タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

おやま町散策MAP 里山コース 不動の滝

2010.07.31(19:46) 1504

 JR御殿場線小山町駅前にある観光協会で配布されている「おやま町散策MAP コース別 富士箱根トレイルにチャレンジ!」には、小山町駅を中心とした富士箱根トレイルの散策コースのガイドマップが掲載されています。

 今回はそのマップに紹介されている、「里山コース: 森林浴に良いコースです。天保元年建立の念仏堂を中心に、いにしえの村人たちの進行の地を訪ねます」をハイキングしました。

 里山コースの出発点となるのは、上野 唯念寺の境内脇にある車止めより。林道をひたすら歩くコースで、出発からほどなくして「上野のトチノキ」という案内板があり、コースをはずれて左の脇道を少し進むと、樹齢200年から300年とされる樹木があらわれました。
 静岡県指定天然記念物「上野のトチノキ」 根回り 870m 目通り 720m、樹高 40m、枝張 東西37m、南北45m、樹齢 2~300年
 トチノキの幹から14種類の宿り木(うちわごけ、ビロードしだ、やまぶき、きはぎなど)が。このように数の多い宿り木が巨木に宿すのは珍しいとか。

 再び林道のコースに戻り、沢沿いの緩やかな山道をひたすら進むこと40分。

 奥の沢開山堂の裏手に不動の滝(須川支流、落差約8m)がありました。


不動の滝より水が流れ落ちる様を動画にしました。
 奥の沢開山堂は、出発地点の唯念寺のお坊さんが修業した場所で、地震により埋もれた石仏群100体以上を掘り起こし沢沿いのハイキングコースを見守るかのように並べられていました。
 ハイキングの途中で見かけた岩清水を吸いに来たミヤマカラスアゲハ。小山町は、富士山の湧水が豊富で、きれいな水があちこちから染み出ているから、こんな素敵な発見もあるのですね。
 滝の流れ落ちる音が響く中、静まり返ったお堂と石仏群。しかし地元とこの地を守る人たちの熱い思いが受け継がれているからこそ、お堂の周囲やコースのあちこちに鎮座する石仏たち。いにしえの村人たちの信仰の地という意味が、最終地点に到着してようやく理解できました。この里山コースは、コース時間も短いですし、スニーカーでも気軽に行ける緩やかなコースです。
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


<<うさこちゃん12歳 | ホームへ | 郡山市立美術館で開催中の「ビアトリクス・ポター展」 その2>>
コメント
お暑うございます。
この猛暑のなか涼しげな滝の音をご紹介、ありがとうございました。
一瞬ですが森の中にいる気がしました。笑
下の記事、すてきですね。
レポ楽しく拝見させていただきました。
ポターの映画を思い出しました。
【2010/08/10 11:49】 | こむぎママ #79D/WHSg | [edit]
>こむぎママさん
滝の音で少しは涼んでいただきうれしいです!
お堂の裏にあのような滝があるとは、滝に打たれる修行の場でもあるようです。

ポター展のレポートご覧いただきありがとうございます。
原画を日本で見られるチャンスはめったにないので、
レポートにも力が入ってしまいました。
ポターの映画のおかげで、多くの人にポターのことを知ってもらえてよかったです。
【2010/08/10 17:58】 | rabbitpeter #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rapeter.blog.fc2.com/tb.php/1504-3992bb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。