ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士登山2010リベンジ その1 富士吉田口~御来光まで

 富士登山2010年リベンジしてきました。前回の富士登山は、悪天候だったため9合目で断念し下山したため、天気が良ければ行こうかという軽い感じで行ってきました。

 今回は山梨県側富士吉田口登山道五合目(標高2310m)から吉田ルートで登山しました。富士登山される方の人気の登山ルートというだけあって、駐車場に通じる富士スバルラインは、夜9時の時点で「駐車待ち渋滞2キロ」の表示が。。。
 [#IMAGE|S17#] 「なんですとーーー」

 8月最終週末なので、登山客はピーク時の半分ぐらいかなと思いましたが甘かった。結局5合目駐車場の1500m手前のスペースに車を停め、そこから富士登山開始です。
 夜空に浮かぶ月が大変美しく、優しく登山道を照らしてくれますが、いざ登山する段階になるとヘッドライトによって地面に写し出される丸いオボンのような月だけを眺めながら一歩、一歩足を前に進めていきます。登山道には同じようにヘッドライトや懐中電灯の明かりがあふれ、それらが一列となり上へ上へと続いている様子がはっきりと見え、山頂まで雲ひとつかかっていない、これ以上ない素晴らしい条件ということだけを励みに頑張ります。
 吉田口ルート 山頂まで目安6時間30分と、富士宮口からの5時間と比較するとやや長丁場となります。

 7合目まではジグザグの歩きやすい登山道でしたが、登山道が渋滞し始めたと思った途端、岩だらけのでこぼこ登山道となり、前を行く登山客のペースが落ちると渋滞が発生する交通渋滞が起きる同じ原理で渋滞が発生しました。

 途中、ほぼ10分起きぐらいに山小屋があるため、登っている際の目安となり、トイレや休息場所の心配もしなくて済みます。また、7合目と8合目には救護所がありますが、8月の最終週だったので8合目しか開いていませんでした。
 各山小屋が意匠を凝らしたユニークな看板。八合目(標高3100m)と本八合目(標高3400m)の間にある白雪荘より、昼間なら見られる景色、北アルプスが一望のようです。
 吉田口五合目を午後10時半より登り始め、午前4時半に本八合目(標高3400m)富士山ホテル前に到着。御来光は午前5時5分頃のため、富士山ホテル前より御来光を望むことに。既に空は明るさを増し、いつの間にやら雲のはるか上に自分が立っていることに気がつく。
 どの辺りから太陽が上がってくるのかなと思っていたら、一か所だけオレンジから赤橙色へと空が変化し、
 御来光!
 
 御来光に照らし出された山中湖と山並み。神々しいまでの光が無数に挿しこみ、眠気と寒気を一気に吹き飛ばしてくれます。
 
 毎日富士山の様子と、御来光のUST&写真を発信してくれている本八合五勺(標高3450m)にある御来光館から出来ることなら私も御来光を望みたかったけれども、本八合目までしかたどりつかなかった。さて、ここから山頂まで80分の行程となっていますが。。。果たして無事に山頂に行けるのでしょうか?!その2につづく。

 御来光館 http://www.goraikoukan.jp/
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。