04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

京都観光 

久しぶりに京都に行ってきました。

結婚前によくデートした思い出の地、いつものお決まり散策コースです。

四条河原町の松葉でニシンそばを食べて、八坂神社、円山公園を通り抜けて清水寺へ。清水寺は平成の大改修とかで、シートに覆われ建て替え工事中の有様。せっかくの京都観光なのに残念ですが、工事中につき拝観料割引中、な~んて気の利いたサービスは無しでした。

15053101.jpg

清水の舞台。ここから眺める京都の景色は最高です。

15053102.jpg

「甘党の素通り出来ぬ二寧坂」という句が店内に掲げられている甘味処「かさぎ屋」。創業は大正時代。のれんをくぐって昔ながらの変わらぬ席に座ると、昭和の若かりし頃にタイムスリップするかのよう。メニューを見つつも、いつもと同じホッとする優しい味の京都ぜんざいを頼んでしまいます。

15053106.jpg

昔からの変わらない景色にマッチするかのように次々と新しいお店も。二寧坂でトトロ!!ジブリの森「どんぐりショップ」がありました。何もこんなところにねぇ~。しっかり立寄りましたが(^^;

15053103.jpg

佐川急便の飛脚便

先斗町を通り抜けて三条大橋に出ると、川床を設けたスターバックスコーヒーがあります。京都の夏の風物詩「鴨川納涼床」で食事するのは、なんとも涼しげで解放感があり憧れますが、一元さんお断りの店もあったり高嶺の花だったりします。

しかし、スターバックスならコーヒー1杯で運が良ければ川床気分を楽しめます。レジは行列してオーダーして品を受け取るまで20分ほど並びましたが、川床の席に座ることができました。

15053104.jpg

念願の川床は、想像以上に解放感があり、心地よい風を感じながら鴨川とその雰囲気を味わい大満足でした。

最後に錦市場で美味しいニシダヤの漬物を買い込み、京都デート終了です。

変わるものも
変わらないものも
みな懐かしく感じる
古都の美しさゆえ
このままずっとホッとできる場所で
あり続けて欲しい

思い出の地ですからね(^^)

Posted on 2015/05/31 Sun. 21:29 [edit]

category: ぶらぶら

TB: --    CM: 0

31

バラ満開 

 バラって、他の花とはやっぱり違う。人々の目をひきつける魅力が備わっているのかしら?満開になったバラを見て、「きれいね」って近所の人から声をかけいただき、それが嬉しくお世話は大変だけど励みにもなってます。

15052501.jpg

 今年はツルバラも勢いよく咲き、昨年の教訓を活かし早め早めに薬で消毒したせいか、ツルバラの大敵うどんこ病の発生をおさえられた。黒星病はあいかわらず出てしまっているけれど、病気になった葉はむしって薬まき、その甲斐あってか可愛らしい小さな花をたくさん咲かせてます。
15052502.jpg
 ツルバラ ミミエデン

 薄いピンクと赤に交じって黄色や濃いピンク、オレンジと、色とりどり咲くもので、庭がその分ゴージャスに見えます。

15052503.jpg

 パレードしているかのような華やかな花弁は、ディズニーランドローズ

 こちらはレインボーノックアウト。見た目バラっぽく見えませんが、はまなすのような可憐な花が次々と咲き気に入ってます。
15052504.jpg

15052505.jpg
 こちらはバラではないのですが、芝桜が終わる頃シランが顔をだします。1か月ほど美しい花の状態をキープしてくれます。

Posted on 2015/05/25 Mon. 20:58 [edit]

category: ガーデニング

TB: --    CM: 0

25

ドクターフィッシュ 

 この日は大雨の予報がでていたのですが、雨は降っていなかったので、金時山へハイキングに行くことになりました。山頂に到着してみると、日曜日のお昼時というのにハイカーの姿はほとんど見当たりません。
15052401.jpg

15052402.jpg
 ニュースになっている箱根の大涌谷でのガス噴出の様子。火山活動が活発化しているとのことですがどうでしょうか?以前より少しはガスの量が多いかしら?

 さて、金時山へのハイキングの帰り、足柄サービスエリアへ立ち寄りました。ハイキングでどっと疲れたので、ゆっくりしたいと思っていたところ、、、

 足柄浪漫館 金太郎ラウンジのマッサージチェアが目に留まり試してみることに。ここは時間課金制で10分から利用可能に。

 タオルとソフトドリンク飲み放題付き20分利用券を購入し、マッサージチェア10分、ドクタートトの足湯を体験しました。おそるおそる、足を入れてみると、すぐさまドクタートトがやってきて、足の角質にかじりつきます。ドクタートトにとってはこれが美味しいかどうかはこっちにおいといて餌になるわけですから、必死にかじりつくのですが、まぁ~くすぐったいたらありゃしない。

15052403.jpg

 疲れた足を癒してもらって、とっても気持ちが良かったです。これから金時山ハイキング帰りの定番になっちゃうかも?!

