春の七草

うさぎ
01 /07 2011
 春の七草・・・セリ(芹)、ペンペングサ(薺)、ハハコグサ(御形)、タビラコ(仏の座)、ハコベ(繁縷)、カブ(菘)、ダイコン(蘿蔔)

 早春にいち早く芽吹くこれら七草を食べると体の邪気を払ってくれるという験(げん)を担ぐため、お正月でご馳走を食べすぎた胃を休めるため、七草をたっぷりと入れたお粥を食べる日です。

 こちらは庭に生えているハコベ。白い小さな花が咲きます。そんな春の七草ですが、うさぎは七草が大好き。どれもみな食べさせて大丈夫です。


 ハコベを食べているアイコの動画です。そのダイナミックな食べっぷりといったら。。。女の子なんですけどね。ハコベも喜んで食べてくれるアイコですが、ペンペングサの方がもっと好きらしい。でもペンペングサは残念ながら生えていないんですよね。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。