12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

誕生日プレゼント 

 昨年末にいただいた誕生日プレゼント。マグカップとお揃いのデザートプレート。
120130.jpg

 このマグカップは、ディアゴスティーニ社刊行 「ピーターラビットコレクション」の全巻(60冊)購入者特典のティーセットのマグカップ。

 全巻購入された方はもうお気づきかもしれませんが、白黒で描かれたこの柄は、、、
paint01.jpg

 ビアトリクス・ポター「Peter Rabbit's Paintingbook(ピーターラビットのぬりえ帖)」1911年刊行

 このぬりえ帖には、新たに書き加えられた作品、それからおはなしの挿絵からぬりえ帖にアレンジしたものなどオリジナル作品が含まれます。またぬりえ帖のため、表紙、裏表紙、塗り絵見本以外は、輪郭線だけで構成されています。

 マグカップ柄の作品は、表紙をめくった1ページ目に描かれていて、そこにはビアトリクスから子供たちへのメッセージが書かれています。

paint02.jpg

 「ブラシと5色の色を用意しましょう。アントワープ・ブルー(群青)、クリムゾン・レーキ(深紅色)、ガンボージ(雌黄色)、サップ・グリーン(暗緑色)、バーント・シエナ(赤褐色)。ダーク・ブラウン(こげ茶色)は、アントワープ・ブルーとバーント・シエナを混ぜて作りましょう。それから、筆を口に入れてはいけません。ピーターのように病気になってしまいます」

 ピーターたちの目の前に広げられたぬりえ帖の右側のページ(一番手前にいるピーターが覗き込んで見ている)には、ピーターが具合が悪くなりベットで寝ているシーンが描かれています。(芸が細かい!)

 こんな貴重な絵柄がマグカップとなり購入者特典となったことだけでもすごいのに、「マグカップとくればお皿も必要でしょう」と、デザインを起こして手書きで制作してくださいました。

 昨年のこんふぇいとのクラフトパーティーVol.3に参加された方は見覚えがあるかもしれませんPeterGardenなっつさんの作品です。

 作品展を経て我が家にやってきたこのプレート。「普段使いにどんどん利用してね」と。お言葉に甘えて一度だけ朝食のパン皿として使わせていただきましたが、朝から幸せ気分を満喫できました。しかし、貴重なものなのでやはり飾っておくことにします。ありがとうございました。

12013002.jpg

 こちらが、ディアゴスティーニの全巻購入者特典のティーセット。マグカップが2個とティーポット。こちらは、シールを集めずもらい損ねたものでしたが、友人がシールで集めたものと、定期購読分でいただいたものと2セットあるからと1セット譲ってくれました。ダブルで嬉しい!ありがとうございました。

Posted on 2012/01/30 Mon. 11:25 [edit]

category: ピーターラビットグッズ

TB: --    CM: 0

30

日曜大工 雨樋修理 

 雨よけテラスの雨樋の雨受けホースが壊れたままになっていたので修理しました。

12012901.jpg

 蛇腹のホース部分をパイプに差し込めばいいだけなのですが、幸い標準規格品の雨樋が付いていたらしく、まったく同じ部品がホームセンターにありました。後は壊れたままのパーツのネジをはずして、新しい部品を取り付けるだけです。

12012903.jpg

 ところが、錆びつき風化したネジは、瞬時にネジ頭を舐めてしまい、パワーデストロイヤーという工具でネジを掴むも掴めず。CRCを吹きかけ時間をおいて挑戦するも歯が経たず。万策尽きてしまいました。

12012902.jpg
 そこで、所ジョージさんが自分の番組で宣伝していたネジザウルスを思い出し、こんな時に役立つって言ってたような。

12012904.jpg
 ネジザウルスを使用すると、ペンチの先が縦に溝が切ってあるため、楽々とネジを掴むことができ、錆ついたネジも、ほらこの通り、見事にはずれました。

