FC2ブログ

ダイヤモンド富士と河口湖冬花火

写真
02 /04 2019
河口湖で冬花火を開催していることを知り、花火と富士山の撮影に行ってきました。

花火は夜8時からなので、その前に山中湖に立ち寄りダイヤモンド富士の撮影。
19011901.jpg 

次に河口湖へ。最初は、花火のメイン会場付近にある船津駐車場に向かう。ここは無料駐車場で、目の前の畳岩とメイン会場の大池公園の花火が真正面に見られる絶好の場所ですが、残念ながら富士山の姿を見ることができない。

花火と富士山を一緒に撮影したかったので、産屋ヶ崎に移動したものの、駐車スペースが元々少ない上に絶好の撮影スポットということで大混雑でした。ここは早くから行き、場所取りが必要なようです。

もうひとつの撮影ポイントは、花火打ち上げ会場よりかなり離れるものの、花火と富士山が撮影できる最高のコンディションの場所、河口湖円形ホールでした。

19011902.jpg 
この日は湖面に逆さ富士もばっちりと映り込み最高のコンディションでした。この場所からの花火は、小さくて迫力に欠けるものでしたが、富士山と花火と夜景と逆さ富士の絶景と、これ以上ない贅沢な時間を過ごせました。
19011903.jpg 
花火のメイン会場は大池公園で、河口湖大橋の向こう側になります。

19011904.jpg 
嘘みたいに鏡のような湖面で、花火も富士山も綺麗に映っています。

19011905.jpg 
メインの大池公園(左)と、サブ会場の八木崎公園(右)の饗宴
19011906.jpg 
メインの大池公園(右)と、サブ会場の畳岩(左)の饗宴。畳岩は最初に行った船津駐車場の目の前にあります。
19011907.jpg 
風がまったくないため、花火の煙もその場にとどまり、段々と幻想的な雰囲気になりました。

20分間の冬花火、待つ間は寒くて何度もトイレに行きましたが、この間だけは寒さも忘れて見入りました。やはり富士山は最高ですね。

河口湖冬花火は、2月17日までの土、日曜日と、2月23日の富士山の日に開催されます。
詳しくは公式ページでご確認ください。2019年河口湖冬花火

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。