乙女口から金時山ハイキング

ハイキング
12 /27 2009
 今回は、箱根の乙女口から乙女峠を経由して、金時山に向かうコースでハイキングしました。乙女峠は初挑戦です。
 出発地点の乙女口の道標。ここから乙女峠までは40分のコース。
 途中の登山道は、霜柱がとけた後のぐちゃぐちゃ状態で、足元に注意しながらゆっくり進みます。こんなコンディションのなか、トレイルランが開催されていて、何人もの走者とすれ違いました。靴底がどんどん厚くなり走りづらそうな様子でしたが、途中コースを間違えた人とも遭遇。乙女峠は、御殿場方面、丸岳・長尾峠方面、箱根仙石原方面の3方向に分岐する地点で、分岐先を間違えてしまったようです。他にも分岐地点で迷っている走者を見かけたので、しばらく勝手に案内役をやっていました。
 乙女峠には、乙女茶屋があります。「飲んでみようか 谷やんのホットコーヒー400円」という看板が入口にありましたが、今回は先を急ぐので次の機会にでも。
 乙女峠の展望台から見る富士山。御殿場市の観光12選にも選ばれています。
 ここから10分ほどで長尾山へ到着。ここは道標だけで、展望も何もありません。さらに、ここから金時山までは35分。乙女峠から金時山までは、長尾山山頂を含めて山のピークが2つあり、木の根がはみ出した登山道を登ったり降りたりしながら進みます。途中、防災ヘリコプターが登山者への注意を促す「ハイキングコースから絶対にはずれないようにしてください」というアナウンスがありました。冬になり、滑落事故の件数が増えているようです。
 金時山にやってきたのは、来月男の子を出産予定の妹へ、「無事生まれますように」と金時山山頂にある祠に奉納し願をかけてきました。お賽銭のところにあるのが、金時茶屋で販売されている金太郎の腹掛けです。
 山頂はあいにく曇でしたが、雲間から差し込む幻想的な光を撮影することに成功しました。

 これで、2009年ハイキング納めです。2010年もたくさんハイキングができますように~。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。