ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わらじ館のホームページ作成

 主人の同級生より依頼があり、ホームページを作成しました。

 富士山 御殿場口 7合4勺(標高3050m)にある山小屋「わらじ館」のホームページです。

 わらじ館
 http://warazikan.main.jp/

 定年退職を迎えるまで数年を残しながらも、夢の実現に向け退職。自らの憧れだった富士山の山小屋の小屋番になる夢を実現させたのは、主人の同級生で毎年開催される同期会のメンバーのひとり。そんな彼が警官を退職し、小屋番になるという手紙が届いた時は驚きと共に応援してあげたいという気持ちに。

 しかし、好きという気持ちだけでやっていけない現実もそこにはあり、標高3050mにある山小屋まで命をつなぐ物資を届けてくれるのはブルトーザーのみ。このブルトーザーの運賃がべらぼうに高い。標高が上がるにつれ、飲料水の価格があがるのは、ひとえに「富士山価格」と呼ばれる運賃の高さによるもの。

 富士登山がブームとはいえ、人気なのは初心者でも登山しやすいと言われている「富士宮口」と「吉田口」。「御殿場口」は、登山経験が豊富な強者がチャレンジする最長の登山ルート。ところがそこに「プリンスルート」が登場!2008年に皇太子殿下が富士山頂を目指したルートがそう呼ぼれていて、初心者でも御殿場口が楽しめるようになったのだ。

 そんなプリンスルートにチャレンジする女性や、お子様連れのファミリーに宿泊してもらえるよう、その雰囲気を少しでも伝えたいというのが、ホームページを作成する際の強い要望でした。そんな彼の気持ちが少しでも伝わるといいなと思いながら作成したのがわらじ館のホームページです。

 去年富士山に登った時の写真を主人がセレクトし、わらじ館のPhotoギャラリーに登録しました。富士山、遠くから眺めるだけでも美しい山ですが、登山することで得られる達成感と、そのご褒美である景色は一生の思い出として心に刻まれます。ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。