ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大活躍したのと、そうでないのと<カメラ編>

 今回のハワイ旅行で活躍したカメラ。
 <Nikon D60 デジタル一眼レフカメラ Wズームキット ワイドコンバーターレンズ>

 ハワイの景色をあますところなく撮影したくて、カメラはほとんど首からぶら下げっぱなしの状態であちらこちらと。このカメラを購入してから、ほぼ1年。カメラの腕はまったく上達してませんが、カメラが良いとそれなりに撮影できるから不思議です。バスに乗っていても車窓をパチパチと。ガイドさんにも、もうすぐ降りて綺麗に撮影できるからと言われても待ち切れずにパチパチ。

 が、そんなカメラに悲劇が。。。

 写真の真ん中の写っている、広角撮影用ワイドコンバーターレンズ(ショップなど全体の雰囲気を撮影するのに少し幅が足りないという時に使用するもの)を、通常のレンズの先にはめて撮影している時、首からかけているはずのカメラベルトをかけ忘れ、

 ガ、ガシャーーーーン!

 カメラをレンズの頭から床に落としてしまったのです。そこでついたのがこの傷(2か所)。レンズにヒビがが入ってしまいました。しかし、カメラ本体のレンズは無事で、主人がこの程度の傷なら撮影するのに問題ないということで、ホッと胸をなでおろしました。

 もし、広角用のワイドコンバーターレンズをつけていなかったらと思うとゾッとしますが、ハワイ滞在5日目の出来事、少し気が緩んでいたのかもしれません。
 活躍しなかったカメラ。<OLYMPUS μ Water(ミュー ウォーター) 550WP>水深3mまで撮影が可能で、有効画素数約1000万画素。

 ハワイに旅立つ当日、最終日は海で遊ぶつもりだったので、防水カメラがなければ最終日1枚も撮影できないという事実に気づき、慌ててカメラ屋とディスカウント店を梯子して手に入れたカメラ、13800円。

 結局、海で撮影する機会はなく、本領発揮できなかったカメラ。慌てて購入するからやん~(チャン、チャン) 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。