ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復旧のニュース

 2009年11月湖水地方北西部を襲った大洪水は、日本のネットニュースでも取り上げられましたが、その後の様子が気になりつつもあっという間に4カ月が経過しました。

今日のひとこと 「湖水地方に集中豪雨」(2009/11/25付)
http://rapeter.exblog.jp/12386188/

 昨年11月洪水に襲われたワーキングトンでは、ダーウェント川にかかるノースサイド橋が押し流され、湖水地方の西部の町を川を境にまっぷたつに分けてしまいましたが、その橋が5月までに開通する見通しがたったという明るいニュースを見つけました。

 BBCニュース
 「New traffic rules for flood-hit Workington's bridge(洪水に襲われたワーキングトンにある橋に関する新しい交通ルール)」(2010/3/23付)
 http://bit.ly/ab91Vs

 湖水地方北西部の町コッカーマスは、町の中をふたつの川(ダーウェント川とコッカー川)が流れているのですが、昨年11月の洪水の被害でふたつの川が氾濫し、土手が決壊して町の中心部が壊滅的な被害にあいました。

 このほど町の中心であるメインストリートが4カ月ぶりに復旧し、これでようやく町の復興が進むであろうという報告です。

 BBCニュース
 「Cockermouth town centre re-opens after the floods(コッカーマスの中心部が洪水後ようやく復旧」
 http://bit.ly/bFRJYs

 コッカーマスの中心部に英国ロマン派詩人ウィリアム・ワーズワースの生家があります。現在はナショナル・トラストにより保存され、一般公開されています。今年も無事3月13日にオープンし、10月末まで営業しているそうです。

 The National Trust 「Wordsworth House」
 http://www.wordsworthhouse.org.uk/
 
 Cockermouth.org.uk http://www.cockermouth.org.uk/downloads.phpより

 こちらの写真は、ダーウェント川の土手に咲くスイセン。ワーズワースの代表作「The daffodils(スイセン)」にちなみ、1970年ワーズワース生誕200年を記念して町の人々が2万7千のスイセンを町のいたるところに植えたそうです。また再びこの景色が見られることを祈って。 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。