人間ドッグ

日常
10 /19 2010
 今年もまた熱海の病院、国際医療福祉大学熱海病院で人間ドッグを受けてきました。

 国際医療福祉大学 熱海病院 人間ドッグ
 http://atami.iuhw.ac.jp/shindan/index.html

 情報番組でホテルのようなロビー、部屋着を選ぶかのように検査着が選べ、1泊を要する検査だと病室のベッドではなくホテルの1室のような部屋が用意されているという、群馬の検査専門病院が紹介されていました。この熱海の病院も、ホテルとまではいきませんが、相模湾の美しい海が目の前に広がり、初島の姿を眺めることのできる絶景ポイントに建ち、検査と検査の移動の際には一人ずつコンシェルジュのような案内係がつき、検査がすべて終了すると昼食がサービスでついてくる。温泉にも無料で利用できるおまけも。

 旅行気分で人間ドッグが受けれますから、ぜひとも病気になる前に一度検査をということですね。旅行気分は大いに結構ですが、人間ドッグの基本検査の中に含まれる胃透視検査、すなわちバリウム検査がいただけません。バリウムを飲むと必ず調子を崩し、取り戻すのに24時間かかってしまう。バリウムはやめて胃カメラにしてもらえないだろうか?

 さて、毎年恐怖の身長測定ですが、やっと身長の伸びが止まったようで、昨年より0.5cm縮みました。よかった、よかった。でもひととりの検査結果がでて、内科診断を受診した際、どこも異常なしとの結果を受けましたが1点だけ、「女性のメタボ基準が来年変わるから、現在のウェストを必ず維持するように」ときついひと言が。。。

 メタボリック・シンドロームの審査基準、男性に厳しく、女性に甘いとされていた基準が来年女性も厳しくなるそうな。昨年のブログ「人間ドッグ」の記事を読み返すと「腰回しダイエットをする」と書いているではありませんか!?これは3日と続かず、そして今年もまたウェストがピンチな状況になってしまったという訳です。トホホ

 今度こそは~~~・・・・・?

 情報番組で紹介された検査病院 高崎健康管理センター
 http://www.bishinkai.or.jp/health_care/
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。