10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

iPhone5S入荷 

9月末に予約したiPhone5Sが本日届きました。前のiPhone4Sの2年縛りが10月で切れたのでちょうど良かったです。
131110.jpg

 色はゴールドにしました。金のリンゴマークがかっこ良くてゴールドにしたのに、ケースに入れたら分かりませんねぇ~(^^;

 機種変更プレゼントはソフトバンクお父さんタオルです。

 機種変更なので、バックアップを復元するだけで、アプリのコピーに40分ほどかかりましたが、ほぼ問題なく使えます。カメラの性能が、4Sと比較して格段に良くなったということなので楽しみです。

 LTEにも対応できるので、富士山山頂からも高速通信できますね(笑)デザリングはきっと使わないだろうと思い申し込みしませんでした。

 後は、これまで使っていた4Sを、高値で買い取りしてもらえればいいですけれどもねぇ。 
スポンサーサイト

Posted on 2013/11/10 Sun. 17:31 [edit]

category: 日常

TB: --    CM: 2

10

桃太郎がシェルターデビュー後すぐに里親様決定 

追記)11月8日(金曜日)にシェルターデビューした桃太郎ですが、なんと、なんと、9日(土曜日)に里親様が決定し”譲渡済み”になっていました。

 もうびっくり驚き桃の木山椒の木でございます!!!!

 桃太郎のこと気に入ってくださりありがとうございました。

 そして、桃太郎のこと心配してくださり、見守ってくださって本当にありがとうございました。桃太郎はこうして幸せをつかむために我が家にやってきてくれたんですね。色々とあったけど、本当に良かったです。

 めでたし、めでたし━ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙━


8日のブログは以下のとおりです。


 とうとう、待ちに待ったこの日がやってきました!!!桃太郎が保護シェルターにデビューする日が。

 名前はNo.B639ちゃんになっちゃいましたが、顔の模様、尻尾の長さ、デビューまで2週間もうちょっとかかるというオーナー様のおはなし、すべてを総合してもこの子で間違いないと思います。性別もオスだしね。

 東京キャットガーディアン 大塚シェルター No.B639

131109.jpg
 こちらは我が家にいた頃の桃太郎の写真。

 桃太郎デビューの写真を見ると、成長しておでこの部分が横に広がり、切れ長で、シャープだった目がまん丸になりました。猫についての知識がなく知らなかったのですが、猫は生まれて間もない頃、虹彩に色素が沈着せず青目に見えることを「キトンブルー」といい、桃太郎も青目だったのはそのためだったのですね。シェルターに預けて約3週間、大切にケアしていただき、こんなに可愛く成長しました(No.B639ちゃんのリンクをクリックするとご覧いただけます)。

 あぁ、もうすぐにでも桃太郎に会いに行きたい。そんな気持ちです。

 この保護施設がマイナビニュースの記事になっているのですが、その記事を読んで共感した部分があったのでリンクしておきます。

 マイナビニュース 2013年10月22日付け
 「東京都・豊島区の猫カフェ型シェルターへ潜入

 どの部分が共感したかというと、「「猫なんか大嫌いなんだ!」受話器から聞こえてきたおじさんからの第一声」という、オーナー様の嬉しかったエピソードのお話です。

 実は私も第一声は「猫なんか大嫌い」だったもので(^^;;;

 だってうさぎの天敵だもの。猫なんか、猫なんか。。。と思っていたのに、桃太郎は大好きに変わっちゃいました。どう工夫すれば、アイコと一緒に暮らせるだろうかと、日に日に大きく成長する姿を見ながら、そんなことを考える毎日でした。

 でもまさか、アイコが病気になるなんて。。。うさぎと猫を一緒に飼う難しさを痛感した瞬間です。このままでは、みんなが不幸になると決断しました。こうしてデビューが決まり、桃太郎の写真が掲載され、やっと少しホッとしました。それまでは、心ここにあらずといった状態でしたから。でもこれからが最大の難関、桃太郎を迎え入れてくれる家族を探すこと。

 桃太郎へ。幸せは自分の力でゲットするんだよ~頑張れ~

 言われなくても分かってるにゃぁ~と言われそう(^^;;;;;

 猫カフェ型シェルターは、大塚、西国分寺、蒲田の三か所あり、桃太郎がいるのは大塚です。猫の里親になりたいという人だけでなく、ただ猫に会いたい、一緒に遊ばれたい(←ここみそです!猫様もうさぎ様と同様、気が向いたら遊んでくれるにゃぁ~)という目的だけでもシェルターに入場することができます。入場料はなく、ただ趣旨に賛同して寄付することで、例えば1000円寄付すると子猫のご飯5杯分と猫砂2週間分に相当するそうです。

 保護された猫たちといっても、可愛い子が揃っていて、みんな桃太郎のライバルだけど、目映りしちゃうこと間違いなしです。人気の白い子も三毛もいますし、一番可愛いさかりの生後2カ月から3カ月齢の子猫たちもいっぱいいます。

 記事に掲載されたおじさんのエピソードは、「しょうがないから家で飼うわ」めでたし、めでたしで終わりましたが、桃太郎はこれから幸せ家族を探す旅へと物語の序章が終わり、ようやく本文へと進み始めました。

 東京キャットガーディアン 大塚シェルター

 よろしければぜひ猫たちに会いに行ってくださいね~

 こちらのニュース記事もどうぞ。
 マイナビニュース 2013年11月8日付け
 「東京都・豊島区の保護団体が子猫160頭、成猫73頭の里親を募集中」 

Posted on 2013/11/09 Sat. 16:44 [edit]

category: 動物保護、他

TB: --    CM: 4

09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。