ラピータのライフログ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

ハワイ旅行準備編 TSAロック付きベルト

 主人のリフレッシュ休暇に合わせてハワイ旅行を計画し、まだ海外に一度も行ったことのない私の両親も一緒に行くことになりました。というのも、両親は来年めでたく金婚式を迎えるということでそのお祝いも兼ねての旅行です。

 出発の1週間前にフライトが決定し、フライト会社により設定されている国際線の手荷物の制限について調べると、昔はスーツケースの重量制限はそれほど意識する必要はなかったのですが、現在はサイズや重量はかなりシビアで、重量や寸法が少しでもオーバーすると厳しいオーバーチャージが加算されます。

 ハワイ島コナ空港までのフライトは、JALウェイズを利用するのですが、重量は機内持ち込み分も含めて、23キロまで/1人、サイズは 3辺の和が158cm、機内持ち込みは3辺の和が115cmを超えてはいけないという規定が。

 ひとつのスーツケースに二人分の着替えなどは十分詰め込むことはできるのですが、スーツケース本体の重量に二人分の荷物で重量が17キロとなり、おみやげを購入することを考えると重量制限に引っかかる。

 もうひとつ気になる点。アメリカのテロ対策で、スーツケースはすべて中身がチェックされるため、万能キーですべてのロックを解除できるTSAロックという規格があり、最新のスーツケースはTSAロックに対応しているものの、我が家の20年以上前のスーツケースはそのような機能はなく、ロックを壊され、蓋が閉まらなくなるかもしれないとのこと。
 TSAロック付きベルト

 そこで、スーツケースの鍵はかけずに、スーツケース用のベルトが鍵となるもの。ダイヤル錠でロックされ、荷物チェック時はTSAロック解除の特殊なツールで開くことができるらしい。

 海外旅行も年々色々とややこしくなってきてるけれど、こうした便利グッズもあるから助かりますね。
関連記事
No title
ハワイー行ってらっしゃいませ!!TASロック私も店員さんに脅かされて購入しました。。これって防犯上、はたして安全なのか?
[ 2010/06/07 00:28 ] [ 編集 ]
No title
>sgさん
うーん、確かに!
防犯上、TASを解除する特殊なツールがどこかで入手できるなんてことになれば怖いかも><
でもテロ対策が優先ですから仕方ないですね(^^)
しばらく留守にしますが、戻りましたらブログに報告しますので、
また見にいらしてくださいね(^^)/
[ 2010/06/07 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する