アオバハゴロモ

ガーデニング
07 /22 2010
 虫嫌いの方ごめんなさい。
 アオバハゴロモ

 真っ白な羽毛に包まれているかのような外見で、退治しようとするとバッタのように飛び跳ねる。体長が5~7mmほどで、幹から汁を吸うのですが。。。
 クズのツルの先端の葉がどんどん枯れてしぼんでしまうのでおかしいと思ったら、枯れたツルをたどっていくと、白い樹液のようなものに包まれたかのようなアオバハゴロモがいるのです。

 クズは虫が付きやすい植物ですが、ツルの先端を枯らしてしまうほどの害虫はこれが始めてです。まったく困った、困った。オルトランで駆除できるそうですが、クズの葉はアイコの大好物。野菜なんかよりクズの方が好きというぐらい。
 フェンスに縦横無尽に張り巡らされたツルを目視でチェックし、手でひねりつぶすほかありません。ダメになったツルは全部取り除き、綺麗な葉は乾燥して保存食に。クズの葉は乾燥させて、食品乾燥剤と共に保存しておくと日持ちがいいので助かります。

 今年だけに限ったことではないですが、植物に関して不安なニュースも。珍しい種類なのかと思ったら病気だったなんて。

 アジサイに病原細菌「ファイトプラズマ」。感染すると緑に変化するだとか。
産経新聞(2010/7/14付)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000518-san-soci
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

あっちちですね。アイコちゃんはお元気ですか?
こむぎはけが抜けてぼろぼろです。;;
だにのお薬を処方してもらいました。
クズの葉お見事っ。こうして乾燥させておけば食欲のない時など
助かりますね。
お店ができるくらいあるわ。笑
遅くなりましたがアイコちゃんのお迎え記念日おめでとう。
アイコちゃんは、なんてラッキーなうさぎさんなんでしょう。^^
いいおうちにお迎えしてもらって幸せね。

No title

>こむぎママさん
毎日暑いですねぇ~。アイコは元気ですよ。だれ~としてますが。
こむぎちゃん(><)、早く良くなりますように。
先代のベンちゃんが真菌性皮膚炎でフケだらけになった時は、
完治するのに1カ月ちょっとかかりました。

真菌性の場合は特にですがブラッシングするブラシやケージなどを
熱湯消毒や天日干しを毎日おこなってあげると完治が早くなると共に
抵抗力が弱まっている体への二次感染への危険性も減らす効果もありますよ。
毎日は大変ですが、がんばってくださいね。
クズの葉、今年は本当に収穫が少なくて、暑くなると害虫も増えてしまうのでしょうね。
アイコにお祝いコメントありがとうございます。
これからもアイコのこと見守っていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。