02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

カルトナージュ「写真立て」 

2年前にカルトナージュのレッスンで習った「写真立て」を作ってみました。

ブログ記事「ヨーロッパカルトナージュ協会レッスン2「写真立て」(2014/7/26)」

レッスンを受けたヨーロッパカルトナージュ協会は、必要材料のカルトン、生地はもちろんのこと、道具である筆やボンドに至るまでほぼすべて用意してくださるので手ぶらでもレッスンが受けられるのですが、レジュメは用意されていません。

もしレッスンの復讐をしたい方は、キットを購入し、分からないことがあれば聞いてくださいというスタイルでした。

レジュメ、やっぱり必要だと思います。
自分が作った作品を見ても、どうやって作ったのか思い出せませんから~(笑)。

まずはカルトンの大きさを記した用紙を見ながら、カルトンの切り出し作業。

以前先生のレッスンを受けた時、要所要所で撮影した写真を見ながらの作業。これが唯一のレジュメのようなもの。

しかし、一番知りたい肝心なところを撮影してなかったりする ( ̄□ ̄;)

きっと作業に夢中になって撮影するのを忘れてしまったのでしょうね┐(´д`)┌

出来上がった作品は、作業手順を省いてしまったようで、前回作った作品と違う!でも出来たからよしとしよう。
16022801.jpg

生地は手芸センタードリームのピーターラビットのピンナップ柄で作成。

前回作った写真立てのカルトンは、時間が経ち反っていたのが気になったので、今回土台部分を作成したら1日重りを置いて寝かせ、次の日もまた作業したら寝かせと時間をかけながら作業しました。

また時間が経つと反るかもしれないけれど、仕上がりはとても綺麗にできました。

柄合わせは、写真を入れる部分の左側と右側が同じ柄のピーターだったので、動きを出したら面白いかとピョーンと花畑に隠れちゃったという風にしてみたんですが、ここはやっぱり両方ピーターを表に出すべきだったかしら(^^;;

16022802.jpg

タッセルは、本当は水色が良かったですがピンクしかなく、これも生地に合わせて色々な色が必要かな。

16022803.jpg

こちらは「牛乳パックで作る便利でかわいい収納こもの」という本を参考に、カルトンとケント紙で作成した写真立てです。うさぎのしっぽ感が出るかと思い、ポンポンブレードを周りにあしらってみました。

生地はドイツのウェストファーレントッフのうさぎ柄です。この生地もとっても可愛くて、次は何を作ろうかしら?

Posted on 2016/03/02 Wed. 18:00 [edit]

category: カルトナージュ

TB: --    CM: 0

02

TV番組マツコの知らない世界「うさぎ暮らしの世界」 

見ちゃった!
「うさぎはカワイイ」で終わるから見ても意味ないかなと思いつつ見てしまいました。

うさぎ年でもないのに、うさぎを取り上げる意味が分からないけど、まぁ番組のおっしゃる通り「うさぎ様は可愛い」と思います。

そうです!

総称として呼ぶにはうさぎですが、個々のそれぞれを示す場合はうさぎ様ですから~。
ちゃんでも、さんでもありません。

まずはしっかりと自分の立場をわきまえてうさぎ様と接していかなければ、うさぎ暮らしは成り立ちません。

日々のお世話はもちろんのこと、お食事の準備は相当気を遣いました。
健康のバロメーターは食欲の有無にかかってますからね。
とにかく口に入れるものは、新鮮でなければダメというのが鉄則のようなものでした。

ペレットも牧草も、それから野菜も。
新鮮な野菜を求めてスーパーを回り、より新鮮なものを求め自家栽培もおこなう。
それもこれもうさぎ様がおいしそうにモグモグ食べてくれるためですから苦労と思わない。

番組では「うさぎはニンジンが嫌い」とありましたが、我が家のアイコの大好物はニンジンの葉!
ついでにニンジンも食べてました。
新鮮野菜は、香りの立ち方が違いますから、アイコに喜んでもらおうと冷蔵庫の野菜室はいつも新鮮野菜が満杯でした。

そんな努力が報われる瞬間というのが、アイコがおいしそうに食べている姿で、これを見たいがために頑張れるですよね。

番組では、マツコさんがずっとうさぎ様を抱っこされていましたが、抱っこするなんてとんでもないです。
アイコに一瞬でも嫌われたくないからいやがることはできません(笑)
たまに抱っこしても平気という子もいるみたいだけど、なんとも羨ましい特殊なケースと考えています。

でもいやがること例えば爪切りとかする際は、自分は嫌われたくないので主人に嫌われ役を引き受けてもらいました。

うさぎ暮らしの世界は「うさぎ様の日々のご機嫌伺いをする世話人という立場をわきまえるとハッピー」という設定で制作されたら、もっと目からウロコの違った面白い内容になったのではと思います。

そうして番組放送後に友人との会話で「うさぎ飼ってるの」と言うと、「うわぁTVで見たけどお世話大変ね」みたいなこと言われたりしてね。
そしたらカワイイ、抱っこしたい、おとなしい、散歩させなくていいし世話が楽だしと、安易にうさぎ飼おうって方を抑止できるのではと考えたりもしました。

それにしても、あいかわず「ミニうさぎ」という呼称を使用しているなんてね。純血種以外はすべて雑種で、雑種だと売り手側が困るということで「ミニうさぎ」となったようですが、この呼称は小さなうさぎ、大きくならないうさぎという誤解を生むからやめようというのがあり、「MIX」とか「雑種」という表記で、それが定着しているかと思っていたから驚きました。

160301.jpg

アイコもMIXです。ミニレッキスほどではなかったけれど、素晴らしい毛並みでフワフワ、モコモコでした。

「お世話係よ、何さぼっとる。ナデナデしなさい」とお説教している表情ですね(笑)

Posted on 2016/03/02 Wed. 14:53 [edit]

category: うさぎ

thread: うさぎ  -  janre: ペット

TB: --    CM: 2

02