ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新型インフルエンザワクチンの接種

 いよいよ摂取対象者以外の一般の人たちにも、新型インフルエンザワクチンの摂取できるようになりました。そこで行きつけの病院に予約を入れ、摂取を受けてまいりました。

 簡単な問診の後、しばらくしてワクチン接種に関する注意をお聞きし、「少し痛いですよ」との掛け声と共にチクッ、「はい、いいですよ」と、あっという間です。2秒もかからなかったような?痛みもまったくありません。

 予防接種は、季節性のインフルエンザの予防接種も大人になって一度も受けたことがないので、小学校で受けた集団予防接種以来です。場合によっては、軽い風邪のような症状が出るそうです。午前中に病院で摂取を済ませ、ランチを食べる少し前に頭痛と吐き気の症状が出ましたが、少し休めばもう元通りでした。

 今回摂取していただいたワクチンは、阪大微生物病研究会製で、料金は3600円。国産のワクチンがなくなれば、外国産のワクチンになるとか。出来れば日本人の体質にあった国産の方がいいかなと思っていたので、国産でよかったです。もちろんワクチンを接種したからといって、新型インフルエンザにかからないということではないそうですけどね。まずは、手洗い、うがいをしっかりおこなうことが一番ですね。
関連記事
[ 2010/02/01 11:04 ] 日々のこと 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。