フォロワー

SNS
03 /30 2010
 インターネットのミニブログ(140文字以内)として登場したツイッター(twitter)。
 黄色の線で囲った部分を拡大。ここに名前と自己紹介文が掲載され、その下に「フォローしている(自分がフォローした数)」、その横に「フォローされている(自分のツイッターをフォローしてくださった数)」が示されています。

 フォロワーが100を超えるとツイッターは面白くなる

 ツイッターが面白くなる要因として、このようによく言われるのですが、逆にフォロワーの数が100を超えたあたりからツイッターの画面に現れる数秒ごとに増えていくコメント(タイムライン、TLと表現)を読むので精一杯となり、さらにここに割り込んでまで何か伝えるべきことはあるだろうか?と不安になり発言できなくなりました。

 そんな不安な気持ちと、「ブログ更新しましたというのは書き手の都合。みんなが読みたいと思う文章でリンクすればクリックされる」という発言が重なって、ツイッターにブログ更新しましたという内容はふさわしくないのだろうか?と悩んだりもして。

 気分転換に、ツイッターの写真版「pick」というページに、富士山や庭の植物、アイコちゃんの写真をアップしてみると、こちらは日常のひとコマを切り取っただけの写真なのに、大勢の方が私の写真をピックしてくださり、コメントを寄せてもらったり、ツイッターで落ち込んだ気持ちが励まされました。

 pick「ラピータの部屋」
 http://naver.jp/rapeter

 SE7EN DESIGNさんのブログ「フォロワー100人超えたあたりでTwitter疲れしないための3つのコツ」
 http://www.respect-design.net/blog/?p=359
 
 この記事を読んだ際、なんだかホッとしました。私ひとりだけじゃないんだと。画面に表示されている全部の発言を読むことに必死になるから疲れてしまうというのも妙に納得しました。英国の情報、英国のピーターラビットのイベント情報、うさぎの可愛い写真、それにEarth Hourのことも、すべてツイッターに教えていただいたことばかりです。私もここに書かれている3つのコツをうまくつかいこなして、ツイッター疲れを解消してまた発言したいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは♪
私も、SE7EN DESIGNさんのブログ「フォロワー100人超えたあたりでTwitter疲れしないための3つのコツ」参考にして、ツイッター疲れ乗り越えましたよ。
100人超えないと楽しくないとか、主観も感覚も人それぞれです。
自由なつぶやきなんだから楽しみたいですよね。(^_^)(・x・)

No title

こんばんは。
この記事をエントリーした頃、ツイッターに何も発言できなくなり、
打開するために思い切って書いたものです。
その結果、フォロワーのみなさんとできるだけコミュニケーションとろうと思いました。
スルーもされますが、それもよし!
おしゃべりできるのが楽しいからネットを続けているのだし、
自由な自分らしいスタイルが一番良いと思います。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。