ラディッシュの品種「ロング・スカーレット」

物語に登場するもの
09 /06 2010
 ラディッシュの品種「ロング・スカーレット」がようやく満足のいく大きさに育ちました。

 ピーターラビットに登場するラディッシュの品種は長い間分からないままでしたが、「ポターが描いた挿絵から、ラディッシュの品種はロング・スカーレットというのをつきとめた」と紹介されました。(BISES No.64 早春号2010年2月 ガーデニング雑誌ビズのピーターラビット特集号より)

 そうして何度目かの挑戦で大きさは満足のいくものができあがったのですが。。。
 肝心のラディッシュの色が挿絵に描かれたような鮮やかな紅色にならないのです。ラディシュ独特の赤紫色になってしまいます。土がいけないのかなぁ~。

 【楽天市場】太田のタネ 赤長二十日大根ロングスカーレット
 http://item.rakuten.co.jp/otaseed/seiy112/ 

 種袋に描かれているロング・スカーレットの色は、見事な紅色なのですが見本通りにはいきません。また、葉の形状も挿し絵とは違って茎の部分が長くてヒョロヒョロな葉になってしまいます。

 ところで!我が家のアイコは、ロング・スカーレット大好きなのですが、好きなのは葉だけで、実はまったく食べてくれない。少し辛み成分があるからでしょうか?薄切りにしてごまドレッシングで和えると、とってもおいしくいただけます。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。