。「ピンク~~??」としょっぱなから目から鱗です。ピーターの服がピンクだなんて。。。。

 さらに、「影の部分は色を濃く、厚みを持たせながら陰影をつけていく。そうすることで面に塗ったピーターが手前に飛び出てくるようなおうとつがでてきます」と。

 「塗り絵の下絵の印刷された線も、はしょらずに少し色をつけてあげるとさらにくっきりと仕上がります」

 軽い気持ちで参加したのですが、先生の指導と、誉め上手な先生の言葉に導かれ、かなり真剣モードに夢中になってしまいました。途中、色の重ね具合が難しいと投げ出しそうになると、「それが大人の塗り絵と言われる所以なんですよ」と、心憎い一言も。確かにこれぞ大人の塗り絵。夢中になる理由がようやく分かりました。
 塗り絵教室にピーターも遊びにやってきました。カメラを構えるとはりきるピーター。3ポーズ、どれも決まってる?!
 さらに、私の塗り絵を手伝ってくれたピーター。「ぼくに、まかせろ」と頼もしいピーター。おかげで、とても上手に出来ましたよ。先生にも「すごくよくなった」と誉められちゃった。左側がお手本で、右側が塗り絵したもの。
 「ピーター、ありがとう」握ったピーターの手はとっても温かくて、いつまでも握っていたいぐらい。

 会場はビルの5階だったのですが、途中何度もグラグラと体が揺れるように感じ、その度に余震?とビクビクしながらだったのですが、都内に住む友人たちはちょっとの揺れには慣れてしまった様子。こんな臆病風を吹かしていたらちっとも前に進めませんものね。私も友人たちを見習わなくては。
 浅草の吾妻橋より見るスカイツリー。金色に光るオブジェは、アサヒビール本社ビルのものだとか。ようやくこんなにも近くでスカイツリーを見ることができ感激。大勢の方がスカイツリーをバックに記念写真を撮影されていました。
 せっかく浅草に来たのだから、最後の締めは甘味処であんみつということになり、和風喫茶「鉢の木」でクリーム白玉あんみつをいただきました。おいしかった~。楽しい一日はあっという間に過ぎていきます。
スポンサーサイト

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

クールな横顔とおまぬけ正面顔

2011.04.28(15:38) 1646

 おめめがキラリンと光るクールないつもの横顔。こんな顔でギロッと見つめられたら、悪い事してないのに「ごめんね」とつい謝りそうになっちゃう。
 めったに撮影できないけれど、おちょぼ口で飄々とした雰囲気、同じうさぎとは思えない正面から撮影したおまぬけ顔。

 たまにはこんな顔も披露してくれなくっちゃね。「にらめっこしましょ、笑うと負けよ、あっぷっぷぅ。ハイ!アイコの勝ち!!」

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

おやま町散策「金太郎コース」

2011.04.24(11:16) 1645

 久しぶりのハイキングになってしまったので、軽めのハイキングメニューを選び、出発地点となる金時公園駐車場(地図上の3番)へ。コースは、金時公園から遊歩道を通って八重桐の池(4番)へ向かい、沼子弁財天(5番)と立ち寄り戻るコース(小山町観光協会発行「おやま町散策MAP」より)

 遊歩道に足を踏み入れようとした時、ちょうど降りていらした方とすれ違ったので、遊歩道の状況をお聞きしてみると、昨年の台風の大雨(時間雨量で100ミリを超えるもの)被害で、倒木、土砂崩壊による段差などもあり、かなり歩きづらく危険(地図にバツ印)だったと教えていただく。無理せず時間をかけて慎重に歩けば通り抜けられないこともないとのことでしたが、安全なアスファルト道(緑の矢印)を勧められそちらを選択。
 中島神社の境内に咲くしだれ桜の見事な枝ぶり。
 ここから目的地の八重桐之池へ、直進1.2キロ。
 勝福寺近辺の菜の花畑と鯉のぼり。
 一見しただけでは大雨の爪後は見当たらないように思った矢先、地面剥き出しの崩れた斜面がところどころに現れる。
 目的地の「八重桐之池(やえぎりのいけ)」に到着するも、池には水がない。「おやま町散策MAP」に掲載されている(MAP左上部)写真と見比べて分かるとおり、本来ならここは緑深い木々が湖面に映えるほど満水になっているはずなのに。やはり、ここも大雨の被害で相当の土砂が流れ込み、再び以前の景観を取り戻すのに時間も手間もかかる模様。
 八重桐之池に注ぎこむ上流にかかる橋。橋に降りるスロープらしきコンクリート片が散らばり、橋のたもとは土砂が堆積。
 遠回りして橋の手前にやってくると、橋の真ん中が開閉式のつり橋に。この橋の景観ひとつとっても、きっとこの辺りはとてものどかで美しい景観だったことでしょう。
 池のほとりに弁財天が祀られている沼子弁天公園。ここは土手の一部が崩落した程度で被害は免れたようです。 公園の沼子池には金太郎伝説があり、金太郎が幼い時に沼子池で水遊びをし、大きな緋鯉をつかまえようと鯉に抱きつき、驚いた鯉が空高く飛び上がったという伝説。鯉のぼりに金太郎が描かれているのは、この伝説が村人により言い伝えられたからだそうな。

