ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイコのゴロン寝とラビット・ヘアボールリリーフのその後

 いつもこの場所での撮影になってしまうのですが、昼下がりの窓辺、太陽の光を浴びながらゴロン寝するアイコ。その気持ちよさそうなことといったら。動画でどうぞ~。



 2月24日より、毛球症対策としてラビット・ヘアボールリリーフをチューブより1.5cmほど絞り、小さくカットしたイチゴと一緒に食べさせていたのですがその結果をアイコのコロコロで掲載しようと思います。ですが、うさぎのコロコロは見たくないって方もいらっしゃると思うので、続きを見るをクリックした方のみご覧ください。
 2月23日 腸の動きが止まった次の日の朝のコロコロ。ようやく出始めたコロコロのため、形もいびつで大きさもかなり小さいし、量も少ない。
 2月24日から4月5日まで。毎晩イチゴを小さくカットし、ラビット・ヘアボールリリーフをチューブより1.5cmほど絞り、イチゴにからめながら食べさせました。

 最初の2,3日は警戒してイチゴのみ欲しがりましたが、すぐにラビット・ヘアボールリリーフの味に慣れ、イチゴを食べ終えた後の皿に残った部分もを舐めとるぐらい好きになってくれました。
 そして、これが4月5日のコロコロ。粒も大きくなり、すべてのコロコロの形と大きさが均一になり、その量の多い事。うさぎにとって、コロコロの大きさが均一になることが一番大切で、腸の蠕動運動が正しく機能していることの証です。

 ラビット・ヘアボールリリーフは、あくまで毛球症対策の予防として使用するものなので、しばらくこのままコロコロの状態を確認しながら、また必要に応じて準備しようと思います。こんな立派なコロコロを見ることができ、なんだか嬉しくてアップしちゃいました。見てくださってありがとう。
関連記事
[ 2011/04/05 15:52 ] うさぎ関連 うさぎ | TB(0) | CM(2)
No title
うんうん、これは立派なころころです^^
私もみてうれしくなりました。
健康で粒ぞろいのころころを見るのはすてきです。
よかったねアイコちゃん!元気になって!
安らかな寝顔にも癒されました。
[ 2011/04/11 14:28 ] [ 編集 ]
No title
>こむぎママさん
そうなんです!思わずアップしたくなるぐらいの粒ぞろいでしょう!
コロコロまで見てくださってありがとう。
冷え込みが緩んできた途端、元気すぎて手がつけられません。
特に朝が元気なの~。
[ 2011/04/11 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。