5mm幅の紙帯で作るラファエルアート作品「うさぎ」

うさグッズ
12 /15 2010
 ラファエルアート作品「うさぎ」と一緒に撮影

 これは、5mm幅の紙帯を用いて台紙に描かれたイラストをより立体的に表現する作品で、これらをラファエルアートと呼ぶそうです。誰でも簡単に作れるキットとして販売されていて、講習会なども開催されているとか。

 いただいたこのうさぎ作品は、我が家のアイコをイメージして黒うさぎのキットで作成し、プレゼントしてくださいました。首元の真珠のネックレス、背景にはスワロフスキーをあしらい、ゴージャスな仕上がり。さらに、飾り枠にはマスキングテープでコーティングし、クリスマス仕様になってます。

 また、うさぎの体のラインに注目!うさぎ独特の丸味をラインに添ってしつらえた紙帯が見事に表現していますね。それからピンと立たせ耳は、片側の耳だけこちらに向けて、しっかりと状況を伺っているなんてところも、うさぎの習性をよく分かっていらっしゃる。

 このように、黒うさぎグッズがちゃくちゃくと増え始めている我が家です。
 こちらは、以前いただいたラファエルアート作品。もちつくうさぎの躍動感あふれる作品。

 ラファエルアート作品については、オフィシャルサイトでご覧ください。
 http://www.raphael-art-studio.net/
 アイコの後姿。例え背中に目がなくとも、目代わりの耳で気配を察知し、何かしようとしてもさっと逃げられる。首飾りなんぞつけようとしたら、足ダンして怒られそう(^^;
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。