FC2ブログ

ヒルトップ農場へ その7

英国
11 /07 2018
マイペースなのんびりした更新ペースですが、引き続きお付き合いください。

英国旅行の続き、ヒルトップハウスの2階、宝物の部屋の隣、プライベートリビングへ。

1階の応接間ほど堅苦しくなく、家族や親せき、親しい人と集いリラックスする部屋として利用されたとか。

部屋の大きさは、6畳間ぐらいで、四方の壁に絵画が何点も飾られている。絵画は、宝物部屋がファンタジーの作品が多いのに比較して、この部屋の作品は山や海の景色を描いた風景画が多い。その中に混じって弟バートラムの作品も飾られている。

uk183.jpg ピアノの真上に飾られているのは、ビアトリクスが大好きだった弟、バートラムの作品「夕焼け空にガチョウの群れ(A Sunset with a Flight of Geese)」

このピアノは、ムツィオ・クレメンティ社(Muzio Clementi and Co.)が1810年ロンドンで製造したマホガニー製のスクエアピアノで、鍵盤数は68、弦は斜めに配置されている。このピアノは、ヒーリス家からやってきたものらしく、蓋の裏に「E.H&M.H」と年号がひっかき傷のように刻まれている。

日本最古のピアノもメーカーは違うものの、英国製のスクエアピアノだそう。
山口県 熊谷美術館 日本最古のピアノが展示されている美術館

ピアノを支える脚は、ぐるぐる螺旋状にねじられるバーリーシュガーツイスト(Barley Sugar Twist)風のデザインで、音楽を楽しむだけでなくインテリアの一部としても楽しめるもの。

uk181.jpg
出窓に目を向けると、『こねこのトムのおはなし』でよそゆきのエプロンを着たミトンとモペットの姿が。そうこの部屋でトムたちは身支度を整えたのだ。どうしてこの部屋と分かるのかというと、、、

uk182.jpg 
描かれた挿絵と置き場所が相違(挿絵は出窓の右側、実際は左側)するものの、マホガニー製の箪笥の上にある置き鏡が描かれた。この鏡は、曾祖母アリス・クランプトンの形見で、引き出し部分に象牙の取っ手がついた1850年頃のもの。

uk185.jpg
暖炉のそばにあるマホガニー製の刺繍枠、スクロールフレームは、1830年頃のもので、ビアトリクスが指しかけの刺繍がそのままつけられている。

uk186.jpg 
炉棚にあるのは、ロイヤルクラウンダービーの1878年の花瓶が対に飾られている。美しい白磁で台座の部分にシルエットが刻まれたもの。絵画は、ウィンダミア湖のアンブルサイド側ウォーターヘッドから見た景色を描いた1800年頃の作品。

uk192.jpg 
この部屋のひときわ大きな書き物机付き書棚は、1770年頃のマホガニー製で、高さは天井ぎりぎりの213㎝。この書棚はビアトリクスが初めて購入したアンティーク家具で、ビアトリクスの死後、カースルコテージよりこの部屋へ運びこまれた。

uk190.jpg 書棚の真ん中に、日本で開催された原画展に展示された黒い服と赤い服を着たお人形(原画展図録P194参照)が飾られていた。お人形の前にあったのは、原画展でも使用された「ブルーウール(The Blue Wool Scale)」で、積算照射量で色が変わる特別な試験紙だ

uk191.jpg 一番下の段にあったウェッジウッドのグリーンラインが入ったナーサリーウェアコレクション(原画展図録P201参照)と、グリムウェイズのチャイルドウェアコレクション(原画展図録P202参照)も原画展で展示されたもの。
この書棚の中の半分以上が日本にやってきていたなんて本当に信じられない。

グリムウェイズの食器セットの真ん中や、左側の端にある卵入れに、ビアトリクスが装飾したイースター(復活祭)で使用する卵転がしレース「ペースエッグ」が飾られている。ビアトリクスは村の子ども達のためにペースエッグ用の装飾をしたそうだ。

uk188.jpg 
この部屋にあるアンティークチェアは3種類。
ピアノの前にある椅子と、書棚の左右にある椅子は、背もたれが麦の穂を束ねたような形をしているところから「ウィートシーフバッグ(Wheat-Sheaf Back)」という椅子。
uk189.jpg
ピアノの左側にある椅子は、繊細な透かし模様が彫刻された「リボンバック」という椅子。3種類共1770年頃のマホガニー製で、赤茶色の美しい色をしていた。

ビアトリクスの写真もたくさん飾られ、プライベートルームに足を踏み入れた感覚をより一層深める部屋でもある。ヒルトップハウスもいよいよニュールームを残すのみ。この続きは次のブログにて。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。