 今回はずっと気になっていた小山町の大雨被害による復旧の様子を見ましたが、道路や橋などは開通しひと安心ですが、山やハイキングコースなどはまだまだ手つかずのようです。これから少しずつガイドマップにあるような美しい景観を取り戻して欲しいと願わずにいられません。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

富士山スカイライン(富士宮口)閉鎖解除延期となる

2011.04.21(21:53) 1644

 例年ゴールデンウィーク前までに通行止めが解除される富士山スカイライン。今年は解除されない模様です。

 静岡新聞ニュース「富士宮口閉鎖解除延期へ 富士山スカイライン」
 http://www.at-s.com/news/detail/100021603.html

 3月15日に発生した静岡県東部地震の影響で、路面の一部にひびが入ったり、盛り土が崩れるなどの被害が発見され、落石の恐れがある箇所もあるとか。富士山スカイラインは連休前までの開通を目指していたそうですが、延期決定だそうです。ゴールデンウィークに富士山富士宮口五合目へと観光を予定されている方はご注意ください。
 写真は、昨年のゴールデンウィークに訪れた富士山富士宮口五合目。駐車スペースが見つからないぐらいの大変な混みようで、まだ雪が残る富士山登山道を小さなお子様たちが雪遊びしたりと楽しそうでした。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

「道の駅すばしり」が静岡県小山町須走にオープン

2011.04.17(18:24) 1643

 4月14日、静岡県小山町須走にオープンした道の駅すばしり。場所は、富士五湖道路須走ICの手前、東口本宮冨士浅間神社の真向かいにあります。
 ここは、言わずもがな富士山の絶景ポイントで、何もさえぎるものなく富士山を仰ぎ見ることができ、富士山五合目の須走口へとつながる分岐点にもなり、また箱根へと続く富士箱根トレイルへの入口でもあります。

 道の駅すばしりでは、地元小山町の特産品である水かけ菜を始めとする物産はもちろんのこと、自衛隊の駐屯地の近くということもあってか自衛隊グッズや、登山の起点となる場所にあることから登山グッズなどもありました。
 名物「富士山ごうりきうどん」。富士山の湧水で育った地元小山町で作付した「ごてんばこしひかり」を練り込んだもちもちうどんだそうな。そう言われればうどんが少しもちもちしていたような。
 ドライブの気分転換はもちろんのこと、ハイキングで疲れた足を癒すのにも最適な足湯サービスもありうれしいですね。

ラピータの部屋「今日のひとこと」


タイトル画像

アイコの爪切り

2011.04.17(14:49) 1642

 うさぎの爪を切る間隔は、切り方によっても異なりますが、我が家の場合爪先の尖った部分を切り落とすだけのやり方なので、約1カ月から1カ月半もすると爪先がペン先のように尖がります。ペットショップや動物病院で爪切りをお願いすると、爪の血管のぎりぎりまでカットしてくれるので、爪の伸びるスピードは個体差がありますが、伸びてくるまでもう少し時間がかかり、爪切りがストレスになるような子、もしくは爪切りができないという方は無理せずプロにおまかせするのもひとつの方法です。

 アイコも爪切りは大嫌い。でも病院に行くのはもっと大きなストレスになるだろうから、爪先だけをカットする方法で自分たちでおこないます。
 爪切り後の前足
 爪切り後の後足
 こんな風にゴロン寝している時に爪切りさせてくれたらどんなにいいかと思いますが、実際はアイコが動かないよう体を抑え込み、尖った部分だけに集中してハサミを入れます。私は深爪させるのが怖くて、爪切りはいつも主人が担当してくれます。爪切り後は、大好物のタンポポでご機嫌取りも忘れずに。「よくがんばったね、アイちゃん。ヨシヨシ」

ラピータの部屋「今日のひとこと」


2011年04月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 第61回全日本切手2011に参加(04/29)
  3. クールな横顔とおまぬけ正面顔(04/28)
  4. おやま町散策「金太郎コース」(04/24)
  5. 富士山スカイライン(富士宮口)閉鎖解除延期となる(04/21)
  6. 「道の駅すばしり」が静岡県小山町須走にオープン(04/17)
  7. アイコの爪切り(04/17)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。