タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「犬猫以外の小動物販売時 説明義務の緩和」に反対する署名活動

2010.10.28(10:15) 1541

 タイトルの通り、「犬猫以外の小動物販売時 説明義務の緩和」に向けて、環境省の委員会において来月議論されるとのこと。この事項について、『緩和なんてとんでもない、説明義務強化を望む』というのが、これから紹介する署名活動などの運動を含む関連事項をまとめた以下のサイトです。

「販売時説明義務の緩和」(犬猫以外の小動物での説明義務事項の緩和の検討)に反対します
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~simarisuko/no_relaxation_of_regulation.html

 詳細は、こちらのサイトに掲載されていますのでご覧ください。

 犬猫以外の小動物、うさぎ、リス、ハムスター、モルモット、最近ではハリネズミと暮らしていらっしゃる方も増えたとか?私も10数年前、初めてうさぎを飼い始めた時、何も分からず苦労したものです。うさぎ飼育書を読み、生活環境と餌については分かったものの、いざ一緒に暮らし始めると何も食べてくれない。ペレットが入った容器にはおしっこされる始末。

 どこで出会うかは分かりませんが、この子と暮らそうと決めたからには、まずその子のことをよく知らなければ一緒に暮らすのが不安になると思うのです。そんな時にその不安を少しでも解消しえくれるのが、最初の説明義務ではないでしょうか?説明義務が緩和されることによって、命あるペットたちが簡単に遺棄されている現状がより一層加速するのではないかと、そういう気持ちを抱かずにいられないのです。

 うさぎだけに限ったことじゃありませんが、犬猫よりは飼育が簡単という言葉に騙されてはいけません。実は犬猫以上にデリケートでちょっとした変化に対応できないのが、犬猫以外の小動物、いわゆるエキゾチックアニマルです。そしてこれらエキゾチックアニマルに詳しい獣医師が極端に少ない事も飼育を難しくしている要因です。

 うさぎで有名な病院は、あそこと、ここと、両手で数えるほどあるでしょうか?全国のほとんどが犬猫専門といっても過言ではなく、診療対象にはなっていても、獣医師の資格を取得するための科目にエキゾチックアニマルは含まれおらず、選択科目にここ数年のうちに登場したのが現状だそうです。

 だからこそ、まず最初に出会うであろうショップでの説明はとても重要なことです。こうした現状を知り尽くしたプロが販売しているのですから。それを緩和するのは絶対に許せないし、説明を省略するショップで購入すべきでないと思います。

 最初に紹介したサイトで受付している署名は、ネット署名という方式なので、署名をする際承認するためのメールアドレスも必要です。他にも紙で署名出来る方法もあれば良いのにと思いますが、ご賛同なさる方は今月か来月初めまでにぜひ署名してください。これらを統括している環境省に少しでも意見が伝わり、改正されることのないように祈ります。

 毎日新聞にも、「動物愛護管理法:改正を考える/下 販売時の説明、必要性は」という記事が掲載されました。(10月26日付)
 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101026ddm013100019000c.html

 。。余談ですが、この新聞記事冒頭に
 
 「野菜ばかり食べさせてます」「ケージにわらを敷いて飼っています」

 この部分で驚いたと記事にありましたが、うさぎを野菜中心に育てたいと思っていらっしゃる方は、水分摂取量には配慮する必要がありますが(仔うさぎの内は下痢が命取りになることもあるので)、ペレットよりも野菜となってしまうのは当然のことです。うさぎの食生活は仔うさぎの時に食べたもので決まってしまうことが多々あり、ペレット中心に育てると野菜嫌いな子になってしまいます。なのでこの内容はちょっと?と思ってしまいました。

 さらに、わらを敷いての部分、仔うさぎはすのこに足を挟ませたり、爪が引っ掛かりと危険です。すのこを敷くならトイレのしつけがきちんとできてから、最初はわら敷きというのは生まれたばかりの環境に似ていてかえって良いのではと思うほどです。ある程度体が大きくなってきてから、徐々にすのこに慣らして変えていくというのなら分かりますが。。。なんだかなぁ~。
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


<<エストロゲン Estrogen | ホームへ | 南伊豆ハイキング タライ(盥)岬遊歩道と堂ヶ島洞窟めぐり>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rapeter.blog.fc2.com/tb.php/1541-fceb50bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。