タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ピーターラビットと楽しむ六甲山英国フェア

2017.08.16(16:14) 2152

「ピーターラビットと楽しむ六甲山英国フェア」というイベントが、2012年より毎年(今年で6年目)ゴールデンウィーク頃から7月末までの期間限定で、六甲ガーデンテラス(兵庫県神戸市)で行われました。このイベントに毎年行きたいと思いつつ行動に移せなかったのですが、ようやく行くことができました。

17062401.jpg 
イベント内容は、六甲ガーデンテラスの英国庭園のそこかしこにピーターラビットとその仲間たちが展示され、美しい庭とピーターラビットたちがマッチした散歩道を散策したり、関連施設の六甲山カンツリーハウス内にあるローズウォークでピーターラビットとバラの世界を楽しめるというものでした。 

また、各ショップにはピーターラビットグッズがたくさん販売され、プレゼントに応募できるキーワードを探しに参加できたり、ジマイマのたまごを探せクイズなど、随所に楽しめる要素が散りばめられていました。  

レストランでは、スペシャルグルメと題して、ピーターラビットガーデンカフェ自由が丘店とのスペシャルコラボメニューも提供されていました。ピーターラビットファンはもちろん、バラ好きな方やガーデン巡りが趣味な方にも楽しめるイベント内容でした。

17062402.jpg 
『こねこのトムのおはなし』のページが開かれたその横に、一場面が展開されていました。まるでおはなしの舞台となった英国湖水地方へ紛れ込んだみたいです。

17062403.jpg 
りすのナトキンが喜びそうな木の実を発見すると、すぐそばの屋根の上にナトキンがいました!

17062404.jpg 
ここでしか手に入らない限定グッズなど、ショップにはピーターラビットグッズがたくさん販売されていました。

17062405.jpg 
こちらは、六甲山カンツリーハウス内にある「バラの小径ローズウォーク」の入り口

17062406.jpg 
ローズウォーク内は90種、約2000本のバラが植えられ、バラの香りや色の変化を楽しみながら散策を楽しめました。所々にジマイマのたまごが隠されていて、クイズにチャレンジもしました。

17062407.jpg 
ローズウォークは6月10日にオープンしたのですが、ちょうど訪れた6月末はバラがあちらこちらで満開になっていて、キャラクターたちの可愛らしさがバラの美しさをより際立たせ、本当に素晴らしいバラ園でした。

17062410.jpg 
中でもこのクオリティの高さには感動しました。『りすのナトキンのおはなし』の場面、ブラウンじいさまの住むふくろう島へお土産の小魚を用意するため釣りをしたり、小えだのいかだに乗っている場面や、木の上にいるリスはふくろう島で取ってきた木の実を運んだりと、見事におはなしの場面が再現されていました。こんな素敵な場面がローズウォーク内に突然現れて狂喜乱舞し夢中で撮影しました。

17062411.jpg 
毎年英国フェアと題してピーターラビット楽しむイベントを開催してくださることだけでも作品を愛する気持ちを感じていましたが、イベントを実際に体験してみてより一層その気持ちを強くしました。これはぜひ夏の恒例イベントとして今後も盛り上げていただきたいと、一ファンとして思いました。

17062413.jpg 
そもそも六甲山という地で英国フェアが開催されるようになったのかという素朴な疑問に答えるかのように、毎年発行される「ピーターラビットと楽しむ六甲山英国フェア」のパンフレットに「英国生まれのピーターラビットと六甲山の物語」として記載されていました。

”英国人貿易商アーサー・H・グルームが六甲山をリゾートとして開発した20世紀はじめ、英国では『ピーターラビットのおはなし』が出版され、人気を博していました。・・・絵本の世界を想わせる、豊かな自然に囲まれた六甲ガーデンテラスに、今年も
ピーターラビットや仲間たちが登場します。”
六甲ガーデンテラス「ピーターラビットと楽しむ六甲山英国フェア」パンフレットより

17062409.jpg 
六甲ガーデンテラスで開催されていた「ピーターラビットのかくれんぼ」は、施設内にかくれんぼしているキーワードを見つけ、キーワードを書いて応募すると抽選で100名にプレゼントが当選するというもの。こちらはホルティのティギーおばさんの洗濯部屋で見つけたキーワード。

17062412.jpg 
六甲山カンツリーハウスで開催されていたクイズラリー「ジマイマのたまごをさがせ」は、ローズウォーク内にあるジマイマのたまごを見つけて、クイズに答えるというもの。


17062415.jpg 
全問正解のプレゼントは、オリジナルポストカードでした。

17062408.jpg このイベント限定のグッズは、六甲山英国フェアロゴ入りマスキングテープ2種類(ローズウォークVer.と、おはなしをめぐる散歩道Ver.)、ピーターラビット絆創膏、六甲山英国フェア2017オリジナル切手、ピーターラビットお菓子缶3種類、ピーターラビットキャロットジュース。他にもたくさんのピーターラビットグッズが販売されていました。

17062414.jpg 
ランチは、六甲ガーデンテラスのグラニットカフェで、ローストビーフランチ「マグレガーさんの野菜畑にて」をいただきました。季節のサラダ(にんじんドレッシング)、豆乳コーンスープ、英国風ローストビーフ、ラケルのパン、オレンジヨーグルトのゼリー(ピーターラビットクッキー添え)サラダにもローストビーフにもピーターが添えられていました。

以上、ピーターラビットと楽しむ六甲山英国フェアのレポートでした。来年もぜひ参加できたらいいなと思います。

スポンサーサイト

ラピータの部屋「今日のひとこと」


2017年08月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ピーターラビットと楽しむ六甲山英国フェア(08/16)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。