ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士宝永山ハイキング

 天気は曇りでしたが、宝永山の火山礫でおおわれたハイキングコースを、スタスタと軽快に登れるようになりたいと思い立ち行ってきました。
 富士宮口新5合目の駐車場に到着した際の天候は、濃霧と吹き降ろしの強い風。気温はというとおそらく10度以下でとにかく寒かった。
 晴れていればこんな景色。山肌にそって道筋がついているのがハイキングコースです。
 しかしこの日は濃霧と冷たい風にさらされながらのハイキング。靴底が滑り歩きづらい火山礫のコースですが、既に何度か登っているので足も慣れてきたのか、以前よりも軽快に登れるようになりました。このようなコースは富士山にしかない独特のハイキングコースなので、もっと練習してスタスタ登れるようになりたいです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。