ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士山に取り憑かれたデザイン展「続 富嶽借景」に行ってきました

 山ガールネットのニュースで「【goodbymarket】山ガールの憧れ!“富士山”グッズが発売中!富士山だけをテーマにしたデザイン展も開催中」という記事を見つけ、イベント会場である静岡県駿河平にある「クレマチスの丘」に行ってきました。

 山ガールネット 山ガールニュース→http://www.yamagirl.net/news/details.php?p=4200
 クリエイティブディレクターの池ヶ谷氏が企画・デザインする「富嶽借景」。タイトルからおしゃれですよね。日常のありふれた物の見方を工夫すればなんでも富士山に見えてしまう。「ちょいと失敬、お借りしますよ」というコンセプトが自由でとてもいいと思いました。

 こちらは会場でいただいた非売品のポケットティッシュ。こんなありそうでなかったおしゃれなデザイン。でもものすごくアイデアに満ち溢れてませんか?もしこんなポケットティッシュを配っていたら思わずもらっちゃいますよね。
 こちらは「Mt.envelope」。この封筒を受け取ったが、切り取り線通りに開くと、そこから富士山が姿を現し、「をを~」と喜ぶのもつかの間、なんと逆さ富士までくっきりと。富士山好きにはたまらないお手紙になること間違いなしですね。
 「スターフジ」

 こちらは、サッカーチームの頂点に立ったチームだけが、ユニフォームにつけることを許されるスターエンブレムになぞらえて、頂点といえば富士山頂に立ったものだけが許されるスターフジがあっても良いのではないか。そうおっしゃる池ヶ谷氏の富士山Tシャツにはスターフジが2つ誇らしげについていました。

 スターフジをよくご覧いただくと、スターの上部分が雪をいただく富士山のように白くなり、頂上が平らになっている。これぞまさしくスターフジですね。

 そして非売品のポストカードのアイデアもまた素晴らしかった!「今」と書かれた漢字が富士山のシルエットになっているもの。詳細は、イベント主催されている池ヶ谷氏のサイト「goodbymarket」をご覧ください。

 goodbymarketサイト→http://goodbymarket.com/

 このアイデアのつまったポストカードは、実際に富士山頂に今ここにいるよという本来こめられたメッセージそのままに、7月14日まで開催されていた「富嶽借景」で訪れてくださった方に、イベントが終了した翌15日、ポストカードをリュックに忍ばせ、山頂郵便局に投函されたとか。なんて良い話を聞かせていただいたんだろうと、少し目頭が熱くなりました。

 そして今回は前回とは場所を改め「続 富嶽借景」として開催になったそうです。

 副題にもあるとおり、富士山に取り憑かれてしまった池ヶ谷氏は、会場となっているクレマチスの丘でも富士山のような「何か」を探し出す写真を展示したり、一般でも応募を受付しています。

 今回たまたま企画デザインされたご本人の池ヶ谷氏とお話できたので、事細かに作品について説明を受けることができました。おかげでそのデザインひとつ、ひとつに吹き込まれた奥深さを知ることができ、楽しいひとときを過ごすことができました。

 「続 富嶽借景」は、9月4日まで開催されています。
関連記事
[ 2011/07/31 16:39 ] 日々のこと 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。