アイコとしばしのお別れ

うさぎ
06 /07 2010
 出発日を明日に控え、アイコを友人宅に預けに行ってきました。同じくうさぎと暮らしているうさ友さんのところです。アイコ専用の部屋を用意してくれた上に、足の悪いアイコのためにカーペットも。本当にいたれりつくせりです。

 初めての車の移動は、緊張していたものの心臓がドキドキするほどでなく、最初は足を踏ん張って体が動かないように力をこめていたのが、だんだんとリラックスし、いつものように足を折りたたんでまんまるポーズができるほどに。
 我が家とまったく同じようにケージをセッティングし、トイレも朝のしっこの匂いの染みついたまま持参し、もちろん相棒のピーちゃん人形も。

 アイコは、私のお家なんだけど、なんか違うということは分かるらしく、ケージに入る時もおそる、おそると。不安そうな表情を浮かべるアイコを見るのは、心がとても痛みますが一週間も留守にするのでいたしかたありません。
 アイコが夜の食事の時間になり、野菜を食べる様子を撮影してもらった写真を見ると、昼間とはまったく違う落ち着いた表情になってる。よかった~。旅行から戻ったらすぐに迎えに行くからね。待っててね。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。