足柄浪漫館 金太郎ラウンジ

Posted on 2015/05/24 Sun. 19:45 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

24

鍋割山ハイキング 

 鍋割山へ軽くハイキングのつもりが、歩けど歩けど山頂につかず、体力的には少しきつめとなりました。

15050501.jpg
 スタート地点は、表丹沢県民の森。朝7時30分時点でなんとか駐車スペースを確保できました。しばらくは四八瀬川の川のせせらぎを聞きながら西山林道を1時間ほど進みます。

15050502.jpg
 林道と分岐した地点からいよいよ登山道へと入る手前に水が入った大量のペットボトル(2リットル)が置いてありました。
「鍋割山荘へ向かわれる方で体力に余裕のある方は、ボランティアで運んでください」とあります!!!

 これがうわさで聞いた水運びのボランティア!体力に自信はなかったものの、鍋割山荘で鍋焼きうどんが食べたかったので、少しだけでもお手伝いしようと1本運びました。

 たった1本のペットボトルでしたが、これが重いのなんの(^^;;;

 でも汗水流して運んだ分、気兼ねなく美味しい鍋焼きうどんが食べられるぞーと歯をくいしばり頑張りました。

15050504.jpg

 林道終点から約2時間。ようやく山頂へ到着。

15050503.jpg
 運んだペットボトルの水を鍋割山荘の前に並んだポリタンクへとうつします。これでボランティアの任務完了!!

15050505.jpg
 そしてこれが鍋焼きうどん!!!美味しかった~

 鍋割山のハイキングの楽しみは、山頂で食べる鍋割うどんと言うぐらい名物となっていて、これら材料を歩荷(ぼっか)で山小屋の主人とスタッフが担ぎ上げているそうな。そう聞くとますます美味しく感じます。

15050506.jpg
 山頂から見る景色は素晴らしいけれど、みんな一生懸命下をみて同じようにうどんをほおばっている、そんな鍋割山の山頂の景色です。

Posted on 2015/05/05 Tue. 17:53 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

05

丹沢方面へ 

 ハイキングの下見を兼ねて神奈川県北西部に位置する丹沢方面へ行ってきました。以前登山した関東の霊峰、大山も丹沢山地のハイキングコースですが、丹沢方面には他にもたくさんのハイキングコースがあるそうです。

 しかし、初めての場所は何かと不安。トイレ有となっているけれども実際に使用できるのかしらとか、一番の心配は車を停めることができるかどうかという点。

 丹沢方面の主な登山口は、大倉、ヤビツ峠、表丹沢自然の森とのことで、まずは表丹沢自然の森へ。これがなかなか分かりづらい場所で、すれ違いが難しい狭い山道の先に数台駐車できるスペースとトイレがありました。

 次に大倉へ。ゴールデンウィークまっただ中、登山口となる大倉は秦野戸川公園前で、駐車場待ちの車でまさかの大渋滞。周辺を見て回ることもできずそそくさと退散(^^;

 帰りに道の駅「山北」により軽く食事を済ませるつもりが、山女一匹まるごと天ぷら付きボリューム満点とあり、ついついその言葉に惹かれて注文!

15050304.jpg
 どーーーん!これはすごい!お値段1050円。地元に山女の養殖場があるから実現したお値段なのかしら??山女だけでなく、かぼちゃ、ナス、しいたけなどの天ぷらも。お腹いっぱいになってしまいました(^^;;

15050305.jpg
 腹ごなしに丹沢湖のダム広場公園を散策。こちらは人であふれかえる行楽地とは無縁なのんびりとした静かな公園でした。

 最後に中川温泉のかくれ湯の里 信玄館へ。この宿は日帰り入浴も可能で、大浴場のみ料金1000円でした。無色透明で硫黄の匂いもしないお湯は、肌がツルツルになる気持ち良さでしたが、ハイキング後で疲れた体を癒すタイプではないかも。

15050306.jpg
 写真は、信玄館の駐車場より撮影した山に自生するフジの花。山林のあちこちに、この時期だけ紫や白のフジの花が見られます。

15050303.jpg
 道の駅「山北」でもらった山北長観光マップ。山北駅を中心にしたハイキングコースが紹介されています。

Posted on 2015/05/03 Sun. 18:49 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

03

オオデマリ満開 

15050301.jpg
 5月始めにオオデマリが満開になりました。

 昨年2月の大雪の影響で、オオデマリの太い枝が雪の重みで折れ、ちゃんと花が咲くかどうか心配していましたが、枝の形は悪くなってしまいましたが、これだけ咲いてくれれば見事です。

15050302.jpg
 オオデマリの花は、ひとつひとつがまるでアジサイのように小さな花の寄せ集めで毬のような形をしています。また白という色がひときわ目立つのか、近所を散策する方々の目を楽しませてくれているようです。

 オオデマリの花が終わる頃、次はバラの季節到来ですね。 

Posted on 2015/05/03 Sun. 17:23 [edit]

category: ガーデニング

TB: --    CM: 0

03