ラピータのライフログ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

こどものとも012 3月号「うさぎ うさぎ こんにちは」

 月刊絵本「こどものとも012」2011年3月号「うさぎ うさぎ こんにちは」 松本典子(さく/写真)福音館書店(刊)

 赤ちゃんへ語りかける絵本として毎月発行される「こどものとも012」の3月号は、写真家 松本典子さんが撮影された写真で構成された絵本「うさぎ うさぎ こんにちは」。絵本の絵の部分が写真となり、そこに言葉が加わる。といっても、赤ちゃん向けなのでシンプルな言葉。

 単純におもしろいって思ったし、絵本は写真でも伝えることは可能なんだと思った。

 絵と言葉が組み合わさったのが絵本。写真だけで構成すると写真集になってしまいがちなのに、これはまさしく絵本。うさぎの魅力が存分につまった絵本でした。モデルのうさぎが可愛すぎて、今年生まれてくるお子様がいらしたらプレゼントに最適かもしれません。

 写真だから、本物の姿を伝えられる。「うさぎさんってこういう生き物なんだ」ってことがひと目でわかる。作者松本さんの言葉にある「うさぎの全身の愛らしさ」がビンビン伝わってきます。

 それにしても「ほふく前進」!うさぎの愛らしさを撮影するには「ほふく前進」が基本ですね。だってうさぎを撮影される写真家の方はみなそう書いていらっしゃいますもの。それから、目線を落とす。うさぎ目線でうさぎを通して背景も切り取らなければいけませんね。

 裏表紙の迫力ある写真!これも物語の一部のように、最後に清々しい気分にさせてくれます。
 「うさぎ うさぎ こんにちは」裏表紙
関連記事
[ 2011/02/04 23:31 ] うさぎ関連 うさグッズ | TB(0) | CM(2)
No title
素敵な絵本ですね。
うさぎのありのままの姿を子供に教えてくれて^^
下の記事見ました。
アイコちゃんお腹痛い痛いだったんですか?
良くなったようで安心しました。
福うさぎさんのお役ご苦労様!
なでなでのご褒美で満足なんて良い子ね^^
[ 2011/02/05 20:33 ] [ 編集 ]
No title
>こむぎママさん
シンプルなんですが、ものすごく訴えてくるものがありましたよ。
写真の迫力がダイレクトに伝わってきました。
そうそう3号ちゃんにぜひ!でも目の前にこむぎ王子くんがいるからうさぎの魅力は伝わっていますね。
アイコのことご心配かけました。
もうすっかり元気で、飛び跳ねてます!
ナデナデが大好きな子で、それで満足な様子なんですよ。
[ 2011/02/05 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する