12012905.jpg

 という訳で一件落着。次回はこの雨樋パイプに雨水タンクを取りつける予定です。

Posted on 2012/01/29 Sun. 15:29 [edit]

category: 日常

TB: --    CM: 0

29

友人宅訪問 

 先日「ピーターラビットバック」で紹介した近所にお住まいのピーターラビット大好きピーターラビット夫人のお宅にお邪魔しました。学生時代の仲良しのお友達からそのように呼ばれているとか。

12012601.jpg
 到着して出迎えてくれたのは、ランちゃん(♂)6歳。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルという種類。

 ビアトリクス・ポターが16歳の頃から10年間どこに行くのに常に一緒に連れ歩いた犬は、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルという種類で、偶然ですが同じスパニエルの仲間なのです。

 ビアトリクスが飼っていた犬の名前はスポットで、写真も残されていますが、比較すると耳の特徴や顔の雰囲気などがランちゃんとどことなく似ている。スパニエル種の特徴的な斑点模様(スポット)が顔や体に出るのですが、ビアトリクスはその模様から、「スポット」という名前をつけたのかもしれません。

 ランちゃんは、ご覧の通り斑点模様が一切なく、これがまた可愛い秘訣なんだとか。

12012604.jpg

 こちらは自家製さつまいもで手作りしてくれたサツマイモパイ。ピーターラビット夫人が結婚された時に揃えたウェッジウッド ピーターラビットの旧刻印のプレートで出していただき、幸せに包まれたおやつタイムとなりました。

 話題はもちろんビアトリクス・ポターの作品について。おはなしの挿絵も物語の一部になっている点に注目すると、彼女の作品はもっと面白い一面が見えてくる、そんなことを話ながら、挿し絵に描かれたガーデンの美しさに目を奪われ、このようなガーデンをいつか作ることができればと、おしゃべりしていると次から次へと想像の花が咲きあっという間に時だけが過ぎていきます。

 自宅の庭にイングリッシュ・ガーデンを作りたいというピーターラビット夫人の夢を叶えるべく、まず手始め大東文化大学のビアトリクス・ポター資料館のガーデンを見学に行こうという話も飛び出し、私自身もまた花が咲いている時期に行ったことがないので、6月?7月?ぐらいに一緒に行こうと思います。

 ブログでの報告がすっかり遅くなりました。ごめんなさい。

Posted on 2012/01/26 Thu. 21:58 [edit]

category: その他

TB: --    CM: 4

26

雪景色の富士山 

 雪景色の中の富士山を撮影したくて、日曜日の10時過ぎにようやく富士山が雲より姿を現し、大急ぎで山中湖のパノラマ台展望台に行ってきました。
12012201.jpg
 山中湖パノラマ台より撮影した富士山。静岡県側より山梨県側の方が、降雪量は多そうでしたが、辺り一面真っ白にはならなかったようです。

12012202.jpg
 パノラマ台から富士山を撮影するために、金曜日からずっとこの場所で撮影しているというカメラマンさんもいらっしゃってました。残念ながら富士山に笠雲がかかり、どんよりした富士山になってしまいましたが。

12012203.jpg
 駐車場から撮影ポイントに移動する際、主人より「雪が積もっている箇所は危ないから歩いちゃだめだよ」と言われていたのに、「固そうな雪だから大丈夫」って足を踏み入れた途端、「ズボッ」と片足がはまり、バランスを崩してもう片方の足を置いた途端、そっちも「ズボッ!!!」

 雪道は長くつが正解ですね(^^;

12012204.jpg
 雪やこんこん、犬は喜び庭かけまわる、猫はこたつで丸くなる

 雪の中に顔をつっこんだり、ホリホリしたりと楽しそうに遊ぶ白と黒のわんちゃん。元気いっぱいですね。

Posted on 2012/01/22 Sun. 18:56 [edit]

category: 写真

thread: 富士山  -  janre: 写真

TB: --    CM: 0

22

厚木シロコロホルモン 

 厚木に用事があったため、前から食べてみたかった厚木シロコロホルモンを購入しました。インターネットで厚木シロコロホルモンを取り扱っている肉屋で、厚木インターからなるべく近そうな場所で探したところ、恩名にある肉のヨリヤさんに決定。

