第6回御殿場バラまつり

ガーデニング
06 /12 2011
 第6回御殿場バラまつり 板妻バラ園

 6月11日、12日と開催予定だったバラまつりですが、11日は大雨で中止。12日の一日開催となりました。近所でもあちこちバラを見かけますが、バラまつりも回を重ねるごとに人気のイベントとなり、朝一番が良い苗木を目当てに集まります。写真は販売された苗木。バラの苗木は結構良いお値段ですが、このようなイベントではふたつ購入するとかなり安くなりお得なのです。

 我が家のお目当てのバラは、ノックアウトという品種。これは、フランスのメイアンさんが2000年に作出した新品種で、その特徴をひと言で表現するなら「誰でも手軽に世話できるバラ」ということになるでしょう。

 バラというイメージは、デリケートで寒さに弱く、虫がつきやすく、常に注意深く見守る必要があり、素人にはとても手がだせない、そんな風に思っていました。しかし、ノックアウト種は違います。病気に大変強く、虫が好まない葉なので虫がつきにくく、それから一番のすごさは「寒さに強い」です。

 昨年冬、氷点下10度の中でも根元に藁を敷いてやる訳でもなく、特に鉢カバーをしておおってあげるでもなく、それでも5月頃から元気になったかと思うと次々に花を咲かせます。
 既に、ノックアウト、ピンク・ノックアウト、ブラッシング・ノックアウトはあるのですが、サニー・ノックアウトと、レインボー・ノックアウトの2本の苗木も仲間入りしました。
 イベントアンケートに記入し抽選会に参加。9時から開始されたイベントなのに、20分も経たない内にこの行列。
 でも見事に1等賞のバラの苗木と、毎週購入している養鶏場直販さくら玉子 20個入りが当りました。やったー!
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

素晴らしいバラ!
ノックアウトという名前から育てるのが難しくノックアウト?って思いました。
そしてなんと一等当選おめでとうございます。
さくらたまごもいいなっ。
下の記事のアイコちゃん、おもしろいですね。
縄張りが認められたら執着しなくなるなんて。
うさぎの気まぐれには本当、惑わされるわ。参った!笑

No title

>こむぎママさん
すごくインパクトのある名前ですよね。
バラオーナーを悩ませる虫、病気、寒さの3つをノックアウトするという意味みたいですよ。
私みたいなずぼらな性格でもなんとかバラオーナーになれましたもの。
挿し木でどんどん増えるので楽しいですよ。
日頃くじ運まったくないのですが、この日だけはうれしい一等賞をゲットできました。
ありがとうございます。
アイコの長年の主張が通って晴れて縄張りになった途端、
そこはいつでも行けるただの見回り場所になったみたいで、
チェックすればそれでいいみたい。でもトイレ場所にされなくてよかった〜

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。