ヨモギ

うさぎ
03 /28 2010
 ヨモギの若芽

 ヨモギ餅に使われるのは、ヨモギの若芽を摘み取ってゆでたものだそうですね。若芽はほっておくとやがて太い茎となり固くなってしまいます。若芽は、高原のさわやかな香りで、天ぷらにして食べてもおいしそうです。

 若芽を摘み取り、水で洗い流し、水分を拭き取った後、ザルに入れて陰干しするのですが、匂いですぐに分かるのか、アイコちゃんが干したばかりのヨモギをあっという間に食べつくしちゃいます。
 こちらは、薹が立ったチンゲン菜。茎が太くて、葉の色も濃く苦味がありそうですが、アイコちゃんにとってはごちそうです。黄色い花びらまですべて綺麗にいただきます。スーパーで販売されているチンゲン菜の茎は食べ残すのにね。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。