節分 豆まき

日常
02 /03 2011
 節分というと恵方巻をかぶりつくという思い出が強烈です。関西は太巻きで、さらに笑いながら食べなくてはならならず、のどが詰まり苦しいけれど、笑い声以外は発してはいけないので「苦しい」とも言えず、ただひたすらかぶりつく。一年の内、食べ物で一番苦しい思いをするのが節分の日だったような気がします。

 東海地方ではそのような風習がないので、「やれやれ」と思っていたら最近では全国で恵方巻きをかぶりつくとか。一度関西の太巻きにもチャレンジしてくださいね。とても美味しいけれど、お願いだから切って食べようよ(笑)
 「鬼は外、福は内」今年は福うさぎのアイコに福になってもらい、部屋中を福で満たしてもらいました。
 がんばったご褒美は、ナデナデ。ナデナデされるのが、大好物より好きなアイコなのです。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

アイコちゃんが福耳オニさんになったんだね。かわいいね。
おれんじみひも恵方巻き(丸かぶり寿司)食べたよ。おなかいっぱいになったよ。(・x・)

No title

みひひー、勘違いしちゃった。アイコちゃんは福さんになったんだね。ごめんなさいみひ。アイコちゃんの福でみんなニコニコニッコリだね。(・x・)/

No title

>みのりんさん
そうなんです!今年はアイコが福役です!!
福うさぎにぴったりの役でしょう!!
恵方巻き、ニコニコ笑いながら食べて良い事がたくさんやってきますように~。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。