地域防災訓練に参加

防犯&防災
12 /05 2010
 今後30年以内に東海地震が起こる確率は87%以上。もし東海地震が発生したら震度8クラスの揺れが東海地方を襲うであろうという推測がある中、毎年12月の第一日曜日は地域防災訓練がおこなわれます。

 地域を区で分け、さらに区内が組で分けられ、訓練当日の朝のサイレンと共に組の避難場所に集まり、さらに広域避難場所へと移動。消火器の使い方に始まり、心肺蘇生訓練用人形を用いて人工呼吸と心臓マッサージの訓練、三角巾の使い方などの訓練を受けました。

 心臓マッサージの訓練では、マッサージのおこない方の見直しがなされたとかで、今まで15回に2回息を吹き込む方法だったのが、30回マッサージに2回息を吹き込むに変わったそうです。昔のやり方で訓練された方は、方法が間違っていたための見直しでないため、そのまま変える必要はないとか。

 三角巾には、三角のそれぞれに名前があり、三角巾法というたたみ方があるとか。たたみ三角巾と、腕つり三角巾と、足首捻挫固定用結び方などを教わりましたが、最初のたたみ三角巾でつまずき、結局よく分からずじまい(^^;

 次の防災訓練までに練習しとかなくては。
 三角巾法
 http://www.hirane119.jp/atto/04_teate1.htm
 
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。