ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

千条ノ滝~浅間山~鷹巣山ハイキング

 ExciteJapan 2010.03.28のネット配信ニュースより
 「春だからこそ、おすすめの山登りコースとは?」と題した記事内で、「箱根の鷹巣山~浅間山のコースは、ヤマザクラとオオシマザクラの尾根で、大変美しいです。」と紹介されていました。
 http://www.excite.co.jp/News/bit/E1269492579999.html

 そこで、ヤマザクラが咲く時期には少し遅かったものの箱根、小涌谷(こわきだに)駅より千条(ちすじ)ノ滝~浅間山(せんげんやま)~鷹巣(たかのす)山ハイキングコースに行ってきました。
 小涌谷駅を下車し、ひとつしかない改札を出てすぐハイキングコースの案内指標。小涌谷駅から千条ノ滝まで約20分、浅間山まで約50分。
 しばらく車道を歩き、千条ノ滝まで5分という指標が出た辺りからハイキング道へ。千条ノ滝は、「蛇骨川上流に位置し、苔むした岩肌をつたって流れおちるさまは、いく条もの糸のように見え、いつのころからか『千条ノ滝』と呼ばれるようになりました」と説明があるように、山肌からいくつもの筋のように清らかに流れ落ちる水しぶきがとても爽やかで心地よい場所。
 水しぶきがによって揺らめく水面は、いつまでも見飽きることはありません。
 浅間山へのハイキングコースは、不揃いの石が敷かれた山道で、お薦めガイドさんによるヤマザクラが見事なという言葉どおり、もう少し早ければ見られたかもしれない花びらが敷き詰められていました。登り口のサクラは既に散ってしまったようです。
 浅間山(標高802m)の山頂は、ぽっかりと開けたのんびりくつろげる台地になっていて、その場所を取り囲むようにヤマザクラ咲いているそうな。しかし、咲いていたのはこのヤマザクラ1本のみ。
 鷹巣山頂上の最後の登りは、かなり急勾配な石畳の道。そこを登りきると山頂(標高834m)へ。
 山頂のサクラは、まだ蕾状態で、ヤマザクラより見頃の時期が少し遅れるフジザクラかもしれません。サクラが見事な時期にハイキングできたら最高ですが、なかなか難しいですね。

 浅間山から鷹巣山へと続く緩やかな登りの山道は、両脇に延々とアジサイが植えられ、花が咲く頃に再び訪れたいと思います。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。