タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハワイ2日目 キラウエア火山と溶岩探検ツアー その1

2010.06.08(17:45) 1478

 ハワイ2日目は、終日「キラウエア火山と溶岩探検ツアー」。8時45分に集合、ツアーバスに乗りこむ。

 このツアーに参加する条件として、歩きやすいように運動靴と長ズボンを着用のこと、できれば上着もあった方がいいという注意がありましたが、確かに運動靴は必要でしたが、上着は必要ないし、注意深く溶岩の上を歩けば長ズボンでなくて大丈夫のような気がしました。

 しかし、この上着に関しては、ツアーバスの冷房が効きすぎるため、冷気に弱い方は必要かも。幸い私の席はエアコンの吹き出し口の蓋を閉じることができたのですが、席によっては蓋が壊れてなくなっている席もあるので要注意です。ドライバーにエアコンを弱くしてってお願いできるのですが、ドライバーはみなハワイ体型のどっしりした方が多いから、なかなか聞き入れてもらえないらしい(^^;
 そんなツアーバスはこれだ!ツアー催行会社、Roberts Hawaii ロバーツハワイのツアーバス。社長がギャンブルが大好きで、ドッグレースに使用されるうさぎの模型が会社のロゴマークになっているのだとか。

 まず最初に向かったのは、Royal Kona Visitor Center
ロイヤル・コナ・ビジター・センター。コナという地名で既にピーンと閃いている方もいらっしゃると思いますが、世界のVIPコーヒーでもあるコナコーヒーは、ここハワイ島のコナエリアで作ったものだけがコナコーヒーと呼べるものだそうです。だからどうしても価格が高くなってしまう。そこで、10%のコナコーヒーを混ぜれば、コーナーコーヒーとラベルに明記しても良いというルールもあるそうな。
 コナコーヒーの木。コーヒーは、10月から12月にかけてさくらんぼのような実がなり、乾燥、焙煎を経て出荷される。6月はちょうど焙煎の時期で、香り高いコーヒーが楽しめる時期と重なるとか。
 こちらが、コーヒーの実。ポストカードより 1枚 49セント
 ビジターセンターでは、コーヒーの試飲ができます。100%コナコーヒーは、1番と2番のみ。その中でも1番の「100% Kona Peaberry(ピーベリー)」というのは、コナコーヒーの中でも最上級ランクピーベリーの豆だけを使ったもの、だそうです。ピーベリーは、100粒のコーヒー豆から3粒の割合でしか収穫できない丸い豆の形のもので、体に優しく、味わい深い香りとなるんだとか。ガイドさんの説明を聞くとピーベリーを買わずにはいられませんものね。という訳で、ショップでお買い上げ。6杯分、6.24ドル。
 次のポイントは、車窓より。ハワイ島の最南端、Ka Lae カラエ。写真のアップ部分、岬の突端にある三菱重工製の風力発電機。
 カイルア コナを出発して約2時間、ハワイ島を3分の1周ぐらいしたところで少しはやめのランチとなりました。場所は、Punaluu プナルウにあるPunaluu Bake Shop パン屋さんです。
 ランチメニュー。サンドイッチ、スープ、パン、ジュース、スナック。
 サンドイッチのこのボリューム、そしてまだ11時前という早い時間ということもあり、ひとつのサンドイッチを二人で半分ずつして食べるのが精一杯。スープについていたパンが柔らかくて、ほのかに甘みもあり、さすがパン屋さんだけあって焼き立て絶品パンで美味でした。という訳で「ハワイ2日目 キラウエア火山と溶岩探検ツアー その1」はここまで。その2に続く。

追記:
・ハワイ島Punaluuプナルウで見かけたYellow Billed Cardinal(キバシコウカンチョウ)。クチバシにはパンのかけらが。http://nav.cx/mO3iVa
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


<< ハワイ2日目 キラウエア火山と溶岩探検ツアー その2 プナルウ黒砂海岸 | ホームへ | ハワイ2日目 朝食>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rapeter.blog.fc2.com/tb.php/1478-99b9cb25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。