タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アイコちゃんの歯チェック

2010.04.01(16:51) 1436

 ペレットが大好きなアイコちゃん。ペレット用の器に1回分10粒入れ、食事スペース(座布団の上)に運ぶのですが、アイコちゃんは早く食べたくてそれはもう大騒ぎ。私の足の間を行ったり来たり、早く下に置けとせつきます。私が食事スペースに置くタイミングを見計るように器に飛びかかり、またすぐに食べれるよう前歯を剥き出しで襲いかかるので、器の端がアイコちゃんの前歯によく当たります。

 こんな時、犬のように「待て」ができればいいのにと思いますが、うさぎさんに「待て」は通用しません。

 とうとう、陶器の器の端が欠けるほどの衝撃があり、もちろん心配したのは歯の方です。この衝撃で前歯が欠けたりしなかっただろうかと。

 そこで、ひーこさんのブログ「兎持ち」でエントリーされた記事「うさぎのおならと柿の歯チェック(動画)」(2010/3/11付)を思い出しました。

 柿ちゃんの顎の下に鏡をセットして前歯の状態を確認するというものです。これはナイスアイデアと思い、早速アイコちゃんも。
 顎の下に鏡をセット。
 左手で上唇を開き、前歯が見える状態に保ちつつ、右手でカメラのピントを合わせてシャッターを切る。上唇を開いた状態で制止してくれるのはわずか1秒から2秒で、その間にシャッターを切らねばなりません。

 さらに、鏡で前足がツルツルと滑るため、何度も挑戦してるとすっかり嫌われてしまいました。
 やつあたりムービー(8メガ、25秒、WMV形式) ←クリック
 ( iPhoneのムービー機能で撮影し、拡張子をMOVからAVIに書き換え、ウィンドウズメディアプレイヤーにて編集)

 「まったく、ママったらなんてことさせるのよ、このぉ~このぉ~」Fromアイコ

 アイコちゃんの前歯は、器をかけさせるほどの威力がありながらも、歯の方はまったく異常がありません。ただ少し気になったのは前歯の前面、固いエナメル質に覆われている部分の色素沈着が見られること。

 うさぎの歯は、常生歯(じょうせいし)につき、常に伸び続け、咬合が正常に行われることで摩耗します。そのため老化で色素沈着が見られるということは考えられないのですけれどもね。どこまでが許容範囲なのか、その辺りをカラーで分かりやすいように解説いただければありがたいですね。

 うさぎの歯に詳しい獣医師のみなさま、どうぞよろしくお願いします。
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


<<強風 | ホームへ | アイコちゃんの顔洗いムービー>>
コメント
ラピータさん、こんばんは。
リンク&ご紹介いただきありがとうございます。
メールも嬉しかったです^^
アイコちゃん、鏡にやつあたりしてましたね~(笑)
発散してスッキリしたかな。
最後に寄ってくるところが可愛い。
「ママ、わたしの気持ちちゃんとわかってくれた?」って
言っているみたい。
アイコちゃん、きちんと気持を伝えてくれる良い子ですね~♪

写真からは色素沈着ってわからないんですけど
実際見るとハッキリわかるものですか?
私はチェックが甘いなぁ・・^^;
【2010/04/02 23:04】 | ひーこ #79D/WHSg | [edit]
ラピータです。ひーこさん、コメントありがとうございます。とってもうれしいです。
柿ちゃんの歯チェック、これは素晴らしいアイデアと思い試させていただきました。
しかし、アイコちゃんは足が悪いから、滑るものが苦手なんです。
「もうやっちゃだめですよ」って説教されちゃた(^^;
でも歯の状態は気になりますものね。
今度はもう少し小さい鏡で挑戦しようかしら?!

うさぎの歯の表面の色は、白に近いクリーム色なのですが、
アイコちゃんは少し黄色がかっているというか、撮影した時のライトの加減もあるのでなんとも言えないのですけれどもね。
近いうちに先代うさぎのぐぅの抜歯した歯の写真をアップしますね。
【2010/04/03 21:29】 | rabbitpeter #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rapeter.blog.fc2.com/tb.php/1436-3b96c130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。