 インターを降り、渋滞にはまりながら15分ほどで到着。シロコロホルモン500gと特製のタレで1000円ちょっと。販売されているものは、「これがシロコロホルモンなの?」と疑ってしまうような普通のホルモンで、ビニール袋に詰められているだけ。それもちょっと臭い。

 初めての人には焼き方を教えてくださるのですが、「七輪で焼くのが一番上手い!」これに限るようで、ホットプレートやフライパンで焼くのはお勧めできない方法らしい。

 そこで寒いけど七輪だしてバーベキューしました。もちろん外は氷点下。足元から冷えが上がってきます。
12012101.jpg
 肉屋のご主人に教わったとおり、あらかじめシロコロホルモンに特製タレをまんべんなくまぶしておきます。そして七輪の網の上へ。最初は「くたー」とした平たくて薄い普通のホルモンの状態なのですが、、、

12012102.jpg
 寒さのため炭の火力が足りず、バーナーでもあぶりながら焼くこと数分。あら、不思議~。プクプクプクと盛り上がりコロコロになってきました。

12012103.jpg
 再び特製タレをからめていただきます。主人は20回ほど噛んで飲み込むらしいのですが、私はどうも飲み込めず100回ほど噛んで噛んでようやくゴクリと飲み込みます。何回噛んでも噛み切れないのが玉に傷ですが、口の中で脂がじわーと染み出て、食感も良く、大変美味しくいただきました。

 しかし、室内で七輪を使用する訳にはいきませんが、氷点下の屋外でバーベキューもまたお勧めできませんね(^^;;

Posted on 2012/01/21 Sat. 17:39 [edit]

category: 日常

thread: 更新記録  -  janre: その他

TB: --    CM: 0

21

パレスホテル箱根 ピーターラビットフェア2012に行ってきました 

 今年もパレスホテル箱根にて「ピーターラビットフェア2012」が開催されました。毎年夏だけのお楽しみだったイベントが、2010年から開催期間が延長になり8月から翌年の12月までと。そして、今年は1月から12月までの年間通してのフェア開催となりました。

 真冬のこんなに寒い時期から箱根にピーターがやってくると、天気予報で雪マークがついてもおかしくない陽気の中、ピーター大好きなお友達と行ってきました。

 昨年のフェアからホテル正面の入り口のディスプレイや、入り口そばに展開されたピーターグッズ専門ショップはお目見えしませんが、例年通りピーターラビットの宿泊部屋と、ピーターラビットがテーマの料理とスイーツ、ホテル売店にてグッズ販売など楽しめます。

12011901.jpg
 ピーターラビットがテーマのお料理には、型抜きされたピーターとジマイマが野菜の中にひょっこり顔をのぞかせてます。見つけられるかな?

 今回は宿泊しなかったのですが、ホテルの方のご厚意でピーターラビットの宿泊プランの室内の様子や、プラン宿泊者限定の料理とスイーツを堪能させていただきました。
12011902.jpg
 こちらはピーターラビット宿泊プランの山側デラックスツインの室内の様子。

 そんな夢のようなひと時をすごさせてもらったお部屋とお食事の様子を報告いたします。ピーターがいっぱいの報告ページをぜひご覧くださいね。

 パレスホテル箱根 ピーターラビットフェア2012 イベントレポート
  ↑ こちらをクリックしてください!
 

Posted on 2012/01/19 Thu. 21:45 [edit]

category: ピーターラビットイベント&報告

thread: キャラクター物  -  janre: 趣味・実用

TB: --    CM: 2

19